2016年2月29日(月)曇り

いよいよ金曜日カフェの2周年記念イベントが近づいてきました。

今週の金曜日、3月4日は岡山の大人気店「AVANTY(アヴァンティー)」のオーナー・後藤勉さんをお招きして出張BARを開催します。

普段なかなか外でお酒を飲む機会がない方、美味しいカクテルが飲めるチャンスです。

後藤さんが素敵なパフォーマンスとともに大人の夜を演出してくださいます。

もしかしたら素敵な出会いもあるかも!

また今回はスペシャル企画として、ゲームで勝った方は後藤さんから素敵なプレゼントがあります。

★お楽しみ満載のカクテルナイトにぜひお越しください★

すでに何名かの方に予約をいただいておりますが、まだ予約をされていない方、迷われている方、ぜひご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「2周年だよ!全員集合〜!一夜限りのカクテルナイト★」



日時:2016年3月4日(金)16時〜21時

場所:珈琲豆・雑貨「brun」

   

(福山市御幸町上岩成743−2)

チケット代:2500円(チャージ込)

      

(お好きなカクテル3杯・軽食付)★軽食は唐揚げ・パン・チーズなどです。

★限定20名

★お酒を飲まれない方はノンアルコールカクテルもあります。

(ノンアルコールのうちの一杯は有田みかんを使ったスペシャルメニューです。)

★イベントについてのお申し込み・お問い合わせはメールかお電話でお願いします。

 メール:rachel_sting2014@yahoo.co.jp

 TEL:090−7376−2690(レイチェル)

★当日来られてもOKですが、できましたら予約をお願いします。

 

★なお、お酒を飲まれる方は公共機関を利用する、飲まれない方の車に乗り合わせて来られるなどしてお越しください。

最寄り駅は福塩線万能倉(まなぐら)駅です。

皆さまのお越しをお待ちしております。よろしくお願いします。

2016年2月28日(日)晴れ あったかい

このたびは珍しく忙しい週末だった。

朝は取材で高屋駅に行き、古い町並を歩きながらお雛さまの写真を撮るのだが、これがかなりの体力仕事で、結局昼前まで2時間歩いてやっといい写真が撮れた。

なにしろお雛さまはほとんどうちの中に飾ってあるので、外からだとうまく撮れず、かといって家の中で写真を撮れば、ひなまつりウォークというイベント名のイメージが弱くなってしまうのだった。

それゆえ、外から撮っても絵になるお宅を探して旧山陽道を東へ西へと歩き回った。

今日のひなまつりのコースは4.4キロだが、たぶん私は商店街だけでそれくらい歩いた気がする。

まあそれでもなんとか写真が撮れたんでよかったよかった。

終わってから豚汁をいただきありがたかった。

それにしてももう今日で展示が終わってしまうのはもったいないと思えた。


2016年2月27日(土)曇り

なんという忙しい週末でしょう。

いつもはのんびり家族サービス(!)をしているはずの土曜日が朝からなんとせわしいこと。

とにかく夕べも遊びすぎてのどをやられてちょっとのどの調子が悪くなって不安になったのだが、昼間女子5人で神辺に蕎麦を食べに行ってわいわいやってるうちに調子が出てきた。

そこは初めて行った穴場な蕎麦屋さんで、地元の人しか通らないだろうと思われるメイン道路から少し外れた住宅地にあった。

かなりの老舗と思ったらオープンしてまだ7年なんだそうだ。

女性が打つそばは珍しいと思ったが、いい感じでこしがあって美味しかった。


「手打ちそば華福」
福山市神辺町東中条2172−2
電話:084-967-0816

2016年2月25日(木)晴れ

今日はやっと天気がよくなったのでこの前借りたユーミンのCDを聞きながら調子よく総社までドライブ。

久々に野土花さんに寄って手作りパンとチャイをいただき、店長さんや偶然来られた知り合いのAさんとお喋り。

古民家を素敵にリノベートされている野土花さんは落ち着けるレトロモダンな空間だ。

しばし、せわしい日常を忘れて、昼過ぎにまたユーミン聞きながら家路を走った。


「野土花」
岡山県総社市八代39−14
木曜日のみオープン

2016年2月24日(水)曇り

2月ももうすぐ終わるというのにまだ春は遠く、曇り空ばかりの毎日が続いている。

私はというと、今週は知り合いの女性たちにモニターになってもらって古着のコーディネートに精を出している。

それでfacebookのほうに変身前と変身後の写真を載せたらものすごい反響があって、モニターになってくれた女性たちと一緒に喜んでいる。

私にしても、女性は洋服を変えるだけでこんなにも変わる、ということを、再発見する思いだ。

ほんとに古着1枚で普段の自分じゃない自分になれる。

なんとNちゃんの場合は1000円ほどで大変身できた。

まったく使用前使用後みたいに別人のごとくに表情が全然違って見える。

もしかしたら洋服が人生変えることだってあるかもしれない。

そういうミラクルをこれからどんどん起こしていきたい。


2016年2月23日(火)曇り

今日朝出がけに車のフロントガラスに雨粒が落ちていたんで一瞬出かけるのをやめようかと思ったのだが、天気予報を見たら曇りの予報だったので、やっぱり出かけることにした。

