2016年3月31日(木)曇り時々晴れ

3月も終わりというのに今日も私は福山を行ったり来たり。

地元の取材もそっちのけで古着コーディネートやったり、「コットン」に知り合いのアーティストの作品見に行ったり、と忙しかった。

帰ったら今日法事に参加していた亭主が山ほど料理を持って帰ってくれていたので、夕食は汁物と酒の肴くらいで何もしなくてよくてラッキーだった。

最近は日も長くなってまるで夏休みの子供のように夕方早い時間にうちに戻らずにうろうろばかりしているので、食事の時間がどんどん遅くなってしまう。

まあ、これも夫婦二人だからわがままできるというもんだ。

私はこれから盆くらいまでが毎年活動期なもんで許してもらおう(調子いいけど)。

いよいよ春の花も一気に咲きはじめ、野山は色とりどりに染まっている。

今日も車を何度も道端に止めてスマホで写真を撮った。

明日はすでに雨の予報だし、今年もあっという間に桜は散りそうだ。


2016年3月30日(水)晴れ

今日は朝は笠岡から福山を回ってまぐろ通信を配達。

そのあとは古着屋さんを回って明日コーディネートさせていただくモニターの方のための洋服を探した。

今月はすでに4人の方にモニターになっていただき週いちペースでコーディネートを行い、皆様に変身していただいた。

その後、モニターの方々にお会いした時に私が選んだ古着を着ていただいているのを見るとすごくうれしい。

私がだいたい原色の派手な服を選ぶので、皆さんきっと普段着ていた服が地味に思えてきたのだと思う。

そして、どの顔もますますイキイキして見える。

やはり、服は内面さえも変える力を持っていると思う。

これからもどんどん多くの女性に変身していただきたい。

今日、福山を車で走っているときに坂道に差し掛かったところで桜と思えるピンクの花が見えたので、急いで車から降りて写真を撮った。

今日街を走っているときにもあちこちで桜が咲き始めているのを見たが、なにしろ街なかは車の量が多くてなかなか止まって写真を撮りにくい。

こんな風にせわしいばかりの日常の中で、現代人の多くが桜を見る暇もなく季節を見送るのだろうなあと思う。

それでも私はここ数年は特に桜を見て春をしみじみ感じる。

桜の花には冬の間に溜まった澱のようなものをふっと掬い上げてくれるような温かさがある。

そして、咲きほころぶ桜花を見ながらまた一年が始まったことを(思い)知る。

毎年妙な高揚感と倦怠感の両方を連れてくるこの季節。

それゆえか、朝なかなか起きられない。

まさに春眠暁を覚えず。

夢かうつつか迷ううち、春はゆくゆく春はゆく・・・


2016年3月29日(火)晴れ まだ肌寒い

そろそろ桜の便りも聞かれる頃になったが、朝夕はまだまだ寒い。

そういえば、一昨年あたりの春に嫁いらず観音に花見に行ったときもとにかく暗くて寒くて10分ともたずにみんな退散してジョイフルでお茶飲んで帰ったということがあった。

これまで夜桜見物というのはほとんどやったことがなかった私だが、その日以来ますます夜の花見はなしだな。と思い始めた。

そういうわけで今年も夜桜見物はないと思う。

今日はfacebookにアップされていた情報をもとに井原の香月堂さんに出かけて酒種あんぱんの取材をした。

ここは今回初めてお邪魔したのだが、井原で一番古い和菓子屋さんなんだそうで、なんと店主のSさんは4代目なんだそうだ。

今日取材させていただいたのは芳井の山成酒造さんの酒粕入り酒種あんぱん。

初めて酒粕入りのあんぱんを食べたが、ほんのりお酒の風味がしてすごく美味しかった。

若いご夫婦で店を切り盛りされており、お二人ともとても親切に応対してくださって感激した。

一個ずつ丁寧に手作りされた貴重なあんぱんなのでぜひ一度ご賞味ください。

1個120円で40個限定。金曜土曜のみ販売。


