2016年5月31日(火)晴れ 暑い

今日は夏らしい一日だった。

総社までイベントを見に出かけて帰り道、矢掛あたりの小田川の流れが眩しく目に映って夏を実感した。

まあ本格的な夏まではまだ梅雨といううっとうしい季節を越えないといけないが、私の好きな季節が確実に近づいているということはやっぱり嬉しい。

今日総社市役所で行われたのはHappy Seedsのミニコンサート。

このグループはひと月前に結成したばかりで詩の朗読と演奏を行っている。

詩人の石川早苗さんが「カントリーロード」や「The Rose」の演奏に乗って歌詞を朗読するとまた歌とは趣が違って言葉がずしんと心に響く。

Yさんの歌われたユーミンの「やさしさに包まれたなら」は私もロビーの後ろで一緒になって歌った。

今日を皮切りに今後も市役所ではずっとライブをやっていくんだそうで、ほんとに羨ましい。

公共の施設を使ってこういうイベントが開催されるというのはやっぱり総社が開かれた町を目指しているからと思い感動した。


2016年5月30日(月)晴れ

今週の金曜日のカフェ@brunのお知らせです。

金曜日のカフェでは毎週様々な作家さん、講師の方、お店屋さんにお越しいただきイベントを行っています。

今週6月3日は金曜日のカフェではお馴染み、グローバルフーズコーポレーションさんの美味しいもの屋台です。

今回のメニューは特製のたれで味付けした、国産牛肉の美味しさを味わえる「牛めし重」、独特の弾力と、コクのある甘さに仕上げた「わらび餅」、毎回人気で連日完売の「カレーパン」です。

今回も全部食べたいものばかりです。

ぜひ売り切れないうちにお買い物求めください。

住所:福山市御幸町上岩成743−2(店の裏にPあり)

携帯:090−7376−2690(レイチェル)

営業時間:11時〜19時


2016年5月29日(日)曇りのち雨

今日も天気予報通り雨ばかりで夕方、うちに帰る途中買い物するのにも傘がいるくらいだった。

しかし、なんだかんだと言いながら今日も一日外にいた。

朝は加茂町でひろまというイベントがあったので、知り合いが出店しているところにあちこちお邪魔しては皆さまにご挨拶。

昼になってお腹が空いたので、かくれんぼの屋台でお好み焼きを買って食べようと思ったのだが、雨で食べるとこがないので、車に持って行って食べた。

それから革作家のtocoさんの旦那様のRamoさんの工房にもちょっとお邪魔した。

ほの暗い古民家の作品たち、自然の中に静かに溶け込んでいた。


「Ramo展」
場所・革ものづくりbocco
今日まで。
福山市加茂町北山339

それと、今日は駅家のカフェドゥララおとぎぞうしのライブがあるという情報を聞いたので、行ってみた。

おとぎぞうしのライブはもう長いこと聞いてなかったが、やっぱり生ギターの奏でるサイモン&ガーファンクルは懐かしく切なく、最初のスカボロフェアからしびれた。

昔行った大阪球場のライブが蘇って、また久々にCD聞いてみたくなった。


今でこそ、倉光さんは私が備後で一番好きなミュージシャンだが、最初彼が歌うのを聞いた時、このおとぎぞうしのひとりとは全然わからなかった。

それくらい倉光さんはおとぎぞうしでは目立たなかったのだった。

それもおとぎぞうしの時はサイモン&ガーファンクルだったのが、ソロになったとたん玉置浩二なもんで、ますます同じ人とは思えなかった。

今日聞いていたらおとぎぞうしは最初かぐや姫のカバーもやっていたんだとか。

今日も、「加茂の流れに」や「ひとりきり」などをしっとりと聞かせてもらって、ラスト、「僕の胸でおやすみ」では会場もちょっとしんみりした。

倉光さんのギターもかっこよかった。

やっぱりライブはいいなあと今日も思った。

来月は誕生月のせいか(関係ない)、あちこちのライブに行くことになっており、ほんまに忙しい。


2016年5月28日(土)曇り時々雨のち晴れ

どーにもこーにもこんなに天気が悪いとテンションが下がってしまう。

朝のうちこそ、福山のコロナワールドまで元気よく行ったものの、その足で東へ向かうも天気はいっこうによくならず、玉島まで行ったところで気持ちの中でのエネルギーが切れた。

