2017年4月25日(火)晴れ

今日は昼から笠岡で取材だったので、朝から出かけて、あちこちで用事を済ませたり写真を撮ったりして半日過ごした。

まだ早いかな、と思って出かけた菅原神社のカキツバタは案の定まだ咲いてなかった。

ここの御手洗池には2000株のカキツバタが植えてあるらしいが、一番綺麗な時に来るのは毎年結構難しい。

それでも今日よく見ると1つだけ咲いていてそこだけ妙に凛とした空気が漂っていた。

ほとんどの人に知られず咲いた一番さんを私がちゃんと目に焼き付けた。

しかし、実のところ、誰にも見られなくてもほとんどの花は美しく咲き散っていく。

その持って生まれた命を果たすのみだ。

今年もあと一週間もすれば緑の池は紫で埋め尽くされる。


「菅原神社」
笠岡市吉浜1661

2017年4月24日(月)晴れ

今日も市内をうろうろして5人くらいの人間としゃべった。

ここ何十年も家族以外と口をきかない日というのがほとんどないくらい人と言葉を交わしている。

言葉のない世界ではとうてい生きていけない、と思う(たとえば無人島とかに残されたら死にたくなる)。

私の場合、よくも悪くもいつも言葉を交わせる人間を捜し続ける人生だ。

そうやって人と会ってはしゃべりながら、言葉はいつも自分の心の鏡だとよく思う。

私の心が薄汚れていれば、他人にかける言葉もトゲを含んだものになるし、穏やかな気持ちでいれば、自然と優しい言葉が出てくる。

他人と会って話すことで私はいつもその時の自分を知ることになる。

だから他人との会話の質の良しあしは私の心のバロメーターみたいなもんだ。

春は特に気候と同じように不安定なことが多いから勢い言葉も常に不安定だ。

それで、今日もどうでもいい浮世の戯言やどうでもいい男女の噂話などしてしまった。

しかし、そういう話をしている私の心は妙に高揚しているのも事実だ。

そんな風にたまにはドロドロを吐き出すのもいいもんだと思うんである。

今日そんな私のしょうもない話に乗ってくださった方々、ほんとに感謝でございます。


関係ないけど、昨日ボクシングの井岡勝ってほんとによかった(負けない男が大好物の私)。


2017年4月23日(日)晴れ

皆様、こんにちは。

今週4月28日の金曜日のカフェのイベントのお知らせです。

今回はアトリエMotoKAさんのフェルトのネックレスの ワークショップです。

お好きな色のフェルトを選んであなただけのネックレスを作ってください。

おひとり様1500円です。

☆予約なしでもOKですので、当日お越しください。

タオル、エプロンをできればご持参ください。

また今週は木曜日のカフェbrunの店長みぃさんの 『みぃのアオゾラスイーツ』もあります。

ぜひお越しください。

ワンコインランチは たまごサンドイッチor コロッケサンドイッチです。

コーンスープ付きです。

(コーヒーor紅茶付きは150円プラス)

よろしくお願いします。

住所:福山市御幸町上岩成743−2

営業時間:11時〜19時


2017年4月20日(木)晴れ 肌寒い

今日は寒気が入っているんだか、朝からちょっと寒くて向町商店街の茶房ギャラリー和楽さん(木金土営業)で飲んだホットコーヒーが一層美味しかった。

うちに帰ってからは来月のまぐろ通信の原稿書き。

3回分を全部書いておこうと思ったのだがさすがに今日じゅうには仕上がらなかった。

その後、SNSで息抜きしていたら、笠岡の美味しそうなスイーツが目に留まり、これは取材せねばと思い即電話して来週お邪魔することになった。

この春から笠岡も取材OKいただいたので取材範囲が広がってうれしいことだ。

できるだけ読者の方が興味をもっていただけて井原や笠岡に足を運んでくださるようなニュースを追っていきたいと思う。

はあ〜それにしても来週の取材のアポとって(今週末は遊べると思ったら)安心した。


そうこうしているうちに夕方になって、買い物に行こうと玄関に行ったら群馬からでかい荷物届いてた。

ありがたい贈り物にはや夏が来た気分になった。


2017年4月19日(水)晴れ

今日も天気が良かったのでこの前から行こうと思っていたギャラリー甦謳る(Soul)に出かけた。

現在、そこでは備後魂展というのが開催されていて備後を拠点として制作活動をされている作家さんたちの作品が展示されている。

私の目当ては知り合いの Chirorinさんや原夕希子さん、酒井一樹さんの絵を見ること。

原さんは以前取材で訪れたギャラリーひらたさんで作品を初めて見たのだが、その集中力、精密さに圧倒された。

今回もゆびふしをモチーフにした独特の世界を丸い作品にして出されていた。

酒井さんの尾道を描いた作品も透明感があってどこか懐かしい感じがした。

Chirorinさんはご本人そのものが強烈な個性を放っておられる方だが、絵も複雑に交じり合った花びらの色に強い意志を感じた。

やっぱり絵は想像力をかきたてられて心にいつもと違う風が吹くからいいもんだ。


『備後魂展 Next 2017』
開催中:4月26日(水)まで。
10:00〜18:00
(最終日〜17:00) 定休・月曜日
場所:スペース甦謳る(Soul)
福山市東町1-4-21

2017年4月18日(火)晴れ

雨の日は働き、晴れたら遊ぶ、みたいな理想的な毎日である。

今日も友人2人と世羅に行く予定にしていたら朝からいい天気で、R486のドライブも絶好調だった。

今日の目的地はおへそカフェという大人気店だったが、そこに行く前に新市のぽすとでお茶飲んだり、御調の道の駅で買い物したりと途中下車しながら世羅を目指した。

おへそカフェは以前行こうとして予約でいっぱいで入れなかったお店だが、今日は友人が予約をしてくれていたので即入れた。

ピザとパエリアをいただき大満足でおまけにスタッフのポールさんのお宅まで案内していただいたりと、楽しいひと時を過ごした。

帰りに府中の恋しきで日本庭園を見ながらスイーツタイムを過ごして、女三人のミニグルメ旅は終わった。

後で知ったのだが、今日会ったおへそカフェのスタッフのポールさんは倉光地帯(私の大好きな倉光宏嘉さんのバンド)でピアノを弾いている方だった。

それに、その方と私はalwaysで会っているらしく、向こうはちゃんと覚えていてくださった(例によって私は覚えてなかったが)。

しかし、どこでどう縁がつながっているかわからないもんだ。

倉光地帯はもう解散してしまっているが、今度またどこかで彼に会うことがあるような気がする。


「おへそ Cafe & Bakery」
広島県世羅郡世羅町宇津戸1155
【ランチ】 11:00〜14:00 (L.O. 13:30)
【カフェ】 14:00〜17:00 (L.O. 16:30)
※GW・お盆は予約がオススメ
【定休日】 水曜・木曜

2017年4月17日(月)雨

昨日桜を見に行ってよかった、と今日の雨空を見ながらつぶやいた。

やっぱり旬のものは見るべき時を逃すとまた一年後、ということになってしまう。

今年の桜は今年のうちに、今年じゃないといけない桜がある。

まあまた来年、なんて思いだしたら、いろんなことが別に今年でなくても、今日でなくても、今回でなくても、というふうになるような気がする。

別にその時でなくてもよくなりだしたら、それが私の老い、と思える。

みんな老いのことをいうのに年の話ばかりするが、わたしにとって老いというのは精神のことだ。

心の老いは年齢の老いと関係ない。

若くても老いていることはよくある。

心が老いてしまわないように今この瞬間に行きたい場所、会いたい人に向かっていく人生やりたいと思う。


2017年4月16日(日)晴れ

今年の春はもう思い残すことがないくらい桜を見たなあ、と今日最後に訪れた美甘(みかも)の桜を見ながら思った。

R313を北上していくと山はどんどん深くなり、川は澄み、緑は濃く豊かになっていく。

今日の目当ての桜は新庄のがいせん桜だったが、そこに行きつくまでにいろんな町や山、川や学校で、見事に咲いている桜を目にした。

毎年春が来れば当たり前のように桜をめでる私たち日本人だが、それもずっと平和だからだ、ということを今年ほど痛切に思う年はない。

静かな山あいの町に咲く薄桃色の桜を見ながら、未来永劫この美しい春が続くことを願った。


「美甘宿場桜」
岡山県真庭市美甘3932-1付近

金曜日のカフェ@brunからのお知らせです。

今週4月21日(金)は 裏千家・増成和志先生の指導による 「春のお茶会ー端午の節句を楽しむー」です。

毎回好評の有福堂さんの和菓子ですが、今回はちまきです。

この季節にふさわしいお茶席でゆったりとしたひと時をお過ごしください。

お茶席は限定30名様です。

開催時間:11時〜15時(随時受け付けます)

お茶席代:500円(稽古をご希望の方は1000円)

場所:福山市御幸町上岩成743−2

お問い合わせ:090−7376−2690(レイチェル)


2017年4月15日(土)曇り一時雹(倉敷)

