2016年10月31日(月)曇りのち雨

やっとこさ10月が終わった。

それも今日は朝から夕方までほとんど仕事だったので、一日がいっそう長かった。

明日はまぐろ通信の配達もあるし、そのあとは友人と約束もしているし、今週はちょっときついな、と昼間ちょっと気が重くなったのだが、夕方仕事を終えれば、やはり解放感からか、かなり元気になっていて、明日楽勝な気がしてくるから不思議なもんだ。

仕事をしていると、朝と夜とではまるで気分が違うのもおかしなもんだ。

まあそういうわけで明日も元気に笠岡行けると思う。

今朝、市内で取材をしたときにお邪魔したお宅に猫を山ほど飼っておられたのだが、その中の3匹が庭に置いてあるソファに座ってこっちを見ていたので近寄って写真を撮った。

ほんとはもっとたくさんいたのだが、近寄ると他は逃げて3匹だけになってしまった。

とはいえ、facebookにアップしたら「女優さんみたい」とか「こんなにかわいいと飼いたくなる」とかいろんなコメントをいただいてけっこうウケた。

私はどちらかというと犬派だが、写真だと猫のほうが絵になるというか、いい被写体になるような気がする。


2016年10月30日(日)晴れ 行楽日和

今日は朝から美星のドームに行って手づくり雑貨の展示販売にお邪魔して、そのまま北を目指して川上町のうずめという雑貨屋さんに行って店長さん、作家さんとお喋り。

そのあとは吹屋ふるさと村でやっているベンガラアート展を見に行って(これがいつもながらに遠い)、それからまっすぐ帰ろうかと思ったのだが、急に備中松山城って上ったことないなあと思って、初めてそこに行ってみることにした。

実は何年も前に行こうとしたことはあるのだが、お城までピストンバスで行くというのを知ってめんどくさくなって止めたのだった。

しかし、今日そのバス乗り場に行けば、NHKのドラマのオープニングに松山城が出てきたということで全国的に名が知れたらしく、県外からたくさんの観光客がやって来ていた。

それでその大勢の観光客と一緒にバスに乗り込み山城へ向かう。

それにしても、狭くて急な山道を大型バスで進むのはほんとに怖くて下手をしたら崖からバスが落ちて死ぬんじゃないかと上るまで寿命の縮む思いがした(帰りはもし落ちたら前の方の席だと命はないと思って一番後ろに乗った)。

なんとかバスの終点まで着いたら今度はそこから山道を歩いて上がるのだが、これがそうとうハードな道のりである。

城まで20分とあったが、険しい山道(石段を作ってはあるが)は杖をつきつきやっとのことで上れる感じだ。

途中休んでばかりいると、あとから来た親子連れに追い越される。

しかし、こんな高いところによくぞ城を作ったものだと思う。

ここまで登るのがたいへんな城なら少々のことでは攻めて来られないだろうと思った。

今更ながらだが、昔の人の健脚には敬服するばかりである。

最後の石段を登ってやっとのことで城に着いて、写真を撮ってひと息ついた。

心地よい、秋の風の中、日本一高いところにある天守閣を見ながら、もうここは一生一度来れば十分と思った。

旅は体験なり。今日も濃い一日だった。


「備中松山城」
岡山県高梁市内山下1

2016年10月29日(土)晴れ

今日も朝仕事を終えてからまた東へ西へと移動距離はハンパなかった。

東では最初にこの前オープンした笠岡の古民家カフェ「庄屋屋敷とくら」に行ってランチを食べて、そのあとは玉島の「西海岸」に行って、それから岡山のパン屋さん「 Bakery Lab Konpan」に行き、コンビニで珈琲を買って車の中で食べて、そばにあるアウトレットの店「コーナンセカンド」で秋物をチェック。

その中でも「Bakery Lab Konpan」ではいろんな種類のパンがあって、どれも中身ずっしりでおいしかった。


「Bakery Lab Konpan」
岡山県倉敷市林341-1
電話番号:086-485-3750

東で遊んだあともすぐには帰らなくて今度は西へ西へと向かい、福山の卸町でやっている「STOREHOUSE」のハロウィンナイトにお邪魔して、知り合いに会ってわいわいと盛り上がったのはいいが、あまりの人の多さに結局なにも食べられず、早々においとまして別の場所でご飯を食べてDVDを借りてうちに帰った。