「香月堂」
岡山県井原市井原町902
TEL*0866-62-0693

2016年3月28日(月)晴れ あったかい

今日もまだ朝は少し寒かったので動きが悪くてなかなか笠岡に行けなかった。

普通なら笠岡に行くのは火曜なのだが、今週は明日取材があるので今日行くことにした。

この頃はけっこう配達する場所が増えて移動距離も半端ない。

それで今日もまた新しいまぐろ通信の読者の方が増えて郵便で新聞を送ることになった。

ほんとにありがたいことだ。

もう二度と新聞を作ることはないと思っていたが、気が付けばすでに3年も自主新聞を発行している。

まあ好き勝手に書きたいことを書いているので新聞を作ること自体は以前よりずっと力を抜いてやれている。

ちょっと前まで書けなかった私らしい毒の部分も発揮できてなかなか気に入っている。

それにしても、ますます短い文章しか書けなくなったのは困ったもんだが。

今日、笠岡駅そばで新聞を配達しているときにふと駅の入り口の派手な色が目に入って、あ〜あれ見るの忘れてた!と思って駐車場に車を止めて萬木さんのフラワーアートカーを見に行った。

いつか来たときはひまわりだらけだった駅の入り口が今度はポピーだらけだった。

例によって花とコケで覆われた車も強烈な色でいっぺんに目が覚める。

ほんまに萬木さんのような方がおられるとどんどん町が面白くなるなあと今回も思った。

しかし、調子に乗って写真を撮っていたのがいいが、自販機も花に覆われていたのにすっかり忘れてしまって入口だけで満足してうちに戻ってしまった。

今度また機会があったら行くとしよう。


2016年3月27日(日)晴れ 山はパラパラと雨

今日は天気予報では雨とのことだったが、なんとか晴れたので、駅家町のなかにわ市に出かけて仲間と会って、かくれんぼさん(加茂町)のメグ氏の美味しいお好み焼きを買ってその後R182に乗って一路庄原を目指した。

途中、三和の道の駅では神石高原マルシェをやっていたらしく大勢のお客さんで車が止められないくらいだった。

でも、私はそこではトイレ休憩だけして、すぐさま北に向かった。

今日は元帝釈小学校でやっているイベントのほうがずっと興味があるのだった。

しかし、その小学校のある庄原は遠い。

途中、お腹が空いたので、成羽川のほとりに車を止めて川の流れを見ながらお好み焼きを食べる(窓を開けたかったが今日は寒かった)。

その後も山道を走ってやっと旧帝釈小学校に着いた時にはもう午後1時を回っていたが、まだ大勢の人が掘り出し物を求めて廊下を歩き回っていた。

各教室では調理器具や勉強道具、理科の実験器具など、もう使われなくなった学校の備品が格安で販売されていた。

私は給食用のバットと皿と蒸し器を買ってやっとそこで休憩タイム。

そのうち、拡声器を持った男性が各教室を回ってコンサートがあることを告げ始めた。

せっかくここまで来たんだからと音楽室に入ってコンサートが始まるのを待った。

午後3時、音大の学生さんが元音楽室で校歌を高らかに歌い始めた。

もう誰も歌うことのなかったその歌が再び命を吹き返す。

かつて子どもたちが友と笑い、泣き、汗した山の小学校。

今日、そこに大勢の人が集った。やっぱり学校はなくなってもそこで終わりじゃない。

いつでも特別なものだ。

楽しくも切ない廃校イベント。

子どもたちの歓声が聞こえた気がしてふと胸が熱くなった。

帰りがけもう一度校舎を見上げた。


「廃校ノスタルジアin庄原」
旧帝釈小学校
(広島県庄原市東城町帝釈未渡2051番地)

2016年3月26日(土)晴れ 風冷たい

もうすぐ4月というのに今日も風は冷たく、カットソーの上にニットのベストを着て外に出たのはいいが、寒くてしょうがないから玉島の西海岸でスプリングコートを買ってしまった。