今日は倉敷でラジオの本番を終わって美観地区に行ったら急に天気が悪くなってそのうち、まで降り出した。

思わぬ空からの使者に雨宿りをしていた観光客たちも興奮して雹の降るのが見える場所に急いで移動していた。

そうこうするうちにどんどん雹の粒は大きくなり一層激しく道や屋根を叩く。

私はありえんありえん、と言いながらもなんとか写真に雹をおさめようとするのだが、なかなかうまく撮れない。

その後もしばらく雹は降り続いたが、やがて空が明るくなって日も少し差してきた。

ほんとに春の天気は目まぐるしく変わる。

とはいえ、春の雹にやられて倉敷川沿いの桜はいっぺんに散ってしまった。

自然が起こすこととはいえ、なんともあっけない。

川は桜の花びらで一気にいっぱいになった。

あ〜桜もとうとう終わったなあ、と思いながら歩けば、なんと八重桜は雹にも負けずしっかりと花を咲かせていた。

儚い桜と逞しい八重桜。

どの季節にもタフな輩入るもんだ。


2017年4月12日(水)曇り時々晴れ

今日こそは晴れるかな、と思って朝、外に出たら案外雲が多くて晴天とはいかなかった。

まあそれでも昨日よりはましと思って車を走らせていたら田中苑で桜が咲いていたので、止って写真を撮った。

しかし、ここもすでに桜は盛りを過ぎ、おまけに春の嵐でだいぶ散ってしまっていた。

そして、その散った花びらをシルバーらしい、じいさまとばあさまが一生懸命掃き集めていた。

箒を手に諦めにも似た表情で桜の木を見上げるじいさまはかなり高齢に見える。

しかし老人の体力を考慮するわけもなく桜は容赦なく散り続ける。

きっと彼にとっては桜は恨めしい存在だったかもしれない。

そばにはすでに八重桜が蕾をつけていた。

桜を愛でる人、桜を見送る人、それぞれの思いを乗せて今年も春は過ぎていく。


2017年4月11日(火)雨雨雨

今日は雨雨雨。

こう天気の悪い日ばかり続くと気持ちが凹むというか、元気が出ないので、今日はふらふらと駅家まで出かけた。

そこは最近気に入って時々お邪魔しているBAUM(駅家ユーホー前)というベーカリーカフェ。

そこの店長さんは朝6時からお店をオープンするのに夜中の1時過ぎに起床されるんだそうで、ほんとにすごい働き者で頭が下がる。

じゃあいつ寝るの?と聞けば、晩の7時半には床につくという。

有名店でパンの修行をされて念願のお店をオープンされた店長さんはほとんど一人で頑張っておられる。

今日はあとから友人も遊びに来てくれて一緒にランチを食べながら何時間もお邪魔してしまった。

帰りに2階のデザイン事務所の映画好きのSさんや3匹のワンちゃんにもご挨拶。

雨の火曜日だったが、なかなか濃い楽しい一日だった。


「BAUM」
福山市駅家町大字近田606-6
電話:084-959-5575
金曜休み

2017年4月10日(月)花曇り

今日も朝から天気が悪くてせっかくの桜が冴えない。

あちこちで綺麗に咲いているのに、こんなに寒くては花見をする気分にもならない。

思い出してみても、これほど天気の悪い春というのもなかなかないような気がする。

とはいえ、天気だけはどうにもならない。

今日もやることはやらないと、と思って井原をまぐろ通信を配達して回った。

途中、商店街のとまとさん家(ち)にも寄ったので、ついでに土手に上がって桜を見たら見事に咲いていた。

朝、10時過ぎだったが、河川敷にはもうたくさんの車が止っていて皆さまお花見をされているようだった。

でも桜は桜、冷たい風の中、私はどんな時にも私、とでもいうように、今年もたくましく咲いていた。


「井原堤」
岡山県井原市井原町

今週14日の金曜日のカフェ(福山市御幸町上岩成743-2)のイベント情報です。

今回はアトリエ麦の平川いづみ先生のペンスケッチとグローバルフーズコーポレーションさんの美味しいもの屋台です。

ペンスケッチで今回描いていただくのは文房具やおもちゃっぽい雑貨です。

代金は1000円でハガキ2枚を仕上げていただきます。

時間は13時から15時までです。

予約なしでもOK ですのでお気軽にご参加ください。

なお、材料はこちらで準備します。



屋台のメニューはローストビーフ丼、 マキコさん家の極旨からあげ、 幻のカレーパンです。

からあげは今までのニンニク醤油味に新発売のこだわりの塩からあげが加わります。

よろしくお願い致します。


2017年4月9日(日)曇り

今日は天気予報では晴れるとか言っていたのに、朝から曇り空でせっかくの桜が綺麗に撮れない。

それもせっかく玉野まで行ったのに、みやま公園手前ですでに車は大行列で全然前に進まなくて、肝心の桜までたどり着けない。

それで仕方なく目的もなく車を走らせていたら、右手の山がピンク色に染まっているのが見えて、すぐさまUターンしてその場所に向かった。

そこは初めて訪れた神社で名前を木華佐久耶比盗_社という。

どう読むのかわからなかったが、調べたら「このはなさくやひめじんじゃ」というらしかった。

ひらがなにしたら優しい響きを持つ神社だった。

神社の前を流れる小川のそばにもたくさんの桜の木があって風で散った花びらが水面に浮かんでいた。

境内にはお弁当を広げて花見をするカップルが一組。

本殿の回りの桜も満開で綺麗だった。

見知らぬ神社の桜に導かれて春を味わうのもいいもんだと思った。


「木華佐久耶比盗_社」
倉敷市倉敷市福江1671-4

2017年4月8日(土)小雨

今日、芳井で取材をした帰り道、霞がかった土手の桜が満開で、綺麗だなあと思ったのだが、あいにくの雨で写真が撮れない。

夕方、近所のカフェでカレーを食べて井原堤の夜桜はどうかなと思った時はもう暗すぎてスマホでは写真が撮れない。

とにかく今日はずっと天気が悪くて写真的にはいいとこなしの一日だった。

明日は晴れるみたいだからどこかに行って桜の写真を撮りたいもんだ。

明日から芳井の重玄寺で名合伯豊さんの個展「あめつちに和する」がスタートします。

禅寺の静寂の中、名合さんの素晴らしい作品をぜひご覧ください。

最終日はユニークな住職さんによる座禅体験もあるらしいです。

井原市芳井町吉井2035−1。16日まで。10時〜17時(最終日は16時まで)


2017年4月6日(木)曇りのち雨

今日は天気予報通り雨。

昨日尾道に行ってよかったと朝思った。

昼間は第2部も終盤に近づいた「騎士団長殺し」を読んでいたのだが、眠くて眠くてたまらず、ちょっと散歩がてら近所の「ほしぞら」にお茶を飲みに行った。

ここは京都で画家として活動していた奥様の素敵な絵が飾ってあり、今日もそれを見ながら美味しいコーヒーをいただいた。

若い夫婦が頑張っておられる姿に力をいただいて雨の中また家に帰った。


井原市七日市町786-2
火曜日休み

この前読んだ「騎士団長殺し」の中に興味深い内容が載っていた。

それは女性はほとんどが顔の右側と左側とで表す人格が違うという話だ。

小説の中に出てくるある男性が自分の彼女の顔写真を撮ってそれを左側と右側半分ずつ見たら左右で全然違っていたというのだ。

それで右側と左側だけでひとつの顔を合成してみたらまったく人格の違うとしか思えない二人の女が出来上がったという。

それと同じことを男性でもやってみたが、男性の顔ではそれほど大きな違いはなかったという。

それで結論としてその男性は一人の女の中には実は二人の女が潜んでいるというところに至った。

彼は自分と一緒にいる時の彼女が右側のほうとしたら左側の彼女はその時いったいどこにいるのか、と考えて混乱していた。

科学的に根拠のある話かどうか知らないが、私はその話に興味を持った。

もしかしたら、女は右側の顔で笑っていても、左側では般若の形相なのかもしれない。

特に何か心にわだかまりがあると、感情はその時々で複雑に形を変化し、ふたつの顔は極端な違いを見せる。

私はよく笑顔とかにそれが垣間見えることがある。

笑顔というのは一番端的にその人の内面が出ると思えるのだ。

つまり右側は笑っているけど左側は笑ってない、状態だ。

それは私もいえることだが、顔の左側だけ(もしくは右側だけ)で笑ってると嘘っぽい。

だいたい顔の両側どちらも笑っていないと満面の笑みとはいえない。

心のうちに何かひっかかるものがあると顔の半分が笑ってない、ということになりかねない。

そんなことを考えたら人間の顔というのはほんとに面白い。

かくいう私も右側左側と(不器用に)使いながら世の中を泳いでいるんだろうきっと。

2017年4月5日(水)曇り

今日は朝思い立って尾道に行こうと思って2号線が嫌いだから山越えをして西を目指した。

天気予報では晴れるとか言っていたのにお昼頃尾道に着いた時には曇っていて桜もどこで咲いているのかよく見えない。

まあ、桜じゃなくても花なら何でもいいやと思って尾道駅そばの土堂小学校あたりから坂道を上り始めて持光寺や光明寺、そして、宝土寺、とまさに尾道寺巡りをしながら、ラスト、天寧寺にたどり着いた。

そこはSNSで誰かがしだれ桜を載せていたのを見ていたからぜひ行こうと思っていた寺だ。

今年は桜の開花が遅く、千光寺をはじめ、ほかの寺もまだまだ満開とはいかない中、そこだけ満開のしだれ桜が見事な姿を見せていた。

ちょうどこんな満開の時にあまり来たことがないからその美しさに感動した。

境内にはたくさんの観光客がいて、座り込んでスケッチをしている人も多かった。

結構今日も坂道はきつかったけど、こういう旬の花に出会えるから歩いた甲斐があったというもんだ。


「天寧寺」
尾道市東土堂町17-29

2017年4月4日(火)晴れ

今日は笠岡から福山、井原までまぐろ通信を配達して回ったのだが、途中(咲いた)桜には巡り合えなかった。

しかし、今日みたいに暖かい日があと2,3日続くと一気に咲くかもしれない。

どこかに桜を見に行きたい気もするのだが、たぶん週末は天気が悪そうだし、行くとしたら明日しかない。

とはいえ、明日はまだそれほど咲いてないような気もする。

桜に文句は言えないが、今年はほんとに写真を撮る時期が難しい。

この前、音楽好きの知り合いに洋楽のLIVE版ばかり入っているCDをもらったので、車で聞いているのだが(基本私はうちで音楽をほとんど聞かない)、最初、ほかの誰かがカヴァーしてるのかと思うほど本人と声が違うので驚いた。

中に入っているのはエルトンジョンやカーペンターズ、ダイアナロスやエアロスミスなど、昔からよく聞いている有名なミュージシャンの曲ばかりなのだが、どの曲も長年レコードやCDで聞いた音がかなりしっかりと記憶の中にインプットされていてLIVE版で聞くとまるで違って聞こえる。

もちろん、歌唱力のある歌手ばかりだから(今の歌手のように録音でごまかさないから)、皆うまいのだが、当たり前だが、CDにはない声のかすれや微妙かつ大胆なアレンジが曲に施されている。