今日は夜、これを見ようと思う。


2016年10月28日(金)曇り時々雨

皆さま、今晩は。

今日は朝から曇り空で時折小雨の降るあいにくの天気でしたが、たくさんの方にカフェにお越しいただき無事イベント終了しました。

brunにお越し頂いた皆さま、ありがとうございました。


さて、来週(11月4日)の金曜日のカフェのイベントはー

前回好評だった陶人形作家 ・山下明子さんによる陶芸のワークショップです。

今回は来年の干支「」をテーマにした作品を作っていただきます。

時間は10時半〜12時と、14〜15時半です。

当日参加されてもOKですが、できましたらお電話で予約をお願いします。

受講料は2000円です。

★なお、焼き上がりまで約1ヶ月半くらいお待ちいただきますので宜しくお願いします。

問い合わせ・申し込み:金曜日のカフェbrun

住所:福山市御幸町上岩成743−2(Pは店の裏)

携帯:090−7376-2690(レイチェル)


2016年10月27日(木)晴れ

今日がこんなにいい天気なのに明日から天気が崩れるというのは困ったもんだ。

まあ、とはいえ、今日は今週唯一の完全オフなので、朝からTSUTAYAで読書に耽り、そのあとは地元のイベントに行って、それから、福山行く気で浮かれていたら、急に役所に行く用事ができてしまい、一日遊ぶつもりがほとんど遊べず地元に戻ってきて、そのあとはおとなしくうちでまぐろ通信を書いていた。

なかなか完全オフといってもままならないものだ。

生活をしていたらなんだかんだと用事がある。

そういう煩雑な用事はうちにいるどうしたって私がやらねばならぬ。

まあそれでも雑事に振り回されるのはかなり少ないほうだけど(わざと雑事を避けているという噂も)。

私の知り合いが来月福山でピアノリサイタルを企画されているので、興味のあるかたはぜひお出かけください。

私も今回は聞きに行く予定です。

高橋アキ ピアノ・リサイタル 「共鳴する無垢なる魂たち

エリック・サティ:ノクテュルヌ第3、4、5番

ジョン・ケージ:ある風景の中で /サマー

モートン・フェルドマン:エクステンション 3

フランツ・シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番変ロ長調D960(遺作)


2016年11月22日(火)19:30開演(19:00開場)

リーデンローズ小ホール(福山市松浜町二丁目1-10)

料金 一般\3,000 学生\1,000 高校生\800 小中学生 \300(各予約・前売・当日とも)

※ただし、学生、高校生、小中学生は、切符をつくっておりません。当日受付にて該当の料金をお支払い下さい。

主催・問合:ジャズ大衆舎 jazztaishusha@gmail.com 070-5304-6588

チケット販売所:スガナミ楽器本店 084-923-6150

リーデンローズチケットセンター 084-928-1810


2016年10月26日(水)曇り夕方小雨

夕方、うちに戻って天気予報を見たら金曜日が雨とのことで、ちょっと凹んでいる。

金曜日のカフェを始めてから金曜だけはどうしても晴れて欲しいと思うようになったのだが、その思いが通じたのか、幸運なことに3年近くやっていて雨が降ったことはほとんどない。

しかし、今週はかなり雨の確率が高そうだ。

それにしても、今週は府中焼きを店の外でやってもらうので、雨が降ると困ったことになる。

テントとかを準備してくださると思うのだが、当日にならないとどうなるか予想がつかない。

もうとにかく天気予報が外れることを祈るばかりだ。

私はもう何年もあるお寺の新聞の記事を作らせてもらっているのだが、それはどういう内容かというと、毎回檀家さんにインタビューをしてそれぞれの方の半生をまとめて写真と一緒に載せるというものだ。

檀家さんといってもインタビューするのは50代、60代だとかなり若いほうで、たいてい70代から80代とかのお年寄りなので、勢い過去形の話が多くなる。

それでも、1時間ほどでも集中して話を聞いていると少しずつ相手の方も心を開いてくださり、けっこうプライベートな話もしてくださることもあって、取材を終えるころには最初の緊張感はほぐれて、だんだん笑顔も増えてわきあいあいというムードになることが多い。