でも気が付いたら私はこれまでスプリングコートなるものを一枚も買ったことがなかったので(だいたい田舎は車で移動するからコートはいらない)、今日初めて買ったらすごくテンションが上がった。

それもコットンの黄色いロングコートでこういうパステルカラーを着ているとまるで「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴみたいじゃないの、と勘違いレイチェルは喜ぶ。

この春はメガネもブルーにしたし、もうこうなったらとことんパステルカラーで行こうと思う。

それにしても、自分の好きな洋服が見つかるとますます出かけるのが楽しくなる。

明日はこれで駅家のなかにわ市に行こうと思う。

★なかにわ市は福山市駅家町中島1031・平川邸で開催される大人気イベント。

brunのオーナーも出店予定。10:00〜15:00

今日久しぶりに出かけた足守では今月いっぱいひな祭りを開催。

静かな古い町並みを歩きながらお雛様を見つけては写真を撮るのも楽しかった。



足守散策の途中、ピッコロテラスでプロのスイーツをいただき感激して帰った。

ここは店の隅々までオーナーの女性のセンスのよさが行き届いている私の中での3つ星カフェだ。

こういういい店が一軒あるだけで町の格が上がる気がする。

私もいつかそういう店をやりたいものだ。


「ピッコロテラス」
岡山市北区足守1229
電話:086-897-6012

2016年3月25日(金)晴れ時々曇り まだ少し寒い

晴れてよかった金曜日。

今日のフリマも盛況のうちに終了し、夕暮れまで笑顔溢れるカフェとなった。

イベントを毎週やるのはエネルギーもいるが、私は多くの人と対話して元気をもらえる人間なんで、毎回生き生きと仕事をさせていただいている。

これからもどんどん自分が楽しいと思える空間作りに励みたい。

今日来てくださった皆さま、ほんとにありがとうございました。

さて、来週、4月1日の金曜日のカフェのお知らせです。

次回は革小物作家・平林陽子さんの「革遊び〜花の髪かざりのワークショップ〜」です。

バッグにつけたりスカーフどめにしたり。

とてもステキな春にぴったりの髪かざりです。

ハサミが使えたらどなたでも作れます。

出来上がりまでのお時間は30分程度です。

ひとつ800円です。

なお、ワークショップの時間は11時〜15時です。

予約なしで当日来られてもOKです。

来られた方から順次行っていただきます。

ぜひこの機会に革小物作りを楽しんでください。

よろしくお願いします。


平林陽子さんのプロフィール

坂の街尾道で床革の物作りとワークショップ(toco)を開催する人気の作家さんです。

「金曜日のカフェ@brun 」

福山市御幸町上岩成743-2

電話・090-7376-2690(レイチェル)

2016年3月24日(木)曇り時々晴れ まだまだ寒い

今日は天気がいいからあったかいのかと思って外に出たら思いのほか寒くて身震いした。

あちこちで季節の花々が咲き始めているが、本格的な春はまだもう少し先のようだ。

とはいえ、今日も私は朝から車で走り回って一日終わった。

午前中は井原駅で開催されたちいさなもくようびのマルシェに出かけてにじのはしカフェのこだわりスイーツをゲット。

見た目も豪華で、手のこんだTOFUブラウニー美味しくいただいた。


そのあとは井原駅近くのgooという雑貨屋さんにお邪魔してスタッフの皆さんとスイーツを食べて、一路福山へ。

今日は木曜日のカフェなので、brunに寄ってMちゃん手作りのロールパンサンドをいただいた。

ふと見れば、オーナーのメイメイがバカでかい額にトケイソウの絵柄のエルメススカーフを入れて店に飾っていた。

相変わらずのマニアックぶり!まことに群を抜いている。


いよいよ明日、金曜日のカフェ初のフリマ開催です。

美味しいスイーツやパン、手作り雑貨や古着・レトロ家具などがいっぱい並びます。

また今回は悠優農園さん(神辺)が原木栽培しいたけ、無農薬有機栽培のにんじん、荏胡麻油を販売!