ほんとは倉敷まで行ってギャラリー回って竹林の中でライブを見ようと思っていたのに、そこまで行きつかなかった。

今日、イベントを開催したところはどこも天気の悪さに泣いたことだろう。

今日コロナで開催されたフリマの収穫品。

コロナはレトロなおもちゃや楽器、リメイク品など色んな店があって珍しいものもいっぱいで楽しい。

古着も結構出ていたのだが、フリマとはいえ、100円とかのは少なかった。

代わりにミニバッグやマステ、トレーなんかを買った。

笠岡のカントリーバーンさんが出されていた木のトレーも買ったが、ちょっと剥げていたのでマステを貼ってリメイク。

やっぱりフリマは色んなものが見られて手作り展より安いのを探せるから楽しい。

また今度岡山ドームにも行きたい。


「メガフリーマーケット2016」
明日まで。10時〜15時
入場料]1人100円(小学生以下無料)
場所:コロナワールド(福山市一文字町24-1)

2016年5月26日(木)曇り時々雨

今日は朝は井原駅のちいさなもくようびのマルシェに行って美味しいお菓子を買って、その足で万能倉の木曜日のカフェに行ってM店長に差し入れ。

その後、この前のフラライブに来てくださった加茂町のもくれんさんにお礼を言いに立ち寄った。

もくれんのオーナーNさんは以前はバリバリのキャリアウーマンだったようで、いつもおおらかで明るいイメージで、話をしていて楽しい。

それでますます木曜日は万能倉から加茂町が定番のルートのようになっている。

それにしても、今日は天気が悪かったので早々にうちに戻って金曜日のカフェのイベント準備にかかった。

今日Nさんにも言われたが、毎週いろんなイベントやるのは大変といえば大変だが、いろんな人に会えるし、逆に変化がないとダメな私にとっては毎週イベントやるのは正解だったと思う。

まあ商売だからいまだにいい時も悪いときもあるが、そのたびに一喜一憂しないということだけは、この2年ちょっとの間に身につけたと思う。

なにしろ、商いというくらいだから飽きない、でやることが一番だ。

普段は感情だけで生きてる私だが、仕事はできるだけ平常心でいきたい(仮に朝亭主と喧嘩なんかしても)。

そう思いながら金曜日のカフェをやっていたら、お客さんからも「レイチェルさんがバタバタしたり、感情的になるようなことがあるの?」と言われ、うまく誤解されているなとほくそ笑む。

とにかく仕事なら少々のことはOKと思う。

プライベートは言いたいこと言うかもだけど(笑)。

ということで、明日も平常心でやります。よろしくお願いします。


2016年5月25日(水)曇り一時雨

先週末から続いていた好天も昨日で終わり。

今日は朝から田舎町を灰色の雲が覆っていた。

私は今日は昼前から市内で取材だったのでそれまでの時間は例によってTSUTAYAで本を読んでいた。

今日手に取ったのは「君の膵臓を食べたい」

最初この本のタイトルを見たときにはかなりのインパクトを感じたものの、どこか猟奇的な匂いというかそういう人間の異常な心理を描いたものかと思っていた。

それが読み進むうちに全然イメージが違っていて、よくできた青春ドラマという感じだった。

しかしながら、この住野よるという作家、女性か男性かもわからず年齢も非公開。

彼もしくは彼女は高校時代から小説を書いており、この小説もいくつか文学賞に応募したらしいがあえなく落選。それでもこの作品だけは誰かに読んでほしいとネットの投稿サイトに投稿したら話題になり、出版の運びとなったらしい。