しかし、最後、写真を撮る段になってカメラを向けるとそれまでの笑顔は急に消えて、皆さましかめっ面になる。

さっきまであれほど打ち解けてお話ししてくださったのに、と思うが、その豹変ぶりはどうしようもない。

まあ、ここでよくできたインタビュアーというか、プロのカメラマンだったら、新聞用に笑顔を要求するかもしれないが、私はそれは一度も言ったことがない。

だから私が作る記事ではどの檀家さんも難しい顔をしている。

私は写真の顔というのはその人の人生を映し出していると思うから今現在が面白くもなんともなければ無理に笑わなくていいと思うのだ。

だいたい年を取って毎日楽しくてたまらない人が何人いるのか。

私が取材で会った檀家さんたちの中でもそんな人はほとんどいなかった。

そういうほとんどいない幸せ度の高い人たちでも写真はみんな仏頂面だった。

なかなか年を取ってひとりだけ写真を撮られる時に笑顔になんかなれないもんだ。

だから、私は無理に笑顔を要求しない。

それに、ある程度年を取ってからもう無理に笑うこともないじゃないかと思う。

皆さんざん浮世の面倒な慣習や付き合いに合わせてきたんである。

おそらくは最初で最後になるであろうお寺のインタビュー記事くらいその人のありのままの人生を顔を載せたっていいじゃないかと思う。

そういうわけで、また来週私は檀家さんに会いに行ってまた取材をする。

今回も彼はたぶん笑わない、いやきっと笑わないだろう。

でも、それでいいのだ。

私はダメ記者だけど、それがほんまもんの記事というもんだ。

2016年10月25日(火)曇りのち小雨

今日は朝、万能倉のbrunに行って久々にメイメイとゆっくり話した。

彼女から駅家に今度カフェができるというのを聞いてまた行かなくちゃと思った。

しかし、今年は結構出店ラッシュで、井原にもカフェや蕎麦屋ができたが、笠岡の道の駅にはパン屋、駅家のR486沿いにもラーメン屋やお菓子屋、府中には道の駅もできた。

ミーハーな私としては一度はどの店にも行きたいところなので結構忙しいことである。

新店舗の中でもけっこう私好みだったのは駅家の「幸楽苑」というラーメン屋で、備後では私にとっては濃厚なラーメンが多い中で、昔ながらのあっさりとした醤油ラーメンで、どこか懐かしい味がして美味しかった。

金曜日はカフェを閉めてからラーメン屋→すぐそばのbarというルートが出来上がってしまいそうだ。


幸楽苑」
福山市駅家町大字万能倉1243番地2
営業時間:10:45〜翌2:00(ラストオーダー1:30)

2016年10月23日(日)曇りのち晴れ

今日も朝はあんまり天気がよくなかったのだが、雨さえ降らなければいいや、と思って西へ向かった。

途中、そういえば、尾道で手しごと市をやっていたなと思って、山越えして尾道に行くことにした。

尾道は一年のうちでも倉敷と同じくらい行く頻度の高い街だが、いつ行っても新しい店ができているし、面白いことに遭遇するしで、飽きることがない。

今日も商店街を歩きながら、目についたところをパシャパシャ写真に撮って、お腹が空いたので、お気に入りのみなも(尾道市土堂2-10-14)に行ってみたら、あいにくオープン前でまだ開いてなかったので、相変わらず行列の朱華園の前を歩きながら見つけたレストランに入った。

メニューを見たらオムライスがおいしそうだったので、頼んだら、昔ながらのシンプルなオムライスが出てきて食べたら卵もふわふわでおいしかった。


「Bistro Louche(ビストロ ルーシュ)」
尾道市十四日元町3-33
0848-36-5993
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜22:00


そのあとは宝土寺でやっていた手しごと市に行って知り合いの作家さんところのブースに挨拶をして、また商店街をてくてく歩いて駐車場に向かった。

日曜日は早めに帰るので、数時間の滞在だったが、今日もいろんな収穫があって楽しかった。

2016年10月22日(土)雨

今日はあいにくの雨で総社まで行ってランチを食べた後、匙さんの展示会を見て、新しいパ屋さんに寄ったあとはおとなしくうちに帰った。

今週末もいろんなイベントがあるのにほんとに無情の雨である。

最近どうも週末になると天気が悪くなるのはどうしたものだろう。

さて、今週10月28日の金曜日のカフェbrun(福山市御幸町上岩成743−2)のお知らせです。

今回は「第一回 秋のお楽しみ市」として4人の出店者によるスペシャルイベントを開催します。

美味しいものからだにいいものが集合しますので、ぜひお越しください。

★出店者

@木曜日のカフェbrun店長・みぃさん

大人気の手作りスイーツ(写真はイメージです)