高橋由紀さん(福山)による牛窓のオリーブオイルを使ったハンドマッサージ(300円)もあります。

なお商品は売り切れ次第終了ですので、ぜひお早目にお越しください。

★明日はカフェのほうはテーブルなしですので、全メニュー300円です。

★なお、駐車場に限りがありますので、できるだけお乗り合わせの上お越しください。

よろしくお願いします。

★出店者の方々は10時半までにお越しくださいますようお願いします。


住所:福山市御幸町上岩成743−2

営業時間:11時〜19時


2016年3月22日(火)晴れ あったかい

今日は笠岡にまぐろ通信を配達に行ったので、ちょうど今日からスタートした「昴の会展」にお邪魔した。

これは井笠地域の著名な工芸作家の方々の作品展で、その素晴らしい作品の数々に目を見張った。

その中で特に強烈だったのは茂谷郁夫さん(井原)の作品。

最初、これが日本列島だというのはわかったけど、いくつか置いてある人形はいったい何なのか。

茂谷さんにお聞きしたらこれは日本にある原発だと言われた。よく見ると関東の北あたりだけ人形から糸くずが広がっている。

ここが福島なんですよ、と茂谷さん。

あれから5年の文字と陶器の一枚一枚に刻印のように入った文字。

その時、ただの人形が命を持ち、何かを叫ぶのが聞こえた気がした。



−「昴の会展」〜27日まで。ワコーミュージアム(笠岡市)


2016年3月21日(月・祝)晴れ

今日も暖かい一日だった。

うちは亭主が祭日は全部出勤なもんで、今日はひとりで遊べるわい、と朝出かける支度をしてたら、ばあちゃんが新しい靴が買いたいというので、近くの店に買いに出かけた。

しかし、ばあちゃんの足はなにぶんにも小さいのでなかなか合う靴が見つからない。

そしたら靴屋の店主がこれは特別に仕入れたんで店頭に並べてなかったんですがどうでしょう?と奥から取り出してくれた靴が春らしくて素敵だったので、値段は少々高かったが、それを買って帰った。



ばあちゃんに聞いたらさすが高いだけあって軽くて履き心地が最高という。

やっぱり靴だけはいいものを長く履くのが正解だな、と思った。

オシャレは足元から、とはよくいったもんだ。

3月25日の金曜日のカフェ@brunは「第一回 フリーマーケット」です。

今回は7名の方が参加されます。

古着、家具、インテリア小物、手作り雑貨・アクセサリーなどが小さなカフェいっぱいに並びます。

アクセサリーではフェルト作家のMotoKAさん(福山)が出店されます。

また今回は高橋由紀さん(福山)による牛窓のオリーブオイルを使ったハンドマッサージ(300円)もあります。

盛りだくさんの内容ですので、ぜひお越しください。

なお、フリマですので、売り切れ次第終了です。

お早目にお越しください。

当日は大人気のカナディアンさん(駅家)のパンもあります。

ぜひお買い求めください。


珈琲豆・雑貨「brun」福山市御幸町上岩成743−2

TEL:090−7376−2690

営業時間:11時〜19時

2016年3月20日(日)晴れ

今日はまさにイベント日和、ということで、私も朝から晩まで笠岡、鴨方、福山を走り回った。

最後に出かけた日比野克彦トークイベント「これから日比野、これまで日比野」では昔憧れていた日比野さんに会えた。

そして、思っていた通り、日比野さんはカッコよかった〜!