その投稿サイトに投稿したときの名前が夜野やすみというらしい。

とにかく、よる、という言葉にこだわりがあるみたいだ。

それにしても、この本を読みながらあらためて思ったのは、小説家の想像力というのはすごいなあということだ。

思春期の少年少女の複雑な心理、交わす言葉のひとつひとつをこれほどリアルに描写してあると、まるで作家自身が経験したことなんじゃないかと思うくらい。

そして、内臓の中でもあえて膵臓という普段ほとんど話題に上ることのない臓器を使ったことの意味。

肝臓でも心臓でも腎臓でもなく膵臓・・、そして君のそれを食べたいという主人公。

幸か不幸か、私は誰かの内臓を食べたいと思ったことはないが、この主人公みたいに膵臓を食べたいと思うことがあるだろうか。

まあ、それはさておき・・

この先、また焼肉屋とかに行ったらこの本のことを思い出すかもしれない。

続きが楽しみだ。


2016年5月24日(火)晴れ時々曇り

今日も天気はまあまあよかったが、昨日に比べると雲が多くて昼過ぎに笠岡に行く頃には雨でも降るんじゃないかと思ったほどだった。

最近はまぐろ通信を2週間分いっぺんに印刷するので、2週目は配達のみとなるのだが、今日は朝ルートを間違えて福山に行ってしまったので余分に時間がかかってしまった。

とにかく一日で全部回ろうとするとけっこう忙しいのだった。

それでもいつも90歳のばあさまが私が行くのを楽しみに待っててくださるので、私がやっていることもなんかの意味はあるのかな、と時々思う。

たったひとりのために始めたまぐろ通信。でもその一人の女性にはもう会うこともない。

この3年で様々なことが移り変わったようで、何も変わっていないようで・・。

それでもここ20年の中で一番日々気持ちが変化していった3年だったように思う。

まあそれでも外目には私はさしたる変化があるように見えないだろうけど。

昔からそうなのだ。

どんな時でも悠々自適の自由人に見られる。

特に最近はキャラや名前がひとり歩きしている気がする。

それでかどうか、どこに行っても皆さまに歓迎していただける。

この3年ほとんど動いてないのに、どうしてそうなったか私にもわからない。

いったいレイチェルとはなんぞや。

私自身が自分に聞いてみたいくらいだ。


2016年5月23日(月)また晴れた

毎日面白いくらいの晴天が続き、まるで真夏のような暑さ。

今日も外に出ればすでに多くの車が窓を閉めてクーラーをきかせている。

でもまだまだ夏は始まったばかり。

これくらいの暑さでクーラーきかせていては真夏はどうすんの、と私はクーラーってなに?という感じで今日も汗かきかきドライブを楽しむ。

実際、夏が大好きな私は今日くらいの気温じゃあぜんぜん平気だ。

実は一年中夏でもいいと本気で思っているのだ。

まあ、そういうこと言うと同年代の女性からは信じられない、という顔をされることが多いけど・・。

とにかくこれから数か月は元気に走り回ると思う。

今日も朝から絶好調でTSUTAYAで珈琲一杯で文庫本一冊読んだ。

途中、不覚にも、店内でひとりほろほろ泣いてしまうという事態になってしまったが、やっぱり本を読むと言葉や感動が体の深いところで蓄積されていく感じがして気持ちがいい。

ほんとにもっと本を読まねば、と今日も切実に思った。

読んでから見るか見てから読むかー

どこかで聞いたセリフだけど、今回は読んでから見ることにした。

読み始めるとのっけから私の好きな映画「死ぬまでにしたい10のこと」のことが出てきて、思わず引き込まれた(あれほど号泣した映画も珍しい)。

この小説の中にはその他にも様々な映画のタイトルが登場し、それぞれの名言が出てくるのが私のような映画好きにはたまらない(たとえば「燃えよドラゴン」の「考えるな、感じろ」とか)。