普段元のCDを聞きなれているからその微妙な違いに最初戸惑った私だが、そのうち、ああ、そうよなあ、声は生きているんよなあ、という当たり前のことに気づいた。

人間年をとれば声も年を取る。

それがCDの声は年を取らないから永遠に若く美しいままとどまっている。

LIVE版では声は決してもう若くないが、その歌手のそれまでの人生や息遣いみたいなものが垣間見れた。

歌手を追っかけるということはその人の声の歴史まで追っかけるということと思う。

人生と同じように若い時の青さが抜けてだんだん円熟味を帯びていく、その声も丸ごと追い続ける。

そこがLIVEの醍醐味のように思えた。

ほんとに好きな歌手はCDじゃなくLIVEで人生を聞くべきとあらためて思った。


そういうわけで、また今月LIVE行きます。

ちなみに私の目当てはヨシダヒロキという人ではなく(何しろ彼を全然知らない)SPICE FREEというロックバンド。

彼らはプロじゃないけどめちゃかっこいいので。


2017年4月3日(月)晴れ

今日は天気はよかったのだが、桜はどこもあまり咲いてないようで、夕方、小田川にも行ってみたが、蕾が多くて人もまばらだった。

桜も咲くべき時に咲かないと誰にも見向きもされない、と川辺でカーステレオを聞きながらぼんやり思った。

しかし、今年はほんとに桜が遅い。


今月の金曜日のカフェ@brun(福山市御幸町上岩成743−2)のイベント情報です。


今週4月7日(金)は因島在住の矢野ミチル氏のサイキック似顔絵。ワンコインランチは肉団子スープです。

14日はアトリエ麦の平川いづみ先生によるペンスケッチとグローバルフーズコーポレーションさんの美味しいもの屋台。

21日はアトリエMotoKAさんによるフェルトのアクセサリー

28日は増成和志先生のお茶席です。

よろしくお願いします。

2017年4月1日(土)エイプリルフール

今朝。facebookを見たら知り合いの女性が家出しました、と書いていたので、慌ててメッセージを送ったらエイプリルフールだからちょっとふざけて書いた、というので安心した。

しかし、普段真面目な人がそういうことを書くと妙なリアリティあるから皆心配してけっこうな数のコメント寄せていた。

私とかがもし家出とかになってもだれも心配しないと思われるが、そこが堅気の主婦(!)はジョークにならない。

でも、ほんとはいろいろストレス溜まってるから誰かに構って欲しかったのかも。

女の一見冗談みたいに見える言葉には案外大事な側面が隠されていることがある。

今日は牛窓方面へ遊びに行ったついでに桜が咲いてそうなところをうろうろしてみたが、結局どこもほとんど咲いてなかった。

それでも春の海はのどかで気持ちよく、光まぶしい波間を見ながらやっと訪れたこの季節を満喫した。

目の前が全部海、というレストランはちょうどお昼頃行ったので30分ほど待ったが、噂に違わぬ素晴らしいお店で料理もロケーションも大満足だった。

目の前に広がる海の向こうにはヨットハーバーが見えて、沖へと向かうヨットの帆がゆらゆら揺れていた。

遥か向こうにぼんやり見えるのは四国の屋島らしかった。

ひねもすのたりのたりかな・・いい気分になった私は思わずうたた寝しそうだった。

ふと目を開けるとそこにはやっぱり海。

その時、昔見た「晴れた日に永遠が見える」という映画のタイトル思い出した。


「ロッサ カフェ&レストラン」
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓6451-12
電話番号:0869-24-8839
営業時間:モーニング&ブランチ=9:00〜11:00
ランチ&カフェ=11:00〜17:00
ディナー=要予約
店休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日が休み)

2017年3月30日(木)曇り時々晴れ

今日は朝は御世話になっている引野町のコパンさんというパン屋さんに出かけた。

今日はオープン4周年記念イベントをされていて、パン作りのワークショップが開かれていた。

世の中でワークショップが一番苦手な私は(仕事以外ほとんどやったことがない)、今日もパン作りには参加せず、もっぱら焼きたての手ごねパンとコーヒーをいただくのみであった。

すると、オッペン化粧品のOさんという方も来られていて手のマッサージはどうですか?と勧めてくださったのでちょっとだけよ〜と手を機械の中に突っ込んだ。

すると、その中にロウの入った熱い液体が入っていて何度か手を出し入れしている間に白く固まった。

それで袋をかぶせたまま何分かおいてロウをはがすとすっきりつやつやの手が現れた。

初めての体験だったが、右手だけでも手がキレイになって気持ちよかった。

こういうことをマメにやれば私も女っぷり上がるのになあと今日も思った。


「コパン」
福山市引野町3-37-4
電話:090-2864-4158
営業:10:00〜18:00
不定休なので連絡してお出かけください。

2017年3月28日(火)晴れ時々曇り

今日も天気はよかったが、天気予報によると金曜日は天気が悪くなるようだ、困ったなあ。

これまで金曜日はほとんど雨が降っていないのに今週は降るかもしれない。

まあ、今週はワークショップにもう予約がけっこう入っているようだから、ちょっと安心している。

やっぱり雨が降るとお客様の動きが悪くなるからできるだけ晴れて欲しいが、天気ばかりはどうにもならない。

せめて大雨にならないように祈るのみだ。

今日は昼間芳井でお好み焼きを買って帰ったんで夜は楽勝だ、と思って夕方ふらふらと土手までドライブしてきた。

日暮れ前の井原堤は人影もほとんどなくて、家路を急ぐ車が行きかうばかりだ。

桜橋を過ぎて急な坂道を下っていくとそこは相変わらずの石だらけの河原。

なんとか車を止めて、桜はどうかなと木に近づいたらまだ蕾が固かった。

それでも、今この瞬間の桜が撮りたくて暗闇迫る中、蕾にレンズを向ける。

幼い頃毎日のように遊びに来ていた懐かしい川辺も大人になってからはこの時期しか来なくなった。

私にとっては春限定の古里らしい風景だ。

この前まであんなに冷たかった風も今はもう暖かい。

冬の次は春、当たり前の季節の移り変わりが年々大事なものになる。


2017年3月27日(月)晴れのち曇りのち雨

今日は一日天気が悪いと思っていたら朝はけっこう晴れていたので、ドライブがてら珈琲を飲みに行って昼過ぎにうちに帰って来てからはまぐろ通信の原稿をせっせと書いた。

ほんとに新聞を発行していると一週間があっという間に経ってしまう。

最近は2週間分をいっぺんに作るので前よりは少し時間がかかるようになったが、それでも4年もやってるとだいぶ慣れてきた。

だから急げば1日で仕上げられると思うが、今日は途中で眠くなってしまったので、原稿書くのはやめて買い物に行った。

それにしてもここのところ髪の毛を染める暇がなくて今日は帽子もかぶらず外に出たのでなんだか気になって(誰も見てないだろうが)、伏し目がちで誰にも会わないようにそそくさと買い物を済ませてうちに帰った。

やっぱり髪の毛くらいはちゃんとしておかないとこれからあったかくなってきたら帽子でごまかすわけにもいかなくなる。

我ながら女として自分の体にもう少し時間とお金を投資できないものかと思うのだが、この年になるまでそういうことにまるで興味がない。

しかしながら、明日はイベントにお邪魔するので少しはこぎれいにしておかないと恥ずかしい。

最近は仕事の時だけ髪の毛をキレイにするという噂もあるが、まあそれでもしないよりはいいだろう(とどこまでも自分に甘い)。

というわけで明日はちょっときちっとして出かけます。

ファッションはこんな感じかな。


2017年3月26日(日)晴れ時々曇り

今日は雨が降るんじゃないかと思っていたら天気予報が変わって朝からいい天気になった。

それで、知り合いがたくさん出店する駅家のなかにわ市に出かけてフリマで古着やぬいぐるみを買って、茶室のある広いお庭で珈琲を飲んだ。

そのあと、今日は中津井の祭りに行きたかったので今度は急いで東に向かい、R313に乗って県北を目指した。

中津井はもう何年も行ってなかったが、偶然ネットで情報を見て久々に行ってみたくなったのだった。

とはいえ、井原からでも中津井は遠い。今日は駅家から2時間かかってなかつい陣屋の通りに着いた。

ちょうど江戸時代の嫁入りを再現した輿入れ道中が始まるところだったので、沿道を埋めた観光客と一緒に行列が来るのを待った。

すると、すぐそばの寺の方から鶴の恰好をした女性がやって来たので写真を!とお願いしたら羽を広げてくださったのでびっくりした。



そのあと、いよいよ祭りが始まってその鶴姫さん(?)はゆっくりと頭を下げながら通りを進んで向こうからやって来たもう一羽の鶴姫さんと一緒になってどこかに消えていった。


それから感動的な子どもたちの踊り、そして、いよいよお輿入れ、となったのだが、それが歩くのがゆっくりでなかなかこちらまでやってこないのでお腹が空いてしまった私は待っている間にそばを急いで食べた。

それでやっとお輿入れの行列がやってきたので、通りに走って行き、たくさんの人の間から写真を撮った。

中津井の町はいつもは静かなところなんだろうが、年に一度とはいえ、こういう祭りがあって、大勢の人で賑わうというのはほんとにいいなと思った。

こういう古い町並みの祭り大好きだ。


「中津井雛の文化まつり」
岡山県真庭市下中津井454-2

金曜日のカフェ@brunからのお知らせです。

当店では毎週様々なイベントを行っています。

いよいよ3月もラストの金曜日となりました。

今回のイベントは木曜日のカフェbrunのみぃ店長による デコクッキー&デコカップケーキのワークショップです。

クッキーにアイシングで、模様、文字、顔を描いたりします。

カップケーキは小さなクッキーパーツやアイシングクリームでデコっていただきます。

☆所用時間は約1時間

☆ワークショップの時間は11:00〜16:00です

☆代金は1000円です。

クッキーは型を抜いて焼いてもらいます。

カップケーキは作ったものに飾り付けします。

どちらもレシピあり。

☆予約なしで随時受付OKです。

また今週のワンコインランチはとん汁です(ロールパン2個付き)

ぜひお越しください。

住所:福山市御幸町上岩成743-2

営業時間:11時〜19時

お問合せ:090-7376-2690(レイチェル)


2017年3月25日(土)曇り まだ寒い

今日、児島方面で遊んでうちに帰ったらauからお知らせが来ていてWALLETプリペイドカードに今すぐ使えるお金があります!とあったので、調子に乗って近所のコンビ二に行ってバカスカ買い物をしてきた。

しかし、普段コンビニで食べ物を買うことが少ないので、何買っていいかわからず素麺だとかホットケーキの素だとか、今すぐ食べないものばかり買ってしまった。

ゴミ袋やビールを買えばよかったと後で思ったことである。

でも、まだたくさんポイント残ってるから今度イオンに買い物に行こうと思う(もっと近くに店があればよいのに)。

今朝はいつも御世話になっているお茶の増成先生がお茶席をされるというのでワコーミュージアムの「昴の会展」に出かけた。

今回も井笠のそうそうたる工芸作家の方々の作品が並び、人の手が作り出すものの美しさに感動した。

また、今日も知り合いの備前焼作家・田裕之さん(笠岡市)の作品の斬新さに今日を目を見張った。

展示会は明日までなのでぜひお出掛けください(無料お茶席明日もあります)。


「昴の会展」
会場:ワコーミュージアム(笠岡市五番町6-20・笠岡グランドホテル内)
10時〜16時

2017年3月24日(金)晴れ

今日はカフェオープンの日で店の中に一日いたので外が寒いのかあったかいのかわからなかったのだが、来店されたお客さまが少し風が冷たい、と言われていたのでちょっとまだ寒いんだな、とわかった。