狭い会場だったので、すぐ目の前で見られて興奮した。

高校1年のときにサッカーをスパッと辞めて美大を目指した話や北極でアザラシを捕って食べた話など、とにかく面白い話ばかり2時間たっぷり聞けた。

アートのルーツを求めて世界を飛び回っている日比野さんを見ながら身体を通して自分の軌跡を残す、ということの大事さを強く思った。

そして、何かを創れる人をつくづく羨ましく思えた(ほんまに日比野さんに段ボールでうちのカフェの看板作って欲しい)。

一流のアーティストというのは自由な発想を持ちながらも常に社会に目を向けている人のことだな。

今日の日比野さんの言葉「憧れは強い力になる」


2016年3月19日(土)曇りのち晴れ

世の中は3連休。

深夜、フジグランで映画を見た帰り道、明日のパンを買いに寄ったコンビニの駐車場でガラの悪そうな男の子たちがたむろっていた。

今も昔も変わらぬ風景、若い男たちは深夜意味もなく町を徘徊する。

それを横目で見ながら車に乗り込んだ私の頭の中はまだ宇宙をさまよう。

ついさっき見た「オデッセイ」マット・デイモンのように火星での過酷なサバイバルを経て、命からがら地球に帰還した思いだ。

見上げれば空には満月が少し欠けた明るい月。

若い子たちには退屈な、でもここで生きていくしかない地球。

そして、遊び人レイチェルもまたこの星で回遊を続けていく。

オデッセイとは長い冒険のこと。

人生もまた冒険なり。


2016年3月18日(金)雨

今日は一日雨・・・でも、金曜日のカフェにはたくさんの方がお越しくださって、ほんとにありがたかった。

N'Aroma(えぬあろま)の三宅先生のワークショップも大好評だった。

やはり、この時期、花粉症にお悩みの方は多いようで、皆さんクリームを作られて喜ばれていた。

それと、今日は先日行った山下さんの陶芸のワークショップ作品が焼きあがって、皆さん、すごく出来上がりが綺麗で感心した。

来週25日はフリマをやりますので、ぜひお越しください。


2016年3月17日(木)晴れ 暖かい

今週も記事ができたので、ほっとして朝は真備のポプリに行って美味しい焼きたてパンをいただいて、帰りに圀勝寺に寄って椿の咲き具合を見てきた。

誰もいない境内に足を踏み入れると椿の大木にはすでに無数のつぼみがついている。

つぼみの先には赤い色が少し見えて今にも咲きそうだ。

見ごろは4月の頭あたりらしいが、今日のような陽気が続くと開花が早まるかもしれない。

その頃また来られればいいな、と思いながら山里の寺をあとにした。


「圀勝寺(こくしょうじ)」
岡山県小田郡矢掛町東三成1344

2016年3月16日(水)晴れ

今日は朝のうちはまだ少し肌寒かったが、昼から気温も上がってだいぶ春らしい一日になった。

私は朝はまた古着屋に行って、昼からは古着をコーディネートするためにWさんという女性に会いに待ち合わせのオリビアに向かった。

普段地味な色を着られているWさんに今日は真っ赤なINGNIのブラウスを着ていただいた。

帽子もかぶっていただきぐんと大人っぽくなった。

今日も素敵に大変身されて、喜んでくださってすごく嬉しかった。

来週もまたレイチェルの古着コーディネートは続く・・・


3月18日の金曜日のカフェ@brunのお知らせです。

今回は「花粉症対策ノーズクリーム」のワークショップを開催します。

講師はN'Aroma(えぬあろま)の三宅則子さん(井原市)です。

ぜひ花粉症でお困りの方、ご参加ください。

当日来られた方から順次行っていただきます。

☆なお容器は写真と違う場合がありますのでご了承ください。

ワークショップは11時から16時まで。

料金は1個800円です。

よろしくお願いします。

なお今週は毎回大好評のカナディアンさんのパンを販売しております。

ぜひ自家焙煎珈琲とともにお楽しみください。

なお、カフェは19時まで営業しています。

よろしくお願いします。


珈琲豆・雑貨「brun」(福山市御幸町上岩成743−2)


2016年3月15日(火)晴れ

今日はまた例によって笠岡でまぐろ通信を配達して、その足で西に向かい、福山で古着屋に寄って、その隣のレストランでひとりランチをしてそのあと、オープンしたばかりのケーキとワインのお店へ向かった。