そして、主人公の30歳の郵便配達員の人生を語る上でも映画はなくてはならないものだった。

しかし、そんな彼の平和で平凡な毎日もある日を境に全く違うものになる。

「何かを得るためには、何かを失わなくてはならない。」

文中に何度か出てくるこの言葉が読み進むうちにどんどん重みを増してくる。

世界は人ひとりの命から見れば、ほとんどあってもなくてもいいものでできている、けれども、思い出にまつわるモノたちは人生の中で特別な意味を持つ。

主人公の青年が過去の自分と向き合うたびに切なさは増し、後半は泣き泣きページをめくった。

そして、読み終わった後は爽やかな余韻が残った。

それに、私にもこの小説のラストは切実なものとなった。

今回は読んでから見ることになったけど、原作に負けないいい映画だろうと期待している。(なにしろ佐藤健クンが出てるんだし)。

実際、猫が消えたら世界はいったいどうなるんだろう。


「世界から猫が消えたなら」

2016年5月22日(日)五月晴れ 暑いけど風は爽やか

今日も最高の天気に恵まれた日曜日。

朝また出足が遅かったものの、福山から2号線に乗って向島へ、そして三原へ。

なんで三原まで行ったかというと、この前から気になっていた穴場なカレー屋さんに行ってみたかったからだ。

しかしなから、そこはネットにも書いてあったけど、かなりな山道を上がるらしい。

ナビ通りに行くと、のっけからスリリングな坂道が現れびびりまくる。

最後のカーブで車が横転するんじゃないかという恐怖に襲われたが、やっとの思いで駐車場へ到着。

しかし来るには来たが帰るのもちょいと不安になる。

実際、帰る車をお客さんたちが見守っていた。



頼んだカレーと一緒に出てきたサフランライスの綺麗な色に思わず声が出る。

中辛のチキンカレーはほどよくスパイシー、かつマイルドで美味しい。

開け放された縁側からは初夏の海が見える。

鳥のさえずりに混じって聞こえる電車の音。

山の上の穴場なカレー屋さんでくつろぐ日曜日も楽しい。

帰りの坂道のことはもう忘れていた。


「きはら楽観堂」
三原市木原3丁目15−1
定休日:月曜、第1、3日曜日
11時〜17時
携帯:090−1182−5781

金曜日のカフェ@brunからのお知らせー

今週5月27日は備後で大人気の花花〜kaka〜さんが来てくださいます。

kakaさんの手作り雑貨は可愛くてセンスのいいものばかり。

私も大好きな作家さんです。



また今回は毎回大人気のカナディアンさんのパンも販売します。



ぜひ自家焙煎珈琲とともにお楽しみください。よろしくお願いします。


「金曜日のカフェ@brun 」

住所・福山市御幸町上岩成743-2(店の裏にPあり)

営業時間・11時〜19時

090-7376-2690(レイチェル)

2016年5月20日(金)晴れ

今回の金曜日のカフェ@brunでは川井恵子さん(井原)が主宰されているフラグループ「フイ・フラ・オ・ナニ・プア」のフラライブを開催した。

音楽が始まったとたん即座にダンサーの皆さんの表情が変わって、瞳は遠くハワイの空を見ているようだった。

好きなことを続けることの素晴らしさと女性の身体の優雅さ、美しさをあらためて感じた。

これからも今日のようないいライブをやっていきたいとあらためて思った。

「フイ・フラ・オ・ナニ・プア」の皆さん、今日はほんとにありがとうございました。


2016年5月19日(木)晴れ

いよいよ明日、金曜日のカフェ初のWイベント開催です。

今回は「手打ちそば体験」「フラライブ」、昼夜2本立てのお楽しみです。

昼も夜も楽しいイベント満載の金曜日のカフェにぜひお越しください。


昼間はそば工房「暖談庵」の加藤五郎さんによる手打ち体験&試食です。

代金は500円です。

うどんを打つ時間がない方、仕上げの麺を切る体験だけでもOKです。



夕方6時からは井原の川井恵子さん主宰のフラグループ「フイ・フラ・オ・ナニ・プア」の皆さんによるフラライブです。

「ブルーハワイ」や「ラブユー東京」、「見上げてごらん夜の星を」、など懐かしい曲も登場します。

チケットは800円でドリンクオーダーの方は別途お願いします。

夏を先取りのイベントです。ぜひお越しください。

どちらも予約なしでもOKですが、フラライブはできましたら予約をお願いします。

よろしくお願いします。

住所:福山市御幸町上岩成743−2(店の裏にPあり)

携帯:090−7376−2690(レイチェル)


2016年5月18日(水)晴れ

今日もほんとにいい天気だった。

やはり雨の日と今日みたいに天気のいい日ではまったく気分が違う。

毎日雨ばかりだったら私みたいなお出かけ大好き女はすぐに体調が悪くなってしまうと思われる。

ということで、今日も元気よくまぐろ通信を配達に行って、その途中で笠岡の菅原神社に行ったり、井原のがぜん房さん(新町商店街)に取材をしに行ったりした。

とはいえ、予想通り菅原神社のカキツバタはすでに盛りを終えており、枯れかかっているものも多かったが、遠目ならまだ十分キレイだったので、写真を何枚か撮って帰った。

なんでもそうだが、特に花は旬が大事だ。

一年のうちでもその花が一番美しい時期はほんのわずかで、それを逃したらもう来年を待つしかない。

毎年訪れていた菅原神社も今年はばたばたしていて時期を完全逃してしまった。

季節の花々に目を止めながら暮らしていくというのはよっぽど心にゆとりがないとできないことだ、と今日も思った。

心して花も人生も旬を逃さないようにしなければ、と思った。


「菅原神社」
笠岡市吉浜1661

2016年5月17日(火)晴れ

今日は朝は新町商店街のがぜん房に行って取材をして、うちに帰ってご飯を食べてから今度は60代の男性のインタビューに出かけた。

インタビューの仕事ももう何度もやっているが、やはりいつも取材先に行くまでは緊張する。

なんといっても初対面の方にその人の半生をお聞きするのは失礼があってはいけないし、メモをちゃんと取らないといけないし、で、お話を伺っている時間はかなり集中しないといけない。