とはいえ、店を閉めて帰る時にはトレーナーの上にカーディガンだけでもそれほど寒くはなかった。

だからそのまま遊びに行ってもよかったのだが、今日はお腹がそれほど空いてなかったのでまっすぐうちに帰った。

だいたいR486には食べ物屋さんがたくさんあるにはあるが、居酒屋や焼き肉、ラーメン屋ばかりでなかなか普通の洋食屋さんとかが少ないのでいつも帰りに食べる店を探すのがたいへんだ。

女ひとりでも入りやすくてリーズナブルな店がもっとできたらいいのにとよく思う。

まあそういうわけで今日もすこぶる真面目に(!)家に戻って来た。

明日からの楽しい週末のために今日はせいぜい充電しておこう。

今日、群馬に住む娘から新潮が届いた。

本屋さんで働いている彼女はなにかにつけて私が興味のありそうなものを送ってくれる。

今回の又吉先生300枚の長編楽しみだ(騎士団長まだ読んでないくせに)。


2017年3月23日(木)曇り

夕べはやっと2部に突入した村上春樹の「騎士団長殺し」を半分寝ながら読んでいるうちにある文章のところで急にはっと目が覚めてなんだか急に涙がボロボロ出てきてそのあとはもう読めなくなってしまった。

きっとその小説のクライマックスはまだまだ先だろうが(クライマックスがあればだけど)、私はすでに騎士団長・・の1部でも泣けたし、もうすでにクライマックスを2度迎えている感じだ。

昨日泣けたのは「・・記憶は時間を温めることができる」というくだりだ。

私もよく思うのだが、強烈な記憶は温度を持ったまま時を超えていく、というイメージがする。

昨日の夜中、この記憶が温度を持つ、という言葉に初めて思い至って涙が出た。

私についていうと、どの記憶も温度で覚えている気がする。

特に幸せな記憶は温かさをともなって、その後の人生の温度も高めてくれる。

それで、この小説の主人公が感じた時間を温めてくれる記憶(思い出)というのが手に取るようにわかる気がした。

やっぱりこういう文章を読むと、平明な言葉で深いことを語れる村上春樹はすごいなあと思わずにいられない。

この小説はタイトルからして血なまぐさいサスペンスの要素が強いが実は死よりも生に向けた人間の生きざまを描こうとしているような気がする。

物語の核となる部分は動かないような気がするが、いったいどこに向かっているかわからない、でもやめられないとまらない。

今回もなんかのCMのような中毒症状を起こしながら読み続ける村上春樹。

暗闇に一筋の光を見るような言葉に泣かされる夜はあとしばらく続く。


2017年3月22日(水)晴れ

今日は朝はまぐろ通信を配達しに笠岡のwishbaseさん(笠岡市山口1128-5・土日オープン)に行って、帰ってから金曜日イベントの準備にかかった。

今週は私のバッグのフリマもやるので衣装部屋から(そんなたいしたもんじゃない)、バッグを10個ほど持ってきて写真を撮った。



長年大事にしてきたバッグたちだが、今回もう手放そうと思う。

あと、来月brunではスペシャルゲストをお招きするのだが、その方は矢野ミチルさんという因島の画家で、私は彼の描かれる似顔絵にひとめぼれして全然知らないのにお願いしたら快く引き受けてくださった。

それで、来月7日にサイキック似顔絵をやってくださることになったので嬉しい嬉しい。


2017年3月21日(火)雨のち晴れ

今日は朝、美星のアロマサロン「レイラニ」(井原市美星町宇戸谷2201-3 TEL:090-3633-7195)のオーナー木口さんにあれこれ彼女が似合いそうな古着を選んで最後、変身後の写真を撮らせていただいた。

素敵に変身されて喜んでいただけたので嬉しかった。

キレのいい着替えぶりと決断のよさで1時間ほどで着回しのきく古着を何枚もゲットされて見ていて気持ちよかった。

ひと様の着るものを選ぶのはかなりのエネルギーがいるが、喜んでもらえるとやりがいがある。

また依頼があったらさせていただこうと思う。


2017年3月20日(月・祝)晴れ

連休最後の今日も天気に恵まれ、あちこちのイベントは大盛況のようだった。

私も朝から井原駅に向かい、リニューアルオープンしたデニムショップの前に並んでいる人の数に圧倒されながらごんぼうバーガーを買って食べながらローズエンジェルさんの出演を待った。

その中のドラマ―が知り合いのお孫さんということで宣伝を頼まれていたのだ。

可愛いミニスカートで登場したローズエンジェルさんは皆さんかっこよかった。

やっぱり楽器ができると人生楽しいだろうなあと思う(学生時代でギターに挫折している私)。


「井原デニムフェスタ」〜井原駅

2017年3月19日(日)晴れ

今週24日(金)の金曜日のカフェ@brunからのお知らせです。

今回は【アトリエガーデン】さんの 「イラストオブジェ」のワークショップです。

小さなキャンバスにキャラクターっぽく線画でお客様のイラストをお描きして、あとは、お客様が自由に色を塗っていただきます。←塗らなくてもOK!

リボンを付けたり、キラキラさせたりも自由です。

料金 1,500円(2Lサイズキャンバス)

☆色を塗られない場合は1000円です。

☆サイズが大きくなる場合、人数が多くなる場合は追加料金になります。

予約なしでもOKです。

ご来店いただいた方から順次参加していただけます。

またワンコインランチは ツナメルト(ツナとチーズのオープンサンド)と コンソメスープです。

ドリンク付き(コーヒーor紅茶)は650円になります。

よろしくお願いします。

それと、今週は古着コーディネーターレイチェルのバッグも販売します。お楽しみに〜!


「金曜日のカフェ@brun」

福山市御幸町上岩成743−2

営業時間:11時〜19時(ワークショップは16時頃まで)


2017年3月17日(金)曇り

今日は天気がいいはずだったのに昼倉敷に行った時もどんよりと曇っていて全然連休の気分になれない。

それでもラジオの本番が終われば肩の力がすっと抜けて帰りどこかで遊ぼうと玉島のたまテレホールでやっているイベントにお邪魔した。

ちょうど沢知恵(ともえ)さんという歌手のライブが始まっていたのでちょっと聞かせてもらってカレーパンとかいろいろ買って帰った。



うちにいったん帰ってから今度は福山のポレポレにライブを聞きに行った。

生まれて初めて聞くライブに終わってからもまだ頭がくらくらしていた。

家に帰りながら聞く耳になじんだ音楽が恐ろしいことにちょっと物足りなく感じられた。


「是巨人 Acoustic and Electric at POLE POLE 」


音楽は爆発だあ〜覚醒だあ〜

今日聞いた是巨人(これきょじん)の"人を決して落ち着かせない音楽"は私の中の既成概念などぶち壊す。

胸をかきむしられるような強烈な音とリズムで一部だけでへろへろの私に追い討ちをかけるようにライブは怒濤の2部へ。

隣で聞いていた友達のTちゃん(彼女は案外音に強かった)は用事で途中退席〜。

ひとりになってますますあ〜もうだめかもしれないと思いながらもなぜか体は金縛り状態で動けない。

結局、アンコール曲まで二時間近く、超絶ギターの渦に巻き込まれたまま聞ききった(!)

回りを見れば老若男女がからだ揺らして腕振り上げて恍惚の表情。

ほんまにこんな音楽聞いてたら人生変わるかも。

実際3人のミュージシャンは怖いもんなさそうだ。

はあ〜世の中まだまだ知らないことばかり。

やっぱり人生はライブだわ。

2017年3月16日(木)晴れ時々曇り

今日は昼から地元のお宅のモクレンの木を取材に行って広い旧家の庭にある巨木を写真に撮った。

しかし、モクレンというのは写真に撮りにくい花だ。

だいたい大きすぎて全部フレームに入らないし、前のお宅の壁も白いからモクレンの花の白とかぶってしまい、どうもぼやけた写真になってしまう。

今日取材させていただいた方にも写真に入ってもらったのはいいが、なかなか構図が決まらないのでずっとじっとしておいてもらうのが心苦しかった。

それにしても、そこは旧家でそのモクレンを植えた方というのが元井原村の初代村長ということで樹齢120年以上のかなり歴史のある木というのがわかった。

しかし、花は生きものなので、早く掲載されないと散ってしまう。

20日過ぎに満開になるということなので早めに載るといいのだが。



2017年3月15日(水)晴れ まだ寒い

今日もまだ風は少し冷たかった。

夕方、やっと第一部を読み終えた「騎士団長殺し」の余韻が覚めらやぬまま、外に出れば、昨日よりはましだったが、まだまだ春というには遠かった。

とはいえ、もう10日もすれば桜も咲き、花見のシーズンを迎える。

去年も短い桜の命が尽きるまで(咲いて散るまで)めいっぱい写真を撮ったが、今年もきっと葉桜になるまでを見届けると思う。

なんでもそうだが、短い命のものは特にいとおしい。

今日オープンして2週間になるカフェ「ほしぞら」さんにお邪魔してマスターご夫婦とお話して持って行ったまぐろ通信を置いて帰った。

なんだかお二人ともまぐろ通信に興味をもってくださったようで嬉しかった。

店内にあった素敵な絵が気になったのでどなたのですか?と聞いたら奥様が描かれたんだそうでびっくりした。

それも色鉛筆で描かれたんだそうでますます驚いた。

実は私も娘に誘われて通販で色鉛筆を山ほど買ったのだが、いまだ毎日見ているだけで一度も使ったことがない。

人間は絵を描くというDNAを受け継いでいるから、誰でも描ける、と以前取材でお会いした水墨画の先生に言われてからいつかいつか私も描けるんじゃないかと思っているのだが・・。

とにかく何かを始めるのに時間がかかりすぎるのが私という人間らしい。


cafe「ほしぞら」
岡山県井原市七日市町786-2
火曜日休み
営業時間:11時〜21時

2017年3月14日(火)晴れ 夕方寒い

今日は夕方帰ってから買い物に行こうと外に出たとき、風の冷たさに思わず身震いした。

まだ少し春は遠いようだ。

そういえば、この前、井原の相原(あいばら)公園に行った時に葉っぱを落とした桜並木があるだけと思っていたら右手に急にピンク色に染まった木々が見えて桜か!と思って急いで駆け寄って写真を撮ったら、実は梅だった、ということがあった。