A「健康と美」をサポートするお店・PLACEさん(駅家町)ー

有名アスリート達も愛用「phiten 」のチタンテープ、ボディケアクリームなど。

無料お試しボディケア・中足骨マッサージ(1回 200円)

女性に人気の純金を使用した無添加・防腐剤フリーの基礎化粧品など。



Bkaoriさんーオシャレなガーデン雑貨&新米こしひかり

☆なお、新米こしひかりは予約を受け付けますので、ご希望の方はお電話をお願いします。

電話:090-7376-2690(レイチェル)

値段:3kg980円 5kg1,800円(すべて税込)



C鉄板焼 やまもとさん(府中市)ー大人気の府中焼き


2016年10月20日(木)晴れ

今日は午前中取材があったので、ご飯を食べてたら午後からの仕事に間に合わないと思って朝おにぎりを2つ握って出かけた。

すると、なんとか午後からの仕事にも間に合ったのでよかった。

帰りに少し回り道をして県主のかかしコンテストの様子を撮って帰った。

地元ながらなかなかお邪魔することがなかったのだが、夕暮れ前の案山子たちはちょいとノスタルジックでよかった。

今日、井原駅にもどうなってるかと思って寄ってみたらボックスショップが構内の店に移動していたものの商品が少なかったので、写真を撮らずに帰った。

いったい駅はこの先どうなるんだろう。


「第3回かかしコンテスト」
県の里まちづくり推進協議会
岡山県井原市門田町714
電話:0866-62-7812
http://agatanosato.jp/

2016年10月19日(水)曇り時々晴れ

今週は昨日今日と休みだったので、ちょっと調子に乗って十三軒茶屋で友人と会ったり、芳井の芳泉庵まで蕎麦を食べに行ったりと二日間出ずっぱりだった。

その合間には借りていた映画を見たり、取材のアポを取ったり、ドラマの再放送みたり(これはどっちでもいいことだけど)やることは多い。

それでもあちこち行くたびに何かが起こり(コンビニで店員さんが落としたキャッシュカート拾ったり、知り合いの店でレ・ビン号に遭遇したり)、とにかく外に出れば心がざわつく。

それもこれも動いているからだと今日も妙に納得して夕暮れを迎えた。


明日は井原のjamurさんの「移住者の会」に取材に行く予定だ。

ほかの町や県から井原周辺に移住してこられたかた、ぜひご参加ください。


おしゃべり広場【移住者の会】
時間:10時〜12時
場所:「jamur」井原市西方町1461
参加費は広場利用料¥300

2016年10月18日(火)曇り 暑い

今日は2週間ぶりに笠岡に行ってまぐろ通信を配達するついでに読者の一人のおばあさんの家で手編みのクッションを仕入れてきた。

おばあさんは毎日趣味で編み物をしておられるのだが、そのクッションがとてもカラフルで可愛いのでぜひ金曜日のカフェで販売したいと頼み込んだのだった。

それで、実際店で販売したら大人気で即日に完売したので、今日また仕入れたというわけだ。

そのおばあさんに限らずお年寄りの中には手先の器用な人が多くて皆さん趣味でいろんなものを作っておられるのだが、その多くは人にタダであげてしまっている。

まあそれが近所とのコミュニケーションの一環になっている場合もあるが、私はやっぱり商売人のうちに育ったせいか、そういう話を聞くとすぐもったいないと思うのだ。

私が見たところ、田舎はどんなに手がかかったものでも自分がつくったものをお金に替えるということに抵抗のある人が多くて、私はそういうお年寄りに会うたびに売ったらいいのに、と提案してきた。