なんでもここのマスターは都でサービス主任をされていたそうで、さすが物腰も丁寧で接客のプロという感じだった。

今日は木曜日のカフェの店長のMちゃんとの女子デートだったので、ケーキを2種類頼んで分け合って食べた。

桜色のモンブランはいかにも春らしいケーキで美味しかった。

この後、また古着屋巡りをして家に帰った。

明日はまたモニターの女性のコーディネートに精を出す。


「Cake&Wine F」
福山市松浜町3-8-43
月曜定休日
駐車場は店の隣に2台あり

2016年3月14日(月)曇り

今日みたいに冬に逆戻りのような日はさすがにどこに行く気にもならず、月曜最近定番になっているTSUTAYAで読書と決め込んだ。

しかし、100円で珈琲を飲んで本読み放題なのに今日も誰も本を読んでいる人はいなかった。

まあ、下手に大勢来られても落ち着かないからちょうどいいけど。

午後からは借りていた「ガリレオ」のDVDを見ていたら取材先から電話がかかって原稿を手直しとかしていたら結局夕方までかかってドラマは全部見られなかった。

毎度のことながら自分の取材した記事が新聞に載るまでなんと時間のかかることよ。

でも、こういう面倒な作業があって出来上がった記事が掲載されるとやはりいつも嬉しい。

仕事はこうした細かい作業の積み重ねの上にしか成り立たない、ということを記者をやっているこの20年ほどは特に思い知らされた。

なぜなら、それまでの仕事はその日にほとんど終了するもので、次の日に持ち越されるということがなかったからだ。

思えば、翌日以降に持ち越されるばかりの仕事をこの20年ずっとやっている。

つまりは一日では終わらない仕事ばかりやっているということだ。

自分の書いたものが活字になって私の仕事はやっと終わる。

そこへ行くと金曜日のカフェは1日限り。

毎週完結する仕事だ。

その日のうちにすべて完了し、時には失敗もあるが、反省はあっても夜7時を回ればすっかりそういう気持ちからも開放されてしまう。

それで週末、また取材に出かける。

こういうまったく違う2つの仕事をやることはそれはそれで変化があっていいバランスと思う。

なにしろ変化のない毎日というのが昔から耐えられない。

それにこんな私でもまだまだやれることが残っていると信じたい。

2016年3月13日(日)曇り

昨夜はやることが多すぎて日記を書く前に息絶えてしまった。

だいたい朝取材に行って夕方までに原稿を書くつもりが全然集中できず(土曜日はたいていそうだ)もうこうなったら出かけてしまえ、と福山のギャラリーよしづで開催中の山下公敏さんのSELECT展(今日まで)に出かけて皆さんと楽しくおしゃべりをして、そのあと、古着屋へ行ってから鞆の津宵びなというイベントを見に行った。