まさにはる〜はなのみ〜の、とはこのことだ。

昼間ちょっとあったかいと思って安心していたら夜には寒風に背を丸めて歩くことになる。

こういう不安定なのが春という季節だ。

寒いのが苦手な私としてはとにかく早いとこ春が来てほしい、と毎日そればかり思っている。

願わくば一年中夏ならいいのに、と思うけど、石投げられそうだからそれはなかなか口にできない。

2017年3月13日(月)曇りのち晴れ

今週の金曜日のカフェ@brunのお知らせです。

17日のイベントは美星のハーブ&雑貨「ぽぷり」さんによる「エッグポマンダー」のワークショップです。

昔からあるハーブの飾り物ですが、最近話題のイースター(復活祭・今年は4月16日)に飾っても可愛いです。

ラベンダーポプリを入れた卵の殻にお好きな布を貼って作ります。

ポマンダーを振ると香りが立ち上ります。

ヒモを付けて吊り下げるタイプと置いて飾るタイプ、どちらかお選びいただけます。

また、布も沢山の柄からお選びください。

卵の殻も用意しています。

小柄プリントコットン使用で1個600円、 リバティプリントの場合1個1000円です。

brun初のワークショップです。ぜひご参加ください。

11時からスタートで予約はなくてもOKです。

ご来店いただいた方から順次参加していただけます。

所用時間は約30分です。

材料がなくなり次第終了です。

また今週もワインコインランチあります。

今回はトマトジュースのシチューです。

ロールパン2つ付きです。

食後の珈琲紅茶は150円です。

それと今週は大人気のコパンさんの手ごねパンもあります。

よろしくお願いします。


「金曜日のカフェ@brun」

福山市御幸町上岩成743−2

営業時間:11時〜19時

携帯:090−7376−2690(レイチェル)


2017年3月12日(日)晴れ 暖かい

今日は朝は市内のイベント会場に行って昼まで取材。

帰ってから原稿書き始めたのはいいが、普段日曜日は一日外に出ているもんで、うちでなにか集中してやることができず、今日はもう眠くて眠くてたまらなかった。

それで途中、書くのを止めてブルゾンちえみやミラクルひかるの動画を見たりして気を取り直してまたパソコンに向かうこと1時間。

夕方近くになってやっと原稿ができたので買い物に行って晩御飯の支度にかかる。

日曜日の取材はことのほか疲労感が増す。

独り者が羨ましいと思うのはこういう日である。

今日矢掛から来られていた車家化狐(かっこ)。さんの落語は面白かった。

最初の「雑俳(ざっぱい)」は特にテンポのいい落語で笑えた

車家さんはプロの落語家さんなのかと思ったら岡大の落研のOBなんだそうだ。

年齢をお聞きしたらまだかなり若い方だったのでびっくりした。

私は昔古典落語が好きでよく聞いていたが、車家さんはどこかに弟子入りされたのかと思うほどうまかった。


2017年3月11日(土)晴れ まだ少し風冷たい

今日は朝からいい天気だったので(私の休みの行動は天候がかなり左右する)岡山の表町にできたカフェに行こうと思って東へと向かった。

しかし、途中、総社あたりで菜の花が咲いているのを見つけて写真に撮ったり、吉備路もてなしの館で雑貨展を見たり、岡山のアクシスナーフのイベントに寄ったり、と、なかなか目的地へたどり着かない。

やっと表町に着いて、駐車場から歩き出した時に禁酒会館で写真展をやっていたのを思い出したので、そこに行くついでにそこでカレーを食べようということになった。

松本紀子さんという写真家の作品はお子さまを撮影されたものが多く、小さな手の温もりが伝わってくるような素敵なものばかりだった。


「松本 紀子 写真展 “優しい握力”」
3月13日(月)まで。 11時〜17時 ※最終日は16時まで
禁酒会館ギャラリー(岡山禁酒会館2階)
岡山市北区丸の内1-1-15
TEL: 086-222-6297(岡山禁酒会館代表)

そして、今日の目的地のカフェ「ONSAYA COFFEE」にやっと着けてそこでマフィンを食べて帰った。

焼きたてだったのですごくおいしかった。

表町も行くたびに少しずつ変化していてぶらぶら歩くのも楽しい。


「ONSAYA COFFEE 表町店」
岡山市北区表町1-9-57

2017年3月10日(金)晴れ

今日は金曜日のカフェで和菓子のワークショップがあり、参加者の皆さんがわきあいあいと和菓子作りをされているのを見て嬉しくなった。

ワークショップは自分の体験値を上げることでもあるが、参加者同士がものづくりの楽しさを共有できることも大事な要素じゃないかと思う。

今日初対面の方も多かったが、皆さんすぐ打ち解けて終始賑やかなワークショップになった。



それと、今日はこの日記を10年も読んでくださっている男性が来てくださってありがたかった。

それでその方もblogを書かれているというのをお聞きしたのだが、探してもどのサイトかわからなかった(汗)。

そこで、申し訳ないですが、今日brunに来てくださった方、できましたらblogのアドレスを教えていただけたらありがたいです。

よろしくお願いします。

2017年3月9日(木)晴れ あったかい

今日は朝から友人二人と一緒に真備、総社、岡山を回って遊んだ。

朝結構寒かったので厚着をしていったら昼から気温が上がって車に乗っていると汗ばむほどだったので重いジャケットを脱いだ。

しかし、女三人で遊ぶとなんぼでも行く場所があり、雑貨屋やカフェ、古着屋めぐりには際限がない。

気が付いたらすでに日は暮れかかっており、ちょっと焦って家に戻った。

なんせ、明日は金曜日のカフェで買い物とか準備をしておかねばならぬというのにまったくのんきなこと。

帰ってから大急ぎで買い物に行ってネットで告知をしてイベントの準備に大わらわだった。

その間も来月イベントに来てくださることになったスペシャルゲストとのやり取りもあって、とにかくご飯を食べる暇もない忙しさだった。

やっぱり今回木曜日に遊びの予定を入れるのはちょっとたいへん、という結論に至った。

明日はまた頑張ってカフェ盛り上げよう。

2017年3月7日(火)晴れ 寒い

昨日は夕方から天文講座の取材で出かけて最後は外で天体観測となったのだが、寒の戻りか夕べは寒くて寒くて金星や月をレンズで覗きながらガタガタ震えた。

それにしても夕べは大型望遠鏡で星を見られるチャンスなのに地元の中学生は塾通いで忙しいのか参加者がなかったのは残念だった。

いまや昔の少年が夜空を見ていだいてた宇宙へのロマンは過去のものなのかもしれない。

今日は今月最初の記事が新聞に掲載されたのでちょっとほっとして、朝は駅家の「BAUM」さんへお茶を飲みに行った。

そこは朝6時からオープンしている大人気のパン屋さんで、今日も私がいる間女性客がどんどんやって来ていた。

ここのパンは木曜日のカフェbrunでも使わせていただいており、私も金曜日のカフェで販売してほしいくらいなのだが、なんせ毎日朝早くからパン作りをされているので金曜日がお休みといえどもまたパンを焼いていただくのは忍びない。

でも、いつか都合のいい日にぜひパンを焼いていただけたらと思っている。

今日は忙しい中、店長さんといろんなお話ができて楽しかった。

またぜひお邪魔させていただこうと思う。


「ベーカリー カフェ バウム (BAKERY CAFE Baum)」
福山市駅家町大字近田606-6
TEL・084-959-5575
営業時間:6:00〜16:00
定休日:金曜日

2017年3月6日(月)曇り

だんだんいい陽気になってきたと思ったら今日は風が強くて寒かったりしてまだもう少しほんまもんの春は先のようだ。

とはいえ、今週はやることが多いので今日中にまぐろ通信を配達しておこうと思って井原と笠岡を回った。

帰って来てからは取材の原稿の読み合わせ(!)やらなんやらで亭主が帰って来ても仕事がらみのバタバタが続き、コンロにかけていた鍋を亭主にみてもらうことになる。

まあ、そんなこんなで今月第一号の記事はできた。

仕事場が家だと気分の切り替えがたいへんだが、のんびり構えてやるしかない。

今週3月10日の金曜日のカフェ@brunの情報です。

今回のイベントは井原の「香月堂」さんによる和菓子のワークショップです。

この季節にぴったりの和菓子三品を作っていただきます。

和菓子作りは初めてという方も店主の杉原さんが丁寧に指導してくださいますので楽しく体験できます。

興味がおありの方、ぜひご参加ください。

ワークショップは午後2時からで10名限定です。

できればお電話で予約をお願いします。

代金は1000円です。

また参加される方はエプロンとガーゼのハンカチご用意ください。

忘れた方はこちらでご用意したものをお使いください。

よろしくお願いします。

また今週のワンコインランチはさつま芋のコンソメスープです。

ロールパン2個付きです。

食後の珈琲紅茶は150円です。


「金曜日のカフェ@brun 」

福山市御幸町上岩成743-2

携帯・090-7376-2690(レイチェル)

2017年3月5日(日)晴れ

今日は朝市内で取材をやって昼までかかって原稿を書いてその後、珍しくばあちゃんも一緒にライブに出かけた。

彼女は歌が大好きなのだが、普段歌ってるのは演歌ばかりだし、聞くのもなんでもいいというわけではない。

でも今日の倉光さんや夏美ちゃんならかなり歌がうまいし母好みだと思って声をかけたのだった。

そうしたら、思った通りかなり楽しかったようで、どんどん身を乗り出して熱心に聞いていた。

普段休みに一緒に出掛けることはめったにないがたまには誘って出かけるのも悪くないと思った。

しかし、今日のライブは素晴らしかったが、カレー屋さんだからステージに照明なくてスマホ写真はどれもブレブレだった。


絆「東日本大震災復興支援チャリティライブ」
場所:ナマステガネーシャ福山千田店
福山市千田町2−2−53
今日まで。

2017年3月4日(土)晴れ あったかい

今日は今年に入って初めての春らしい陽気の一日だった。

私は夕べも仕事が終わってから夜遅くまでR486沿いでうろうろしていたので帰るのがかなり遅くなって寝る暇がなかったのだが、亭主が今日仕事なのでなんとか起きだしていってらっしゃ〜いと送り出し、そのあとまた元気よく福山へ出かけた。

今日は東日本大震災の復興支援チャリティライブが福山駅周辺でもあったので、知り合いも出演することもあるし、一日ゆっくり見ようと駐車場に車を止めて歩いて会場に向かった。