好きなことをやってそれが少しでもお金になればまた楽しいことにそのお金を使える。

お金はそうして心を満たし循環していって初めて生きるものような気がする。

年をとっても自分で少しでもお金を稼げるということは生き甲斐にもつながるんじゃないだろうか。

趣味で作ったものをお金に替えられないという方も多いが、趣味にしても誰にも作れないような優れたものは立派な商品だと思う。

今日のおばあさんも近所との付き合いのためだからと相変わらずタダで皆にあげてしまっていたが、それでも今回私のために7枚残しておいてくださった。

あとはまた気ままに編まれるらしい。

まあこれも編み手あってのものだから、仕入れるほうとしてはこの先は縁にまかせるよりしかたない。

こればっかりはどっちかの温度ばかり高くても成り立たない。

売り手と買い手、同じ温度で商売ができる人はなかなかいないかもしれないが、そういう人に巡り会うのを楽しみにまた外に出ていこうと思う。

2016年10月17日(月)曇りのち晴れ

皆さま、こんばんは。今週の金曜日のカフェbrunからのお知らせです。

今週10月21日のイベントは若石リフレクソロジスト・石川公晴(もーみん)さんの ★元気になる足もみ施術★です。

時間は昼12時半から19時くらいまで。

料金はイベント価格で15分1000円です。

よろしくお願いします。

なお今週は引野町のコパンさんの焼きたてパンもあります。

合わせてお楽しみください。

よろしくお願いします。

住所:福山市御幸町上岩成743−2(店のすぐ裏にPあり)

営業時間:11時〜19時


2016年10月16日(日)曇り時々雨

今日は天気が悪いのはわかっていたのだが、せっかくの休みにどこにも行かないというのももったいないと思ってかねてから気になっていた呉の雑貨屋さんに出かけた。

呉と言えばもう戦艦大和を見に行って以来行ってないと思ってネットを見たら10年以上も前のことだった。

それより前でも2回くらいしか行ったことがないので、まだほとんど散策してない町だ。

そんなふうに呉についてはまったく土地勘がないうえに今日行った店というのがまたわかりにく場所にあって、ナビを頼りに行っても途中でわからなくなって車を降りて歩いてやっと見つけたほどだった。

そこは普通の民家のようだったが、今日はかなり大勢の人がワークショップをやりに訪れており、ガレージにも玄関にも人がいっぱいで手作りらしい打楽器の音が住宅街に響き渡っていた。

靴を脱いで部屋に上がると、狭い部屋の中にこれまたいくつものブースがあってワークショップのほか、古着を売っていたりカレーを販売していたりと面白い空間になっていた。

その中に知り合いのこまもの屋 toro*toroさんがおられて私の顔を見てほんとにびっくりされて、興奮して写真まで撮ってくださった。

こまもの屋さんとは奉還町のイベントで一度お会いしただけだが、すごくいい方で遠くからやってきた私を歓迎してくださってお土産までくださった。

もう何十年もあちこちのイベントを風のごとくに回ってはかき乱してまた次のイベントへ、という流れの遊び人の私だが、こんな素敵な出会いがあるからやっぱりイベント巡りはやめられない。

今日呉は一日あいにくの天気だったが、その嬉しい再会の後は美味しい軍艦カレーやカフェにも出会えて、やっぱり行ってよかったと思った。

けっこう移動時間かかるけど、たまには遠出するのもいいもんだ。


「QAMARU」
広島県呉市清水1丁目8−6
TEL:0823-24-8045

2016年10月15日(土)晴れ

夕べは金曜日のカフェが終わってその辺のサラリーマンみたいにラーメン屋(幸楽苑・駅家町)に行って、ラーメンと唐揚げのセットを食べて、そのあと、隣のシャトレーゼでケーキを買って、そのあとすぐそばにあるReveに寄らずに(珍しく)まっすぐうちに帰った。

帰ってからケーキを食べながらまぐろ通信を配信してfacebookのお友達にコメントせっせと返して(実は店やってるとこれも仕事のうち)そのあとはYouTubeで例のピコ太郎「アポ―ペン!!」を半ば何かに取りつかれたように何度も何度も見ていたら真夜中になってしまい、結局途中で意識不明になってしまった(いったい私は何をやってるんだ)。

しかし、今や日本でなく世界を席巻しているピコ太郎の「PPAP」だが、彼が生放送に出ている映像を見ると微妙に元の振り付けをアレンジしているので、できるだけ同じ振り付けにしてほしいとどうでもいいことを思ったりした。

それにしても病みつきになるあのリズムといかにも英語のできない日本人を茶化したような発音。

もうしばらく(単純でミーハーな)私の中でPPAP旋風は吹き荒れそうだ。

まだ見てないという方はこちらでどうぞ。

http://avex.jp/pikotaro/

2016年10月13日(木)晴れ時々曇り

今夜TVのバラエティ番組を見ていたらニュース速報が入ってなんだろうと思ったらノーベル文学賞をボブディランが獲ったというテロップが流れた。

その瞬間、TV局が誰かと名前を間違えたんじゃないかと思ったくらい、ありえんことと思った。

それですぐにネットで見てみたらイギリス政府公認のブックメーカーは村上氏を受賞予想のトップに選んでおり、2位にはシリア出身の詩人、アドニス。第3位にはアメリカの作家、フィリップ・ロスを選んでいるが、ボブディランの名前はない。