福山駅そばのくわみつに寄ったら猫まつりとかで会場を埋めていたのは20人もの作家さんのねこねこねこ・・・

どれも個性的で愛らしい猫作品ばかりだった。

いまや空前の猫ブームとかだから、きっとこういう企画展はウケるだろうなあ、と思いながら店をあとにした。


「第17回 猫まつり 」
開催中:3月13日(日)まで。11:00〜18:00
休み:2月29日(月)・3月2日(月)
場所:大黒ギャラリーくわみつ(福山市大黒町1−1)

2016年2月22日(月)曇り

先週親戚に不幸があってお通夜やらお葬式やらでバタバタと忙しく、やっと今日夕方すべてつとめが終わったので誘いのあった友人とお茶を飲みに出かけた。

ほんとに人の死というのはルーティンな日常に突然非日常を持ち込んでくるということをこのたびも痛感した。

この町でも日常的に人は亡くなっているが、それはあくまでも第三者の死であり、死というのは身近で起きて初めて意識の中に入ってくる。

視覚の中に死が入って来て初めて、普段、日常から死というものからいかに離れたところで生きているか、ということを思い知らされる。

真新しい木の箱の中で花に埋もれた土気色の顔を見て、あらためて生きていることが温もりと同義語だということを思う。

そして、人生の悲劇の中にはいつも喜劇の要素が含まれていることを思う。

それに喜劇というのは緊張感の中にあるということも。

静まり返った会場の中で住職が読経を行っている時、突然大きな声で何かを喋り始めたじいさまを隣りの女性が慌てて止めるという場面があって一瞬緊張が緩んだ。

厳粛な式の最中で起ったその小さなアクシデントにじいさまの周りで微かな笑いの波紋が広がった。

そういう緊張した場面ほど誰かが何かをやらかすものだ。

また、住職の読経が終わって、スタッフの女性たちが祭壇に供えられているたくさんの花の首の部分だけ思い切りよく切り取っていくのを見て、後ろに座っていたばあさまが隣りのばあさまに「花もったいないよなあ」と周りに聞こえるほどの声で話していた。

生きている人間は当然のことながら現実的だ。

そして、女たちはどんな時でも逞しい。

とはいえ、私もその女の中のひとりなのだけれど・・。

2016年2月21日(日)晴れ

皆さま、こんばんは。今週の金曜日のカフェのお知らせです。

2月26日は「若草物語」さんによる「オリジナルテディベア展示会〜やさしさに包まれて〜」です。

4人の作家さんによる素晴らしい手しごとをぜひご覧ください。

以下「若草物語」さんからのメッセージですー


「若草物語」の四人姉妹として活動を始め、早5年になりました。

一体一体心を込めて縫い作り上げたオリジナルベアです。

ドイツモヘアを使用し、目はガラスを用い、首、手足はジョイントを用い、動くように制作した本格的なテディベアです。

見ているだけで癒やされ、ほっこりし、温かな幸せな気持ちになって頂けたら幸いです。ー



なお、今週も毎回好評をいただいておりますカナディアンさんのパンの販売があります。よろしくお願いします。



珈琲豆・雑貨「brun」福山市御幸町上岩成743−2

営業時間:11時〜19時

TEL:090−7376−2690

2016年2月20日(土)一日雨

この前から見ているのがいまさらながらのドラマ「新参者」。

さすが原作が東野さんというだけあってどの回にも人間ドラマがあって思わず泣いてしまう。

リアルタイムでちゃんと見ていなかったのが不思議なくらいだ。

ドラマの舞台は「日本橋・人形町」。

新参者の刑事・加賀恭一郎がある殺人事件の容疑者を突き止めるべく、被害者の女性の人間関係を徹底的に探っていく。

そして、そのたびにそれぞれの人生のドラマを知ることになる。

人は誰も嘘をつきながら生きている、というのがこのドラマでよく出てくるフレーズだが、嘘には3つ種類があるんだそうで、その1つ目は自分を守るための嘘、2つ目は他人を欺くための嘘、3つ目は誰かを守るための嘘、なんだそうだ。