知り合いのミュージシャンの愛津咲(あづさ)ちゃんは出産されてからますます声につやが出たようで聞いていて安心感があった。

それと今日偶然声をかけた女性がすごいアクティブな方で自宅でライブを10年もされているということなので今度ぜひお邪魔したいと思った。

やっぱり外に出るといろんな出会いがあって面白い。

明日も福山の複数の会場で開催されるので皆さんもぜひお出かけください。


2017年3月2日(木)曇り

今日は天気予報では雨とのことだったが案外天気の崩れは少なくて一日よく動けた。

昼からは地元のギャラリー和楽さんに行ってご近所さんたちと情報交換して楽しかった。

店長のTさんは10年以上前からウサギをモチーフにしたお雛様を作られており、それが広い店内に所せましと並べられている。

この時期は明治から昭和までのお雛様も飾られていて一気に春が来たようだった。

今週はほんとによく遊んだから明日のカフェをしっかり頑張ろう。


「茶房ギャラリー和楽」
井原市井原町3273
オープン・毎週木金土 10時〜17時
今月30日から4月1日まで「古裂であそぶ人形展」開催。

2017年3月1日(水)晴れ

もう今日から3月だというのに、遊び癖のついた私は今日も朝、まぐろ通信を配達した後、今日井原にオープンしたカフェを覗きに行った。

私は平日ひとりでカフェには珈琲は飲みに行くが、ご飯を食べに行くことはほとんどないので今日もちょっと緊張しながらランチを食べた。

久々に食べる本格的なカレーだったが、とても美味しかった。

井原も少しずつ若い人の店が増えてきて賑やかになって嬉しいことだ。

とはいえ、今日は昼ちょっと遊んでしまったので、家に帰ってからずっと確定申告のための書類と格闘することになる。


「cafe ほしぞら」
岡山県井原市七日市町786-2
電話:0866-84-1810
火曜日休み
営業時間:11時〜21時

2017年2月28日(火)晴れ あったかい

今日は朝、笠岡を回ってまぐろ通信を配達していたら、友達から電話かかってきて、今どこ〜?とのたまう。

笠岡だよ、これから金光行くんよ、と言ったら、じゃあ、電車で金光行くからよろしく〜ってなもんで、ほんとに金光駅にやってきた彼女と一緒にご飯食べたり雑貨屋さんに行ったり。

そのあとは、福山まで戻ってカフェに行って古着屋に行って、とあちこち遊びまわって一日が終わった。

しかし、一日遊びほうけたためにまぐろ通信配り終えておらず、帰りに幕山付近を配って回ることになる。

それで日は暮れてしまい、結局井原は一枚も配れなかった。

今週は明日も新しいカフェオープンだし、まったく今週は訳の分からない忙しさだ。

まあ、春だし、遊べるときは遊ぼうと思う。

金曜日のカフェ@brunからのお知らせです。

今週3月3日のイベントは毎回大人気のグローバルフーズコーポレーションさんのグルメ屋台です。

今回はひな祭りにちなんだ料理も登場します。

今回のメニューは 「お雛寿司」 「幻のカレーパン」 「牛めし重」 「マキコさん家の極旨からあげ」です。

売り切れ次第終了ですのでお早めにお越しください。


「金曜日のカフェ@brun 」

福山市御幸町上岩成743-2

営業時間・11時〜19時


2017年2月27日(月)晴れ

今日は昼から福山の本通りをうろうろしてumbrellaに寄って今日お店の手伝いをされているKさんとしゃべって帰った。

やっぱりよその店に行くといろんな刺激があって楽しい。

そばにあるギャラリーふくふくでは書道家の甲谷(かんがい)有美さんにお会いできたし、陶芸作品も見られたしもうお腹いっぱい、という感じでそのまま家に帰った。

帰ってから日が暮れるまでまた「騎士団長殺し」を読んで、その面白さにハマった。

今日読んだ中の印象的な一節

ー遠くから見ればおおかたのものごとは美しく見えるー

端から見たら申しぶんのない人生でも実はなにかしらの悲哀を抱えている、ということか。

何年か前、海の見えるカフェに60代の女性と行った時に、私が別荘みたいな素敵な家を見て、あの家いいねえ、というと、彼女が「でも、中に入ったらどうかわからんよ」と冷めた口調で言ったのでちょっとはっとしたことがあった。

たぶん、彼女にしても自分の家庭が外からみたらきっと何の問題もなく平和な家庭に見られているだろうという気持ちがあったのだろう。

実はどこにも完璧な家庭はない、ということをその後の彼女は自身の紆余曲折の人生から学んだに違いない。

まあ、誰でも隣の芝生は青く見える。

妙な話家族も離れるといいところしか思い出さないということある。

私も娘と遠く離れて暮らすことで世界一いい母親になった気がする(オーバーか)。

だいたい成長した子どもが親と暮らすこと自体あまりいいことはない(と自分自身のことだからますますそう思う)。

そんなわけで、小説を読みながらそんなことをいろいろ考えながら日が暮れていった。

それにしても読み進むうちに小説のタイトルの謎がだんだんわかってきてわくわくしてきた。

あんまり急いで読むとすぐ読み終わってしまうからゆっくり噛み締めて読もうっと。


2017年2月26日(日)曇り 暖かい

夕べは「騎士団長殺し」を3行(!)読んで夢の中だった。

さすがに金曜日の夜ふかしがきいたらしい。

それで、今朝はけっこう早く目が覚めたので、早々と仕事の準備ができた。

昼過ぎ仕事を終えてうちに帰って魚文の巻きずしを食べてから、どっか行きたくなって府中方面へ向かっていたのだが、急に今日オープンするカフェがあったことを思い出して途中でUターン。

場所はわかっていたがやっぱり自宅ショップはわかりにくくて最後は直接電話してやっとたどり着いた。

そこは古民家を素敵にリノベ―トされたオシャレな空間だった。

実はここは去年から私が探しに探していたカフェで、先日偶然brunに店長さんが来られてやっと場所がわかったといういわくつきのお店だった。

お聞きしたら今日グランドオープンということで、ほんとにラッキーだった。

最近古民家をカフェにされる若い女性が多いが、備後もだんだんそういうお店が増えてきたようだ。


「1207(イチニーマルナナ)」
営業時間:10時〜17時
TEL:080-2893-9187
来月は5日と19日オープン
福山市駅家町倉光329(Pあり)

2017年2月25日(土)晴れ

昨日はカフェを閉めたあとでフジグランに「ラ・ラ・ランド」を見に行って、エンドロールが終わるまでずっと夢の世界に浸った。

この映画は先日発表のあったゴールデングローブ賞では作品賞をはじめ、史上最多の7部門を受賞した。

2時間半という長い映画だが、最後までぜんぜん飽きさせないのはそれぞれのシーンがほんとに綺麗だし、やはり曲が素晴らしい、ということに尽きる。

それに主役のライアン・ゴズリングがかっこよくて数か月でピアノをあそこまで弾けるようになったというのもすごすぎる。

足画細くてめちゃくちゃ綺麗なエマ・ストーンは美人というよりキュートといった感じで余分なアクがないのもよかった。

彼女が着ていたレトロな洋服も素敵だった。

やっぱり彼女はスタイルがいいから何着ても似合う。

しかし、昨日は夜9時半からの上映ながらけっこう大勢のお客さんがいて、うるさかったらいやだなあと思っていたのだが、そんな時間に映画を見ようなんて言う人はやはり根っからの映画好きらしく皆とても静かで(当たり前だが)、最後まで気分よく映画を見られた。

映画を見終わって外に出たとき、星の見えない暗い空に満天の星が見えた気がした。

いつか見た名作のいいとこ取り満載のシーン、ミュージカルの王道を行くこの映画。

美しい歌ととともに過ぎ行く恋人たちの四季。

皆ラストシーンにぐっと来たんだろう、エンドロールが終わるまで席を立つ人はほとんどいなかった。

ああできたらもう1回見たい。

(わたしと)主人公の不器用な人生に乾杯!


2017年2月22日(水)曇りのち雨

今日は天気が昼から天気が悪くなるみたいだし、おとなしくうちにいるかな、と思いながら、朝、用事で郵便局に行った時、ふと今日何日だったかな、と思って携帯を見たら・・なんと22日!猫の日だった(これは関係ない)。

22日!今月はほんとにのんびり過ごしていたせいで、すっかりぽっかり忘れていた。

明日は娘の誕生日だった。

今日中にプレゼントを送っても明日届くのか、宅配の速達とかあるのか、とか頭の中をいろんな思いが駆け巡ったが、今更慌ててもしょうがない。

幸運なことに銀行に行かなくてもプレゼントを買うお金は持っていたので、昼までに帰ればなんとかなるだろう、というのんびりした気分で神辺までプレゼントを買いに行った。

帰って来てからダンボールにプレゼントを入れてそれと一緒に服やらお菓子やらを詰めて、最後にばあちゃんのプレゼントも一緒にいれてコンビニに向かった。

我が家からコンビニまでは歩いて1分もかからないのでこういう時大変便利だ。

それでコンビニに行ったらスタッフの女性が私の持っているダンボールの箱を見たとたん、あ〜今郵便局さん帰られたばっかりなんですよ〜ほんと今の今なんです。とほんとに残念そうに言うので、今度来られるのいつですか?と聞いたら夕方です、とおっしゃる。

夕方ならもう今から郵便局いった方が早いかしら、と言ったら、そうですね〜その方が早いですねえ。ほんとに惜しい、まだおられるんじゃないかしら、と駐車場を見まわしてくれるのだが、もう車はない。