とはいえ、長く話を聞けばいいかというとこれがまた難しいところで、1時間以上も話を聞いていると、情報が増えすぎてもうどこがポイントかわからなくなり、結局帰ってから文章がまとまりにくくなる。

こちらとしてはここぞ、というドラマチックな話が出てきたら、つかみはOKという感じで、そこを中心に尾ひれをつけていく感じなのだが、事実だけを淡々と話されるとまことにドラマになりにくい。

どんな人の人生にもドラマはあると思うのだが、一時間でそれを聞き出せるかどうかは私の力量にかかっている。

そういう意味では今日はもうひとつ力不足だったと思う。

相手のプロフィールより感情的な部分でもっと突っ込んだ話を聞きたかった。

しかし、なかなか初対面の相手に深い話をしていただくのは大変だ。

ほんまにインタビューは難しい。まだまだ修行が足りない。


2016年5月16日(月)曇りのち雨

今日は雨だろうというのはわかっていたが、明日取材が2つもあるので、今日のうちにまぐろ通信を配達しときたいと思って笠岡に出かけた。

帰りに城見台に行ってそば打ち道場の加藤さん宅を訪ねて、今週の金曜日のイベントの打ち合わせ。

写真と資料をいただいてうちに戻って「バクマン。」見て、イベント作成をしていたらあっという間に夕方になった。

佐藤健クン見たさに借りてきたのだが、神木隆之介をはじめ、染谷将太、桐谷健太ら、若手の俳優がみんなうまいなあと感心した。

その中でも画面を締めていたのがリリーフランキーと山田孝之で、特に山田クンの演技のふり幅の広さは今回もすごいなと思った。

漫画は読んでないが、少年ジャンプの出版の内情をリアルに描いていてテンポもいいし、面白かった。

今週の金曜日のカフェ@brunは初の昼夜Wイベント開催です。

日時:5月20日(金)

@11時〜15時

そば工房「暖談庵」(笠岡)の加藤五郎さんの指導による「そば打ち体験」

そば打ちを楽しんでいただいた後、打ちたてのそばを召し上がっていただけます。

代金は500円です。

今回は20名様限定です。よろしくお願いします。

できれば予約をお願いしたいですが、予約なしの方は来られた順に体験していただきます。



A18時〜「カフェでフラを楽しむ夕べ」


井原の川井恵子さん主宰のフラグループ「フイ・フラ・オ・ナニ・プア」の皆さんです。

華やかなドレスに身を包んだダンサーたちの優雅なフラをお楽しみください。

当日参加されてもOKですが、小さな店で席数に限りがありますので、できるだけ予約をお願いします。

チケット代:800円

(ドリンクご注文の方は別途お願いします)

住所:福山市御幸町上岩成743−2

TEL:090−7376−2690(レイチェル)

brun営業時間:11時〜19時


2016年5月15日(日)曇り

今日は朝は矢掛に新しくできたらしい古民家カフェを探しに行ってやっと見つけたものの、臨時休業ということで珈琲一杯も飲めずそのまままた東を目指す。

毎度のことながらなかなか自宅ショップは手強いのであった。

それで、総社に着いたので、今日、市民会館でやっている熊本地震の被災地支援チャリティコンサートに向かった。

そこで、知り合いのミュージシャンやライブハウスのオーナー、手作り作家さん、brunのお客様などいろんな人に遭遇して皆さまと一緒に食べたり喋ったりしながらコンサートの開演を待った。

午後1時からコンサートが始まったので、私も急いで会場いり。

それからなんと3時間もミュージシャンたちが懐かしい曲、オリジナル曲を演奏するのを聞き続けた。

アリスやフォーククルセーダーズ、陽水、AI、長渕剛などの知っている曲が聞こえてくると一緒になって歌って楽しかった。

やっぱりアマチュアのミュージシャンはカバー曲を歌って欲しい。

よっぽど上手な人でもオリジナルで聞かせるのは難しい。

今日もプロはお客さんのために歌い、アマチュアは自分のために歌う、ということ強く思った。

ということで、今日は昼から総社からまったく動かず一日終わったので、夕方になってもまだ体力が残っており、写真でも撮りに行こうということになって花畑を求めて南を目指した。