いったいどこからボブディランという名前が出たんだろう。

ネットには歌手に負けた作家という文字が躍っている。

ほんとにこういうことってありか、と思う。

こういう選び方されると村上春樹の受賞はもうこの先ないんじゃないかと思えてしまう。

というか、毎年毎年これだけ候補に挙がっているのに獲れないのはなぜなのか。

「1Q84」の過激な性描写が問題だという話を耳にするが、私はあの小説を読んでノーベル賞間違いなくもらえると思ったのだが・・

しかし・・もう11回も逃している村上氏・・もうここまで来ると、来年もまた無理のような・・。


ボブ・ディラン氏

2016年10月12日(水)曇りのち晴れ

今日は朝は寒いくらいだったのに、午後から暑くなって着ていた上着を脱いで仕事に出かけた。

夕方、うちに帰ったら芋が2個台所で転がっていたので(あとでばあちゃんに聞いたら芳井の知り合いがくれたという)、おやつにちょうどいいやと思ってふかして食べた。

今年の始め、もう廃校になっている神石小学校の備品販売イベントに行ったときに給食用の蒸し器を買ってから、もうなんでもかんでも蒸しているのだが、けっこう蒸すのは簡単だし何を蒸してもおいしい。

この夏も野菜をたくさん蒸してはあっさりとポン酢でいただいた。

今日のサツマイモも茹でるより甘みがあって美味しかった。

この冬も蒸し器でいろんなものがつくれそうだ。


2016年10月11日(火)曇り

今日は天気がいいと思っていたのに結局一日どんよりと曇っていた。

週明けが天気悪いとなかなかテンションが上がらないので、朝は元気出して近所にオープンしたカフェに行ってみた。

朝早かったせいか、思ったほど店は混んでなかったが、そのうちどんどんお客さんがやってきた。

ここはカップが結構凝っているのだが、今日は私のファッションに合わせてくださったのか、華やかなカップ&ソーサーが運ばれてきた。

思ったよりずっと広々とした店内でBGMのジャズを聴きながら朝のひと時を過ごした。

なかなかこの町にはカフェと呼べる店がないので、こういう店ができると今度から友だちとお茶するのが便利になるというもんだ。


自家焙煎珈琲「十三軒茶屋井原店」
井原市笹賀町笠沢737-10(R313沿い)
TEL:0866-62-5050
営業時間:8:00〜20:00

2016年10月10日(月・祝)晴れ

今日は朝方こそ涼しかったが、そのうち気温はどんどん上がり、昼前に福山のフリマに行く頃には暑くて着ていたカーディガンを脱いだ。

一年のうちでも10月10日とか11日というのは最も晴れる確率が高いということで、今年も絶好のお出かけ日和になった。

今日出かけたフリマも大盛況でレトロな雑貨も結構あって、その中から「フランダースの犬」の限定皿を買った。



そのあとはまた西へ向かい、久々に尾道に遊びに行って、商店街をぶらぶらして帰った。

途中、羽田圭介氏の講演会の整理券をゲットしてちょっとテンション上がった。

とはいえ、実際、行けるかどうか(汗)。


2016年10月9日(日)晴れ時々曇り

皆さま、こんばんは。

10月に入っていよいよ秋も深まってきました。

さて、「金曜日のカフェ@brun」からのお知らせです。

今週10月14日のイベントは前回好評だった「カフェで一服〜お茶席で優雅なひとときを〜」の第二弾です。

講師は前回と同じ裏千家の増成和志先生です。

今回もワンコインでお茶席を楽しんでいただけます。

なんと有福堂さんの和菓子付きです。

お茶席の時間は11時から15時頃までです。

今回は30名様限定です。

★当日来られた方から順次参加していただけますが、できましたら予約をお願いします。

またこの日はWイベントとしてお馴染みグローバルフーズコーポレーションさんが美味しいもの屋台で出店されます。

メニューは後日ご紹介します。

どうぞお楽しみに!