夜の鞆はどこまでも幻想的だった。

空には下弦の月が浮かび、路地には行燈の灯りが揺れる。

古い土蔵に映し出される極彩色の絵はくるくる変わり、そのたびに人々を別世界へと誘う。

常夜灯とともに夜の港を照らす行燈はきり絵作家・吉田路子さんの世界。

いろはも妖しげ夜のいろ。


「鞆の津宵びな」昨日まで。

2016年3月11日(金)曇り 寒い

今日も金曜日のカフェは美味しいものを求めて集まったお客さんたちの笑顔で溢れた。

今のように出来合いのものがなんでも手に入る世の中だからこそ、人の手によって作られたあったかくて美味しいものを多くの方に味わっていただきたい。

そんな気持ちで商店街の小さなカフェはこれからも進んでいこうと思う。

今日お店に来てくださった皆さま、ほんとにありがとうございました。

この前お邪魔した井原のgooさん。

ここは以前金曜日のカフェにも出店していただいたお店だ。

井原駅の近くにある穴場な雑貨屋さんで、手作りのアクセサリーや小物などの委託販売をされている。

週3日しかオープンされてないので、曜日を確認しておでかけください。

ちなみに明日はオープンされます。


「goo」
岡山県井原市上出部(かみいずえ)町601
月木土オープン
営業時間 10:00〜17:00

2016年3月10日(木)曇り

今日は夕方福山に一号店がオープンしたふるいちに出かけた。

ふるいちといえば、岡山県では知らない人間はいないというくらい有名な店だが、備後ではたぶん初の出店じゃないかと思う。

それでかどうか、今日行ったふるいちは岡山県ではほとんど見たことのないセルフサービスの店だった。

そこで定番のぶっかけを食べた後はすぐ前にあるBOOKカフェで本を読みながら焼きプリンをいただく。

偶然手にとった三島由紀夫の「若きサムライのために」という本の中に「想像力というものは多くは不満から生まれるものである。あるいは退屈から生まれるものである。」という言葉が出てきて、毎日、好き勝手やってて、美味しいものを幸せ〜と言いながら食べてる私には到底想像力は生まれない、と思う。

しかし、どんな死に方でも、亡くなった人間の言葉というのはある種の重みを持つ、と今日も思った。


2016年3月9日(水)雨

今日は天気予報どおり一日雨だった。

実は今日は知り合いの女性と一緒に今日オープンのレストランに行くつもりだったのだが、彼女がすごく気を使ってくれて、「雨の日はレイチェルさんテンション上がらないんじゃないですか?別の日に変更OKですよ」と言ってくれたので、お言葉に甘えて今回は中止にさせてもらった。