里庄から裏道を通って笠岡に抜ける途中でmtサンライナーに遭遇して、ラッキーと叫びながら写真を撮って、二号線に出てバイパスを通って道の駅笠岡ベイファームへ。

もうそろそろ日は暮れかかっていたが、けっこうまだたくさんの観光客がカメラ片手にポピー畑の中を歩いていた。

早速写真を撮り始めると、そばの畑で雀たちが今日最後のちからを振り絞って一斉に鳴くのが聞こえてくる。

スマホを構えると柔らかいポピーの花びらは緩い風にもひらひら揺れる。

道の駅に着いた時にははっきりと輪郭が見えていた人々の姿も夕闇に紛れていく。

暑くもなく寒くもなく・・初夏の夕ぐれは今日も静かに過ぎていく。


2016年5月14日(土)五月晴れ

来週の金曜日のカフェ@brunのお知らせです。

〜初夏のひとときをフラで!〜

5月20日は初のフラのミニライブを行います。

出演は井原の川井恵子さん主宰のフラグループ「フイ・フラ・オ・ナニ・プア」の皆さんです。

華やかなドレスに身を包んだダンサーたちの優雅なフラをお楽しみください。

当日参加されてもOKですが、小さな店で席数に限りがありますので、できるだけ予約をお願いします。


日時:2016年5月20日(金)18:00〜

チケット代:800円

    (ドリンクご注文の方は別途お願いします)

住所:福山市御幸町上岩成743−2

TEL:090−7376−2690(レイチェル)


2016年5月12日(木)五月晴れ

今日は朝から気持ちよく晴れて午後からは車を運転していると汗ばむほどの陽気になった。

とはいえ、今日は夕方からここ何十年も感じたことのないストレスを感じながら仕事に行かないといけなかったので、午前中は人と話していても気持ちは上の空だった。

しかし、今日の新聞にあった6月生まれの運勢が「もう避けられない。真剣に向かい合う必要が」だったので、もう行くっきゃない、と思って、やっとの思いで仕事先に向かった。

それでなんとかかんとかやるべきことをやって、疲れたがなんとかひと山超えた感じだ。

これで明日また金曜日のカフェで頑張れる。

やっぱり私は人と接する仕事が好きなんだなと今回改めて思った。

明日は天気もいいみたいだし、またかくれんぼさんの美味しいお好み焼き食べられそうだ。


2016年5月11日(水)曇りのち晴れ

今日はうちを出るときは空はどんよりと曇っていたのが、福山に向かうにつれて日が差してきて駅近くになるころにはいい天気になっていた。

やっぱり西へ行くとたいてい天気が回復するので気分がいい。

なんせ雨の苦手な私ゆえ、今日のようにおてんとうさまが見えるとすぐ元気いっぱいになる。

駐車場に車を置いてからはとことこ本通りを歩いて先月新しくできたUmbrellaに寄って珈琲を飲んで、今日のお目当ての自家焙煎珈琲「ICHI no KURA」に行った。

奥へ長い店に入るとどこに座られますか。お2階もありますが、と言われ、2階がいいですと言って階段を上る。

2階にも何人もスタッフがいて、ホテルのカフェみたいにきりっとしている。

さすがオープン初日。やっぱり新しい店は緊張感があって好きだ。

頼んだオリジナルブレンドはすっきりとして飲みやすく、カップのそばに珈琲の説明書きまでついてきた。

お腹がすいたので卵サンド食べたらふわふわで美味しかった。

2階のトイレにサプライズがあってウケた。これはぜひ行ってみてほしい。


自家焙煎珈琲 「ICHI no KURA coffee&soft cream (壱乃藏)」
福山市三之丸町4-20

2016年5月10日(火)雨ばかり

今日も一日天気はさえなかったが、笠岡、福山、井原とまぐろ通信を配って歩いた。

GWがあって2週間ぶりの発行だったので、中にはすごく歓迎してくださるお宅やお店もあって今日もお茶にチョコレートやケーキまでいただいた。

たったひとりの読者のために始めたまぐろ通信だが、今ではほんとに大勢の方に読んでいただけるまでになった。

皆さん、一週間の中でひとつのクッションとして私の訪問を喜んでくださっているようだ。

今日もあるお宅では高齢の方の悩み相談も聞くことになった。

彼女の話を聞きながらこの前読んだ「嫌われる勇気」に出てきた「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」というくだりを思い出した。