「金曜日のカフェ@brun」

福山市御幸町上岩成743−2(Pは店のすぐ裏です)

営業時間:11時〜19時

お問合せ:090−7376−2690(レイチェル)


2016年10月8日(土)晴れのち曇りのち雨

夕方までなんとか降らなかった雨が横尾の踏切あたりでぽつぽつ降り出して、我が家で定番の「今日もかたはずじゃったなあ」との言葉が出た。

実際、今日は昼からオフだったので、沼隈のカフェだけ行ければよかったのだが、途中で神勝寺のミュージアムのことを思い出して曇り空でもう日は暮れかかっていたが、急きょ行ってみたのだった。

神勝寺といえば、もう何年も前に紅葉の写真を撮りに行ったことがあるような気がするが、最近はとんとお邪魔する機会はなかった。

それが、この前、知り合いのギャラリーのご主人が神勝寺にできたミュージアムがメディアで大々的に取り上げられていて、それが外観も中もものすごく変わっているという話をされていので、ちょっと興味をそそられたのだった。

それで実際、行ってみたらほんとにすごい建物だった。

横から見ると巨大な方舟のようでいったいどこから入るのかわからない。

坂を上がるとそこが入口とわかり、その小さな穴から何人かと一緒に小さな懐中電灯を持たされて真っ暗な建物に入っていく。

そして、要塞のような部屋に通され長椅子に座って前を向いて待っていると、真っ暗闇の中でかすかに何かが見え始める。

そのあとは、行ってからのお楽しみということで、ここでは書かないが、とにかく、こういうタイプの体験型ミュージアムはほんとに日本のどこにもないような気がする。

そのなんともいえない世界を体感したあとしばらく現実の世界に戻れなかった。

帰り、また恐怖の陸橋を渡って寺をあとにした。


2016年10月7日(金)晴れ

晴れて嬉しい金曜日。

今日もbrunに朝早くから青野町の果物や野菜を買いにお客様が来てくださって嬉しかった。

こうして地元の新鮮な野菜や果物を備後の方々に味わっていただけてよかったと思う。

青野のNさんほんとにありがとうございました。

それに今日はかぎ針編みのワークショップにもテーブルいっぱいのお客様が熱心に参加してくださってありがたかった。

これからもこういう楽しいイベントをどんどんやっていきますのでよろしくお願いします。

さて、今日夕方は友人に誘われてまたふらふらと福山駅方面に出かけて、本格的インドカレーの店に行ってチキンカレーを食べた。

スパイシーなカレーの後の甘いラッシーはいっそう美味しかった。

今日もやっぱり話が尽きず、閉店の夜10時まで女子トークは続いた。


「ナマステガネーシャ千田店」
福山市千田町2−2−53
TEL*084-955-0778
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜22:00

2016年10月6日(木)晴れ

台風一過。

今朝は久々に清々しい青空が広がっていたので家じゅうの布団を干して万能倉(まなぐら)へ向かった。

途中、まぐろ通信を配達しながら木曜日のカフェbrunでスイーツと珈琲をいただいて、昼前には家に帰った。

その後、暑い中外でバタバタとやるべきことをやって夕方うちに帰るころにはもうとっぷりと日は暮れていた。

ほんとに今月に入って日の暮れるのがぐんと早くなった。

台風も去ったし、これからどんどん秋が深まるんだろう。

毎年そうだが、冬眠までにやりたいことをやっておかないと。

秋になってやっと気分的に落ち着いたので、最近はよくDVDを見ている。

邦画ではこの前見た「恋人たち」が素晴らしかったが、洋画では「ROOM(ルーム)」がよかった。

後で調べたらROOMはアカデミー賞に4部門もノミネートされていて母親役のブリー・ラーソンが主演女優賞も獲っていた。

とはいえ、私としては息子役のジェイコブ・トレンブレイ君にアカデミー賞をあげたいと思った。

彼は当時8歳くらいだったらしいが、映画の中では5歳の少年の役で肩より長い髪の毛をしていたので、ほんとは女の子なんじゃないかと映画の最後まで疑っていた。

結局、ネットで調べたら本当に男の子だったとわかったのだが、長い髪の毛や睫毛といい、ちょっと中性的な面立ちといい、いまだ密かに女の子疑惑をぬぐえないでいる。

まあとにかく、その天才子役のジェイコブ君は5年間外界から遮断された(ROOM)で育った少年のピュアながら陰影に満ちたキャラクターを見事に演じていた。

映画前半の閉そく感は息苦しいほどだが、彼の存在がこの過酷な映画に希望を与えていた。

後半は母と子の絆に涙が止まらなかった。


しかし、よくこういう映画を作ったもんだ。

レニー・エイブラハムソン監督の手腕が光る秀作と思う。


2016年10月4日(火)曇り

今日はまたまた失敗(実際私の人生まともにいくことのほうが珍しい)。

笠岡にまぐろ通信を印刷しに行ったのはいいが、USBメモリーに今週号の原稿を入れ忘れていて、いったん家に戻ってまた笠岡に行く元気はさすがになくて結局地元のカフェで喋って半日終わった。