あ〜残念、もうこのまま郵便局に行かないとダメかあ、それも面倒だなあ、と思った瞬間突然それらしいユニフォームを着た男性がコンビニに入ってきた。

それを見てコンビニの女性がよかった〜!追加があるんでもうちょっといてください、と大きな声でその郵便局員らしき男性に言って、私は急いで送り状を書き始めた。

それでなんとか書き終えて、いつ着きますか?と聞いたら最短で明日の夕方4時から6時の間に着きます、と言われ、ふっ〜と安心した。

しかし、毎年娘の誕生日にプレゼントを送っているが、こんなにぎりぎりになったことはない。

日常の雑事に追われるうちに肝心なことが抜け落ちる一方の今日このごろ。

今回は間に合ったからよかったようなものの、誕生日プレゼントが遅れて届いたらさぞかし白けたことになっていただろう。

来年はちゃんと忘れずにもっと早めに準備しようと思ったことである。

2017年2月21日(火)晴れ 暖かい

今日はやっと天気が良くなったので、気分よく友達と一緒に芦田町まで遊びに行った。

お昼になったので石楠花の郷(しゃくなげのさと)という蕎麦屋さんに行って久々に蕎麦を食べた。

広い庭を見ながらのんびりゆったり手の込んだ料理を食べられていい時間を過ごした。


そば処「石楠花の郷」
福山市芦田町大字上有地2997番地4

蕎麦屋さんから動物園近くの自販機のところまで戻ってそこで待っていたもうひとりの友人と一緒にどんびぃーごへ向かった。

どんびぃーごは私が最近備後でダントツにセンスがいいと思っているカフェだ。

オーナーのKさんのこだわりぬいたアンティークな空間は時間を忘れるほどに居心地がいい。

今日も日が暮れるまで友人たちとお喋りして楽しかった。


「どんびぃーご」
福山市芦田町下有地1741-1
営業時間:13:00-17:00
営業日: 月・火・土曜日
090-1334-0870

2017年2月20日(月)雨ばかり

今日は一日雨なので、うちでまったりと本を読んだりネット動画を見たりして過ごした。

読んだ本の中に村上春樹の「意味がなければスイングがない」というのがあって、その中にはジャズやクラシックの演奏家のことが書いてあるのだが、日本人で唯一スガシカオのことが書いてあったので、ちょっと興味が沸いてYouTubeで「月とナイフ」と「黄金の月」を聞いてみた。

スガシカオといえば、なんといってもプロフェッショナルの「Progress」が有名たが、村上氏に言わせると、他のJポップはほとんど歌謡曲にリズムをつけただけ、なのに対してスガシカオの曲は独自のメロディラインというのがあるんだそうで、こういう固有性は音楽にとって大事だという。

つまりはちょっとメロディラインを聞いただけでスガシカオとわかる独自性というやつだ。

そういえば、サザンやエレカシとかも聞いてると、よく同じメロディラインが出てくる。

でもそういうオリジナリティを持っているバンドや歌手は最近ほんとに少ない。

ということで、今日は村上氏推薦のスガシカオの2曲を聞いてみたのだが、それも悪くはなかったが、私としては、以前CMで使われていた「アストライド」という曲がすごく好きだ。

でも、あんなにいい歌なのにそれほど売れなったのが悔しい。

私は基本恋愛の歌が大好きだが、あんな人生の応援歌的な歌でぐっとくるのは珍しい。

2月最後の金曜日のカフェ@brunのイベントのお知らせです。

今回はハンドメイド没頭家baLi&がらくた造形家ちはるさんによる ワークショップ【がらくたde自分の色に染めよう】です。

baLiさんのフクロウに紐やリボン・ボタン・ビーズなど自由にチョイスしながら新しい自分発見!

スポンジ・綿棒・クリップ・あみたわし・などを使った”がらくた遊び”です。

画材は 布用和風絵具です。

縦 15センチ 横9センチ

裏面も自由にデコできます。

吊り下げタイプで1個1500円です。

キュートなちはるさんとお喋りしながらあなただけのフクロウを作ってください。

★予約なしでもOKですので、お気軽にお越しください。

また今週のワンコインランチは具だくさんのコンソメスープです。

ロールパン2個付きです。アフタードリンクは150円です。

この春も楽しいイベント盛りだくさんです。よろしくお願いします。


「金曜日のカフェ@brun」

福山市御幸町上岩成743−2

営業時間:11時〜19時

★ワークショップは材料なくなり次第終了です。


2017年2月18日(土)雨のち曇りのち晴れ

昨日はカフェのほうが忙しくて片付け終わったらもう8時で荷物が多すぎて遊びに行く余裕もなくまっすぐ家に帰った(当たり前か)。

おかげさまで私の古着もたくさんの方に気に入っていただいて、30枚以上がお嫁入りして嬉しかった。

今日はまた朝早くに起きだして倉敷に行く準備をして家を出たのはいいが、すぐにお腹が空いてしまい、近所のカフェでモーニングを食べてそのあとauにチョコがあるかなと思って行ったらもうなくて代わりにクリアファイルをくれたんでテンション上がった。



モーニングを食べてなんとか落ち着いたんでそのまま倉敷に行ってラジオに出て、そのあとは今日行こうと思っていたカフェを探し回った。

しかし、最近はどうしてこう穴場な店が多いのか。

今日の店も前を通ったのにわからなかった。

それで今日もちょっと諦めかけたが、せっかくここまで来たのにと思って何度も探したら見つかった。

そのカフェは古民家をセンス良く変身させておられてスイーツも手の込んだもので、とてもおいしかった。

また今度ランチでもお邪魔したいと思う。


「cafe 庭」
倉敷市老松町3丁目14−45
月曜休み
TEL*086−454−8934★駐車場あり

2017年2月16日(木)晴れ あったかい

今日はあったかかったので、夕方まで動きがよかった。

私はほんとにこの時期、ちょっと気温が上がると穴から出てくる小動物みたいなもんだ。

それで朝は井原の香月堂さんに行って来月のワークショップの打ち合わせをして、そのあとはとまとさん家(ち)に行ってIさんとお喋り。

それからうちに戻って原稿を書いて、夕方近くになったら万能倉のbrunに明日フリマに出す古着を持って行った。

帰ってからは明日ワンコインランチで出す豚汁用の材料を買いに行って、一応うちで試作してみた。

やっぱりちゃんと本番とおなじ材料で作ってみないと心配だったが、なんとかうまくできたので安心した。

明日は朝早く起きてbrunに行って仕込むつもりだ。

皆さまぜひ食べに来てください。

あと、明日は私の古着のフリマもあるのでぜひお越しください。


「金曜日のカフェ@brun」
福山市御幸町上岩成743−2(店のすぐ裏にPあり)
営業時間:11時〜19時

2017年2月15日(水)晴れ 少し寒さ緩む

今日は天気がよかったので朝珍しく市内をうろうろしていたら「赤羽根カフェ」ののぼりが見えたので、ああ今日オープンなんだと思ってちょっとお邪魔することにした。

赤羽根カフェというのは市内にあるコミュニティカフェのようなもので、営利目的ではなくボランティアの方々によって運営されているカフェだ。

しかし、私はもう何十年とこの町に住んでいるが、ほとんど仕事以外で地元の方々と縁がない。

それで今日も恐る恐る中に入ってみたら・・近所の奥さんとかとにかく知り合いばかりで驚いた。

皆さん、ここで活動されているとは!

それで、仕事関係で御世話になった女性ともお会いできたので、いろんな情報をいただいて思わぬラッキーな一日になった。

やっぱり私もこういう地域の皆様が集まっている場所に少しは顔を出さないとと思った。


「べるべるカフェいばら」
毎月第1・3水曜日9時半〜15時ごろ
場所:井原公民館(井原市井原町1243-1)

2017年2月14日(火)晴れ

2月はまぐろ通信をお休みしているので毎日のんびりしていたのがいいが、気が付けばもう月半ば。

あんまりのんびりしていたら月末忙しくなると思って今日あたりからぼつぼつ来月分の原稿を書くことにした。

しかしながら、もう半月以上も何も書いていないのですぐ眠くなってぜんぜん頭が回らない。

それで一週間分だけ書いたら気分転換をと近所のスーパーに行ってチョコレートを買ってきた。

うちの亭主も最近は義理チョコもほとんどもらえないから一応かっこだけでもあげないとかわいそうというもんだ。

とかなんとか思っていたら娘からチョコつきのビールが箱入りで届いた。

たぶん私のチョコよりこっちが何倍も嬉しいことだろう。


2017年2月13日(月)晴れ

今週金曜日のカフェ@brunのお知らせです。

17日はハンドメイド作家・由杏(ゆあん)さんのレジンのアクセサリーのワークショップです。

種類はペンダントトップかストラップの2種類です。

あなただけの素敵な作品を作ってください。

代金は1個1500円(材料費込)です。

予約なしでもOKですのでぜひご参加ください。

ワークショップは11時〜16時頃まで。

受付は15時までです。

★ワークショップの時間はお一人1時間〜2時間

また今週は私の秋冬物の古着フリマもやります。

格安で販売しますのでぜひお越しください。

ワンコインランチは豚汁です。

よろしくお願いします。


「金曜日のカフェ@brun」

福山市御幸町上岩成743−2

電話:090−7376−2690(レイチェル)


2017年2月12日(日)晴れ 寒い

今つれづれ日記を書こうと思ってページを開いたらなんと3日も書いてなかった。

冬場は(ますます)ものぐさになる私だが、この一週間は特になにやってたらわからないくらいの目まぐるしさで日記まで手がまわらなかった。

それで今日も本郷の八天堂まで遊びに行ったのだが、早めに帰ったのでやっと落ち着いて日記を書くことができた。

昨日も一日外に出ていたが、夕方からは三吉町のアライアンス教会でヴァイオリンのリサイタルが行われたのでそれを聞きに行って帰ってからDVDを何本か見ていたらそのまま寝てしまった。

それにしても、昨日の演奏はすごかった。

生まれて初めて聞くヴァイオリンの音色に衝撃を受けた。

プロの音楽家というのはこれほどすごいものなのかと初めて知った。

そのヴァイオリニストの寺神戸(てらかど)亮さんが会場の後ろから舞台正面の譜面台のところに来られて演奏を始められた瞬間そのあまりの自然さに驚いた。

まるでそれまでもずっとヴァイオリンを弾いていてその続きで弾かれている感じだった。

プロというのはもう演奏することが特別なことではなくて生活すべてがその楽器とともにあるんだろうなあと思った。

そして始まったバッハのパルティータ第2番ニ短調。

聞いたこともないバロックの旋律が職人が鍛えぬいた技を見せるように綿々と続いていく。

それはもう一切の雑念のない研ぎ澄まされた音だ。

それも一曲だけで30分はゆうにあろうというその曲を人前で弾くために寺神戸さんはいったい何十時間何百時間練習されたのかと思ったらその膨大な時間と労力にめまいがした。