いくつになっても人が人として生きる限り尽きぬのが悩みということかもしれない。


2016年5月9日(月)雨

GW明けの月曜日は雨。

我が家は今年のGWは亭主の休みがいつもと違って先週末仕事で今日休みということになって皆さんが仕事はじめの今日のんびりと休息ということになった。

まあこんな天気ではどこに行く気にもならないからDVD見たり、古着の整理をしたりとおとなしく過ごす以外ない。

おかげで久々にまったりとした休日を過ごせてうちの中でいろんなことができた。

たまにはうちで過ごすのもいいもんだ(まあ天気が悪い休みだけだけど)。

私は来月4日にまた誕生日を迎えてひとつ年を取るのだが、毎年誕生日といえばなにかイベントというかライブを見に行ったり美味しいものを食べたりと何か自分で企画して(この年になると誰も企画してくれない)楽しい一日にしたいと思っているので今年も策を練っている(笑)。

ライブを見に行くのもいいが、ちょうどその日に近場でやっているのがなかなかないのが悩みの種だ。

何年か前の誕生日はちょうど鞆のカフェで声楽の先生のライブがあったので、家族みんなで出かけて海風に吹かれながら美しい歌声を聞いたこともある。

今思うとあの誕生日はほんとにいい思い出になった。

今はもう娘は遠くに行ってしまったし、ばあちゃんはどこに行くのもだんだんおっくうになってきたみたいだし、あの日のようになかなか家族4人がそろうこともなくなった。

家族が毎年かたちを変えていくように私の誕生日も少しずつ変わっていく。

とはいえ、誕生日はめでたい(と一人思っている)。

さてさて今年はどうやって過ごそうか。


それとは関係ないのだが、今週、井原の小中学校で11年教員を務められた田邉泉さん(倉敷)のコンサートがある。

あちこちでこのコンサートのことを宣伝してほしいといわれているのでここでもご紹介したい。興味のある方はぜひお出かけください。

「田邉泉 カンツォーネを唱う」

2016年5月14日(土)13時半〜15時半(開場:12時半)

場所・アクティブライフ井原メルヘンホール

場所:井原市七日市町12-1

★入場無料


2016年5月8日(日)晴れ

今週の金曜日のカフェ@brunのお知らせです。

5月13日は皆さまのリクエストにお応えして木工房「かくれんぼ」さんのお好み焼の登場です。

毎回大人気の美味しいお好み焼きをぜひご賞味ください。

売り切れ次第終了ですのでお早目に。

場所:珈琲豆・雑貨「brun(ブラン)」

福山市御幸町上岩成743−2(店の裏にPあり)