しかし、天気のことをそこまで気にしてもらったの初めてだ。

ということで、レストランは来週以降に行くことになった。

金曜日のカフェbrunからのお知らせです。

3月18日(金)は「花粉症対策ノーズクリーム」のワークショップを開催します。

講師はN'Aroma(えぬあろま)の三宅則子さん(井原市)です。

このクリームを鼻の下や鼻柱に塗ると、鼻づまりがすっきりします。

鼻のかみすぎ、拭きすぎでヒリヒリするのも抑えられます。

また花粉症だけでなく風邪による鼻水、鼻づまりにもお使いいただけます。

ぜひ花粉症でお困りの方、ご参加ください。

予約なしでもOK です。

当日来られた方から順次行っていただきます。

☆なお容器は写真と違う場合がありますのでご了承ください。

ワークショップは11時から16時まで。

料金は1個800円です。

よろしくお願いします。

なお、カフェは19時まで営業しています。

住所:福山市御幸町上岩成743−2(駐車場は店の裏にあります)。


2016年3月8日(火)曇り

今日は火曜日。いつものように笠岡に行き、まぐろ通信を配達。

今月から笠岡のwishbase(ウイッシュベース)さんにも配ることになったので、久々に古代の丘方向へと向かう。

ポストに新聞を入れてそのまま一直線に笠岡駅方面へと向かい、あちこち配達して午後2時前に終了。

途中、笠岡商店街の本間さん宅にお邪魔してひなまつりの飾りを見せていただく。

ここは以前もお邪魔したお宅なのだが、骨董品に囲まれた部屋に何千という折り紙のお雛さまが展示されていて圧巻だ。

この雛めぐりは3月21日まで行われているのでぜひお出かけください。


2016年3月7日(月)晴れ あったかい

今日はコートもオーバーもなんもかんも脱ぎたくなる暖かさだった。

私は午前中野暮用を済ませてからうちに戻ってまぐろ通信の原稿に精を出す。

昨日も夜チャリティライブに行ったので疲れが出るかと思ったらぜんぜん大丈夫だったので結局夕方までせっせと動いた。

まあ遊んで疲れるわけないよなあ。

っていうか、仕事ならまだしも遊んで疲れるなんて言えるわけない。

それに、昨日はロックバンドのライブもあったんで拳上げてノリノリだったもんで、楽しくてすかっとしたし。

やっぱり楽しい遊びは疲れるわけないのだった。

ー金曜日のカフェ@brunからのお知らせー

3月11日は毎回大人気のグローバルフーズコーポレーションさんの出店です。今回はなんと50時間(!)煮込んだ「本格エビフライカレー」が登場します。

また、brunではすでにお馴染みの人気商品カレーパンもあります。

春も美味しいもの屋台で楽しい一日をお過ごしください。

なお、当日は売り切れ次第終了とさせていただきますので、お早めにお買い求めください。

よろしくお願いします。



場所:福山市御幸町上岩成743−2

営業時間:11時〜19時

TEL:090−7376−2690(レイチェル)

2016年3月5日(土)晴れ 春の陽気

怒涛の金曜の夜が明け、今日はまた朝から福山までチャリティライブを見に行って一日終わった。

今回復興支援のライブに行ったのは初めてだったのだが、市内各地で行われるライブはバラエティに富んでいてどこもスタッフやミュージシャンたちの熱い思いが感じられた。

特に午前中見た京劇やモンゴルの歌は素晴らしかった。

サルン・グォルロさんという女性の透き通った高音にモンゴルの広大な草原が目に浮かんだ。

その国の自然が音楽を作るんだということを思った。

素晴らしいライブだった。

なお、チャリティライブは明日も福山市内5箇所で開催予定。

詳しくはサイトで。http://ameblo.jp/kizuna-live/


2016年3月3日(木)晴れ あったかい

今日はひな祭りにぴったりの春らしい一日になった。

私も調子に乗ってまたお雛さまのブローチをつけて木曜日のカフェに出かけた。

私が金曜日に店長をやっているbrunも木曜日にM店長がオープンしてくれることになって、楽しみがひとつ増えた。

彼女はスイーツを毎週何種類も作って販売しているので、何も作れない私としてはほんとに感心する。

今日はひな祭りバージョンでまた可愛いケーキを作っていたので、お昼前だったがいただいて帰った。


「木曜日のカフェbrun」
福山市御幸町上岩成743−2
営業時間:11時〜18時


帰りに加茂町のもくれんさんに寄ったら常連さんが来られていたのでまたまた長居してお喋り。

明日のたいへんさを紛らわせるためなのかほんとに今週よく喋る。

とにもかくにもカクテルナイトが終われば春が来る(!?)。

2016年3月2日(水)晴れ

昨日はまだ肌寒かったが、今日は車に乗っていると暑くて少し窓を開けたくらいだった。

こんないい天気の日はひな祭りにでも行けばいいところだが、とにかく今週は金曜日に大イベントを控えているので、その準備がたいへんで遊ぶどころじゃない。

朝は福山にまぐろ通信を配りに行き、その足で買い物に行って備品を買い揃えた。

途中、ベクトルという古着屋に寄って春ものを少し物色したが、とにかく今は古着を買うどこじゃなくて早々にうちに帰って金曜のためのチケット作りに精を出した。

週いちのカフェでこんなにたいへんな思いをするのも初めてだ。

こうなったらめちゃくちゃ盛り上げようと思う。

今年は春から頑張るぞ。


2016年3月1日(火)曇り時々晴れ

昨日に比べたらだいぶ寒さは和らいだが、今日も一日通してそれほど気温は上がらなかった。

それでも雨が降らないのが幸いと、朝からひと月ぶりにまぐろ通信を配達して歩いた。

最後に行った坪生町のオリビアではただ今、革の作品展が行われていて、個性的なバッグや財布、アクセサリーが展示されていた。

使うほどに味が出る革作品はいいなあと思う。

お子さんがまだ小さいから危ないと、ミシンを使わないトコさんのバッグ個性的だった。

規制があるほうが面白いものが生まれることってあるかもしれない。


「トコボッコ 革のおくりもの」
場所:福山市坪生町 6−19−4
3月13日まで

inserted by FC2 system