そういうことを日常的にそれも一生かけてできる人がプロなんだろうとおもった。

そして、その曲が終わって休憩時間には何人もの観客が前に出て譜面を見ていた。

いったいどんな難解な曲なのかを皆興味津々で見ているようだった。

その後、リサイタルは1時間ほど続き、ラストの曲が終わって会場には割れんばかりの拍手が鳴り響いた。

そのたびにアンコール曲が演奏され、寺神戸さんは何度目かの時に「ほんと名残惜しいですよね」とおっしゃった。

実際、クラシックファンの皆さんは恋人と別れるのを惜しむような気持ちだったと思う。

ライブというのも一期一会だ。事実、もう二度と聞けないかもしれないすごい演奏会だった。

寺神戸さんのような素晴らしい演奏家を呼ばれたジャズ大衆舎さんにもすごい人だとあらためて思った。

昨日は北風吹き抜ける寒い一日だったが、リサイタルが終わって外に出た時、私の心はあたたかいもので包まれていた。


2017年2月8日(水)晴れ 暖かい

今日は美星でひな祭りの取材があったので、朝からおっちら坂を上って青空市に向かった。

まあ車を替えてからはずっと坂もスムーズに上がれるようになったから余計なストレスはなくなった。

それで青空市の隣にある観光センターに難なくたどり着いて展示してある7段飾りや木目込み人形などの写真を撮った。


「ひなまつり」
星の郷観光センター(星の郷青空市隣)
岡山県井原市美星町西水砂55-1
3月5日まで展示

そのあとまっすぐ帰らなくて高梁に向かい、先週できた図書館に行ってみた。

この図書館は去年高梁に行った時に建設途中なのを見ていたのでできたらぜひ行きたいと思っていたのだ。

それで今日初めて全貌を見たが、なんとその図書館は駅と合体しててなんと斬新なんだろうと思った。

中に入ったら天井まで吹き抜けになっていて大きな本棚には高そうな本がぎっしり並んでいた。

スタバにも行列ができていてみんな読書コーナー?で珈琲を飲みながら本を読んでいた。

1階にはカフェやイタリアンの店もあるようで本を読んだ後も1日楽しめそうだ。

TSUTAYAが管理運営する岡山県初の図書館とあって色々話題になっていたが、うちの町から行くとほんとに羨ましい図書館だ。

まさに観光スポットになる図書館である。

町の活性化になるだけでなく学生たちや町の将来を担う子供たちにとって素晴らしい空間になると思う。

図書館の貧相な町は子どもを育てる気がない町、と私はよく思う。

逆にいい図書館がひとつあればその町には未来があると思えるくらいだ。

何度か訪れている高梁は古い町並みや今人気の備中松山城もあるし、ますますいい町に思えてきた。


「高梁市図書館」
JR備中高梁駅隣接の複合施設内

2017年2月6日(月)晴れ 風強い

気が付いたらこのブログももう20年以上書いてるし、最近はfacebookも始めて私はSNS依存症のごとくに記事や写真を毎日のようにアップしている。

それでもほとんど何のトラブルもなくずっと好きなことを書いてきたが、最近何度か私の写真が知り合いのお店の記事に使われるということがあったので、今朝facebookに写真使用の場合はひとことメッセージが欲しいと書いておいた。

私が携帯で撮った写真をお店用に使ってくださるのは申し訳ないくらいだが、それでも携帯の写真でも黙って使われるのは気持ちのいいものではない。

それじゃあその記事を削除すればなんも問題ないかというと、それがなかなかそうはいかない。

一度そういうことがあると、その店主の人間性というか、モラルに疑いの向けるようになり、素直にお邪魔できなくなるのだ。

それくらいのこと大目に見ればという人もいるだろうが、そういうことをずっと黙っていると私のストレスが溜まる。

だいたい私がbrunのお客さまが撮った写真を黙って使うか、と思ったら使うわけがない。

もしそれをやると一気にそのお客さまとの信頼関係は崩れ、店も私の評価も失墜する(と思う)。

ネットの発達でなんでも安易にコピーできると思われがちな世の中だが、だからこその落とし穴もある。

実はネット社会だからこそ、その人のモラルを問われる。

そういうわけで今月また行く店が減ってしまった。じゃんじゃん。

2017年2月5日(日)雨

今日は久々の週末単独行動でうきうきであった(笑)。

日曜日にしては珍しく笠岡まで出かけてヨガスタジオで行われた倉光(宏嘉)さんのライブを見た。

久しぶりに聞く倉光さんの歌はやっぱり最高だった。

倉光さんはあまりにも玉置さんの歌が好き過ぎてもう玉置さんの曲を自分のものにしている。

懐かしさと切なさと心地よい女々しさと。全部が全部倉光地帯。

今日も古い思い出がよみがえってミスターロンリーに泣けた。

ヴァイオリンのりえさんとコラボの「ワインレッドの心」も秀逸。

今日はレベルの高いライブ聞けて贅沢な時間過ごせた。

一日天気は悪かったけどいい日曜日だった。


金曜日のカフェ@brunからのお知らせです。

当店は毎週金曜日に様々なイベントを開催しています。

さて、今週2月10日のイベント紹介です。

今回は去年ワークショップが好評だった編み物講師の山上妙子さんが再びbrunに来てくださいます。

今回のワークショップは可愛い「肉球スマホクリーナー」です。

油汚れを取り除いてくれるアクリル100%のエコたわしでスマホやタブレットの画面をキレイに!

初心者の方も山上先生が丁寧に指導してくださいますので、この機会にぜひ編み物を体験してみてください。

ご参加お待ちしています。


「肉球スマホクリーナー作り」

【日時】2月10日(金)11時〜16時(時間内いつでもお越しください)

【場所】金曜日のカフェbrun(福山市御幸町上岩成743−2)

【講習費】¥1200(材料費込み)

*所要時間約1時間

*かぎ針6/0号使用(針は貸し出しもあります。)



なお、今週のワンコインランチは「おでん」です。

食後の飲み物(コーヒー・紅茶は150円)

ぜひあったかいおでんを召し上がってください。

少しですが焼きたてパンの販売もあります。

今週もよろしくお願いします。

2017年2月4日(土)晴れ あったかい

今日は夕方まであったかかったので、オーバーなしで福山→玉島→倉敷と遊びまわった。

最初福山の沖野上にある脳神経センター大田記念病院に出かけた。

ここは義父が入院していたころはよく来ていたがあれ以来もう20年以上も来ることはなかった。

それで、今日は別に体調が悪いとかじゃなくて、亭主のいとこのN子さんがスタッフをしている食堂の海軍カレーを食べに来たのだった。

海軍カレーといえば、去年呉に行ったときにも食べたが、今日食べたカレーも肉が柔らかくてまろやかですごく美味しかった。

久々にN子さんとも話ができていい時間を過ごせた。

食堂にはこの大田病院が開発した「だしパック」が置いてあったが、食塩、砂糖、化学調味料等は一切、使用していないとかで人気のようだ。


軽食売店「花ちゃん」
福山市沖野上町3-6-28(大田病院内)

2017年2月2日(木)晴れ

今日は天気がよかったが、今週ずっとで歩いてるんで少しはおとなしくしてようと午後からはずっとうちにいる。

だいたい寒がりの私は毎年この時期は心もからだも引きこもり状態なのだが、今年の冬は暖かい日が続いているのでけっこう外に出られる日が多い。

このまま春になってくれればいいなと思っているがそんなに世の中甘くないだろう。


さて、最近、といわず昔から時々出くわすのが知識がやたらと豊富で話し相手のいない孤独な中年男である。

私は気が弱く(本当です)、人に調子よく話を合わせてしまうところがあって、昔から喫茶店とかでうっかりこのテの男の話に乗って逃げられなくなることがあった。

以前、行っていた店でもそういうお客さんがいて、毎回スタッフの代わりに私が話を聞く羽目になった。

その50代の男性客は天気の話をしていても最後は必ず中国や北朝鮮の話になるのだった。

最初は当たりさわりのない天気の話とかしているのに、気が付けばいつもそんな小難しい話になっているのだ。

どうしてそんなことになるのかわからないが、その巧みな(強引な)話術に負けて最後はいつも聞きたくもない話ばかり聞かされることになった。

彼の話はかなり専門的でNHKの解説者のように世界情勢(特に中国と北朝鮮について)詳しかった。

そんなに詳しいのなら私のように歴史や世界情勢に疎い人間相手に喋らずにもっとそういうことに興味のある人と喋るとかblogをやるとかすればいいと思うのだが、彼は仲間を探すでもなくblogを書くでもなく私のようなアホを相手に毎回熱弁をふるうのだった。

実際そういう男はプライドばかり高くて自分より知識が豊富な人には弱いのではなかろうか。

しかし、そういう男性は彼ばかりではなく知識が豊富な人ほど誰かに教えないと気が済まないというのはよくあることで、それも誰かれ構わず話し続け、興味のない人間に苦行を強いるというが常である。

そういう男性にたいして頭がいい、とかいう人がいるが、私はそんな空気を読めない人が頭がいいとは決して思えない。

知識の多さと頭のよさは比例しない。

ほんとに頭がいい人というのは難しい話でも相手の目線まで降りて話ができる人だし、相手が求めてもいない情報を強引に与えたりしないと思う。

それが、うちで家族に話を聞いてもらえない男性は外へ出てやたらと話をしたがるのだが、場の空気を無視して喋りたいだけ喋るので、だいたいどこに行っても女性たちに相手にされない。

それでも同じ話ができる同性の仲間を見つけられればいいのだが、案外そういう男は友達を見つけられない。

それで、ひとりでお茶を飲むことになるのだが、私もまたひとりでお茶を飲むことが多いので勢い狙われる。

しかし、最近は私も少しはNOといえる人間になったので、そのタイプの男と察するや否や話に乗らずにとっとと退散するようになった。

以前はちゃんと聞いてあげないと相手が気を悪くするんじゃないかとか思えて、我慢して話を聞いていたが、それをやめることにした。

つまり嫌われる勇気というやつを少し身に着けたのである。

仕事なら別だが、遊びの時間でみんなに気に入られる必要もなかろうにと思える。

ということで、明日もそういう男に出会わないことを願って夜遊びに出かける(と思う)。

2017年2月1日(水)曇り時々晴れ 寒い

今日から2月。それに今日はばあちゃんの誕生日ということでこの前福山でゲットしたMinami さんのところの帯をプレゼントした。

それにしても今日は寒すぎて福山まで出たものの歩くのが嫌になってすぐそのへんのうどん屋とかに飛び込んで食べ終わっても当分店から出ないで暖を取った。

12時過ぎてからお友達と約束していた「薔薇と迷宮」に行ってインコの大合唱の中でおっぱいジュースを飲んで、横溝正史の小説世界のようなおおおかなつこさんの作品を見て帰った。

しかしここはいつ来てもコアな空間で今日も放送禁止用語乱れ飛び、時代の一歩先行くサロンで濃密な時間過ごした。

やっぱりオーナーのSさんすごいわ〜


サロン「薔薇と迷宮」
福山市桜町8-2マルイビル1F
おおおかなつこさんの個展は12日まで。
営業時間:12:00〜20:00
※入場時にはワンドリンクオーダーが必要です。
店休日 :2月3日(金) 8日(金)

inserted by FC2 system