2016年5月7日(土)曇りのち晴れ

今朝は昨日の天気の悪さをまだ引きずっている感じだったが、昼頃からどんどん晴れてきてイベント日和になった。

今日は福山の手しごと市やらオリビアの展示会やら行きたいところはいろいろあったのだが、亭主も珍しく仕事だし、これはチャンス(!)と私も図書館に取材に出かけた。

仕事が終わってすぐに帰らずに新町商店街のがぜん房で珈琲を飲みながら店長さんとおしゃべり。

画家でもある彼女は感性が豊かで好奇心も旺盛な方で話していて楽しい。

井原にはぶらっとひとりで行ける店がほとんどないのでこういう店ができてほんとにうれしい。

今日は珈琲頼んだら美味しいカステラもついてきた。

販売もされているのでお買い求めください。


がぜん房
井原市井原町1517-1
営業時間10時〜16時 無休

2016年5月6日(金)雨のち曇り

今日は雨にもかかわらずたくさんのお客様がbrunにお越しいただきありがたかった。

お茶席も盛況で皆さんひととき和のおもてなしを受けられて喜んでいただいた。



チロルさんの古着詰め放題も人気で私もワンコインで9枚も古着をゲットして嬉しかった。



来週の金曜日のカフェは木工房かくれんぼさんのお好み焼き販売です。

よろしくお願いします。

2016年5月5日(木・祝)晴れ

我が家のGW最終日はまたまた晴天に恵まれ仕事に遊びにと充実した一日になった。

朝は井原駅で開催されたミニイベントで鉄道模型の写真を撮って、帰ってから原稿を書いて昼過ぎからは矢掛に新しくできたカフェに出かけた。

そこは改装中から気になっていたお店だが、今日行ってみると入り口の赤が目に飛び込んできた。

入ってみるとゆったりとした空間にオシャレなインテリアが置かれていてくつろげる雰囲気だ。

まだプレオープン中で店名も決まってないそうだが、わかりやすい場所なのでぜひ行ってみてください。

旧矢掛本陣の通りトマト銀行東です。


矢掛でお茶を飲んだ後は今日吉備真備公園でやっていた吉備公祭に行ってみた。

今日はカラオケバトルにも出演した倉敷の高校生まゆみゆのライブがあるのだ。

久々に行った公園は新緑が綺麗で広々として気持ちよかった。

まゆみゆの爽やかな歌声が辺りの山々に響き渡った。

ピーナッツからAKBまで器用に歌う彼女たちだが、途中江利チエミの「酒場にて」まで歌うので、ほんと渋いのをよく知ってるなあと感心した。

回りのお客さんたちも手拍子をしたり掛け声をかけたりして楽しそうだった。

ほんとはライブの後でも餅まきがあったのだが、帰りが混みそうなんで先においとました。

今年もカフェ三昧、色んなイベントに参加して楽しいGWだった。


「吉備真備公園」
岡山県小田郡矢掛町東三成3872-2
電話:0866-83-1265

明日の金曜日のカフェのイベントは初の「お茶席」です。

ゲストに裏千家准教授の増成和志先生をお招きします。

有福堂さんの和菓子とともにゆったりとしたひとときをお過ごしください。

お茶席の時間は11時〜15時です。

代金は増成先生のご厚意により500円になりました。

ワンコインで楽しめるお茶席です。よろしくお願いします。

また明日はもうひとつお楽しみ、府中のチロルさんの雑貨販売があります。

なんと午後3時からは古着の詰め放題も!

今週も楽しいイベント満載の金曜日のカフェにぜひお越しください。

珈琲豆・雑貨「brun」(福山市御幸町上岩成743−2)

brunの営業時間は11時から19時までです。


2016年5月4日(水)晴れ

楽しい休みはあっという間に終わる。

今年のGWも残すところあと1日、今日(正確にはすでに昨日)は広島まで電車で遊びに行ってカフェやイベントを見て回った。

それはそれですごく楽しかったのだが、今日は一日路面電車を使わず歩きに歩いたので結構足が疲れて帰りは早めに帰ろうと焦って呉線に乗ったのが運のつきで30分も余分に電車に乗ることになってしまった。

何十年も乗ってなかった呉線はほんとにのんびりしていて昼間なら海も見えてのどかでいい電車なんだろうが、夜は海もなんも見えないし、徐行運転や信号で止まったりとかいろいろあってとにかく緩すぎた。

結局、三原についたのが8時頃になってしまい、あたりはもう真っ暗だった。

まあ、こういうことは旅につきものだが、今回改めて呉に行くのは車で行こうと思った私であった。

2016年5月2日(月)晴れ

昨日に続いて絶好のドライブ日和が今日も続いた。

昨日は広島県の北から南へと走り回ったので今日は岡山県を走ろうと例によって出足は遅かったが、児島経由で宇野まで出かけた。

ドライブ用に朝TSUTAYAで借りたのが「ニューミュージックの時代」というアルバム。



陽水、バンバン、尾崎亜美と続いてかかったのが寺尾聰。

名曲ルビーの指輪を調子よくハモって今日もガンガン行こう!と遠くに見える瀬戸大橋に雄たけびを上げる。

途中、帆風というレストランには相変わらずの行列ができている。

今日はそこに寄る暇はないんで、ちらっと横目で見てすぐまた海に目を移す。

新しい季節のはじまりは〜夏の風町に吹くのさ〜♪エレカシの曲に乗ってますます絶好調である。

ボーカルの宮本さんのハスキーボイスが妙に懐かしく切なく身に沁みる。

もう二度と〜戻らない日々を俺たちは走り続ける〜♪

そうそう今を生きる私ら夫婦の人生もまさに止まらず走るのみだ。

今年の秋には亭主も退職なんでGWももう今年が最後。

来年のこの季節はさてどう過ごしていることだろう。

なにはともあれ、最後のGWに乾杯!夫婦でほんとによく遊びまくった30年だった。


2016年5月1日(日)晴れ

今週の金曜日のカフェ@brunのお知らせー

金曜日のカフェでは毎週様々なイベントを行っています。

5月6日(金)は裏千家準教授の増成和志先生によるお茶席を開催します。

気ぜわしい日常を離れてゆったりとしたひとときをお過ごしください。

希望される方には茶筅を振って頂くこともできます。

増成先生が丁寧に指導してくださいます。

代金は有福堂さん(加茂町)の和菓子つきで500円です。

予約なしでOKですのでふるってご参加ください。

なお、お茶席は11時から15時までです。よろしくお願いします。

住所:福山市御幸町上岩成743−2

TEL:090−7376−2690(山中)

brunの営業時間:11時〜19時


inserted by FC2 system