それでもう悔しいから家に帰ってひと月分の原稿全部作ったんで、今週中に全部印刷して来ようと思っている。

こうなったら毎月月始めに4回分全部作ろうかしら。

そうすれば印刷も一回で済むというもんだ。


それはいいが、明日の台風が気になる。

少し進路が北向きに変わったようだが、警報が出るか出ないかかは大きな違いだ(明日は外の仕事なもんで)。

今月29日(土)30日(日)に井原駅でハロウィンナイト開催されます。

仮装コンテスト優勝者にはお食事券プレゼント!

皆さんぜひ仮装してお越しくださーい。


2016年10月3日(月)曇りのち晴れ

今日も台風の影響でまた雨かなと思っていたのだが、昼から予想外にいい天気になった。

蒸し暑さも手伝ってちょっと動くと汗がじんわりと流れた。

それにしても、水曜あたりこの辺に来そうなんでなんとか進路が変わらないかなと願っている。

うちみたいなボロ家は台風が来ると身の危険を感じる(いやマジで)。

まあ、それでもなんとか40年以上持ちこたえているのは晴れの国岡山のおかげにほかならない。

やっぱり岡山に帰って来てから気候にはかなり助けられている。

しかし、今年は台風ばかり・・・

さて、今週も金曜日のカフェ@brunのお知らせです。

今週10月7日はMargaret garden 編み物教室・講師山上妙子先生によるワークショップ「アクセサリーを編もう」です。

ゴールドとシルバーの糸で素敵なネックレスを作ります。

首への負担がほぼゼロという嬉しいアクセサリーです。

ぜひご参加ください。

当日参加もOKですが、できましたら予約をお願いします。

参加費は1500円(材料費込み)

★針は貸し出しもあります。

時間は15時からです。

予約・申し込みは

090-3370-5009(山上さん)

090-7376-2690(レイチェル)


2016年10月2日(日)曇りのち晴れ

今日は朝起きたときは曇っていたのでまた雨かなと思っていたら昼頃からどんどん気温が上がって夏みたいに暑い一日になった。

おかげで体とこころの準備が追い付かず、倉敷のアリオに着いたときはすでに汗だくになった(なんせ余分な歩きが多いのだ我が家は)。

それでもせっかく来たんだからとみらい公園のイベントに行ってみたら、けっこう店が来ていて知り合いのお店の人たちにも会って挨拶しながらコロッケなんぞを買った。

そのコロッケはバチコロと言って浅口ブランドのコロッケで、金曜日のカフェによく出店してくださるグローバルフーズコーポレーションさん考案の一品だ。

浅口市の特産品である手延べそうめんのバチ(製造過程でできる端っこのこと)をつけて揚げてある。

うちのカフェでも販売されたが、パリパリとした触感がおいしい。

今月また出店されるので、販売してくださるといいなと思っている。


2016年10月1日(土)雨のち曇り

昨日は金曜日のカフェの後、福山駅北のジャズバー「doote(ドゥート)」で大人の夜を楽しんでいたら帰るのが遅くなってしまい、日記を書けずに寝てしまった。

やっぱり金曜は解放感があるからか仕事が終わっても元気いっぱいで遊びに行ってしまう。

ほんとは今日も仕事をしてもよかったのだが、さすがに今週は先週から動きっぱなしなんで休むことにした。

それで、朝はのんびりして、昼前に御調までたこ焼きを買いに行って珍しいネギポン酢たこ焼きを食べた。

ここはお友達が絶賛していたたこ焼き屋さんなので、一度行ってみたいと思っていたところだが、噂にたがわず大きくてふわふわでおいしかった。

種類もいっぱいあって迷ってしまった。


「大阪たこ焼きこなもん御調店」
尾道市御調町神96-4
営業時間: 10:00〜20:00
定休日: 火曜日

inserted by FC2 system