このドラマでは被害者の女性をはじめ、多くの人間が誰かを守りたい気持ちで嘘をついている。

家族や恋人、親子、友人、現代社会では希薄になりがちな人間と人間の繋がり。

しかし、このドラマでは人が人とを思いやる、ということが決して忘れられていないことを思い出させてくれる。

世の中捨てたもんじゃないと思わせる。

そして、たったひとりの人間が日常ほんとに様々な人間と関わっている、ということをあらためて知る思いがする。

人間ひとりでは生きられないということを今日もドラマを見ながらしみじみ思った。

それにしても、あの人もこの人も事件とは無関係・・・

じゃあ、いったい最後はどこまで行けば容疑者に辿りつけるのだろう。

ドラマのラストまでそれはわからないのかもしれない。

大都会東京で起った殺人事件ながらそこが日本橋だったということで、不思議な懐かしさや情緒を感じさせるドラマである。


2016年2月19日(金)晴れ 暖かい

いつものように幕が開き・・ではないが、いつものように店を開け・・ていると届いた知らせは黒い縁取りがあった。

それでとたんに重苦しい気分になっての金曜日のカフェになったが、お客様には関係ないことなので、今日も元気に頑張った。

私は仕事となったらプライベートで何があろうが関係ない、というところがある。

だいたいプライベートがそのまま仕事に出る人と言うのがあまり好きではない。

仕事はどんな時も仕事と思いたい。

仕事に関しては融通のきかない固い人間だがそういう生き方しかできないんだからしょうがない。

昨日、矢掛の「シーズ藤原家」(旧矢掛本陣通り)というカフェでで友人と食事をした時にお邪魔したのがすぐそばにある「丸季」というお香のお店だ。

ここは前に矢掛に行った時にちょっと気になっていたのだが入らずに帰ったお店だ。

それで昨日は思い切って入ってみたらすぐさまお香の強い香りが鼻をついた。

もくもくと天井に向かって上って行くお香の煙がレトロな店内と調和してとても風情がある。

よく見ると、インテリアや絵もお宝ばかり。

ガレのランプや棟方志巧の版画などが何気に(!)飾ってあるのだが、なかなか本物を見る機会のないものばかりである。

そうこうしている間にもお香の心地よい香りがからだを包んでいく。

にこやかに応対してくださる店長さんは上品で美しい方だ。

ここはご自宅だそうだが、ほんとに矢掛には由緒あるお宅が多い、と今更ながら感心する。

またひとつ矢掛にいいお店ができて楽しみが増えた。


「丸季」(旧矢掛本陣通りトマト銀行東)
不定休・基本土日オープン


2016年2月17日(水)晴れ 少し寒さ和らぐ

今日は年に一度の確定申告の用紙を完成させる日なので、朝から居間にこもって帳簿や計算機と格闘した。

昼過ぎになってやっと全部できたのでまたぼーっと「新参者」を見ていたらばあちゃんが焼き芋を買って来てくれた。

子どもの時から頑張った人にはご褒美、という彼女の流儀は今も変わらない。

昨日に続いて今日も見た「新参者」面白い。

このドラマ、リアルタイムにちゃんと見てなかったけどこんなに面白いとは知らなかった。

今日も加賀刑事の言葉に妙に納得。

加賀さんいわく、「女性というのは複雑だ。仲が悪いように見えて実は本質はまるっきり逆であることは往々にしてある。もちろん、その逆もある。」

彼のような敏腕刑事をもってしても女性の心理を見抜くのは難しいらしい。

ほんまにかくも複雑なのは女心である。

かくいう私もかなり複雑で面倒な人間と思うが、これまではなんとかかんとか生きて来られた。

(根拠がないかもだが)ふたご座はノイローゼになりやすいんだそうだ。

なんてったって繊細ですから。

まあいまのところ、私はどう見てもノイローゼになる余裕がないともいえる。


2016年2月16日(火)曇り まだまだ寒い

寒い季節は読書が進む。

昨日Qさま!!を見て「老人と海」を読もうと思って一応朝図書館に向かったのだが、よく考えたら図書館だと本を山ほど借りてしまって読めずに返すことが多いんで、やっぱり本は買って読むべしだ、と思い、TSUTAYAに向かった。

そしたら今まで買った本しか店内で読んではいけないと思っていたのが、よく見たらファミマの珈琲一杯で買わなくても本を読んでいいと書いてあるのに気づいて、そりゃいいやと思って文庫本を探すも・・これがぜんぜんない!

いつの間に撤収〜になっていたのか、昔の小説がどこを探してもなかった。

それで仕方ないからぶらぶら棚を見ていたら目についたのが、「ユーミンの罪」という本だ。

これは何かで宣伝していたのを見たことがあって興味があったんで早速読んでみることにした。

しかし「老人と海」とはえらい違いだ。


今日も寒い一日だったが、車を走らせているとそこかしこに春の花が咲いていた。

春は名のみの風の寒さや〜とはよく言ったもので、昔からこの季節、人々はいまだ冷たい風の中、春が来るのを待ち焦がれていたことだろう。


2016年2月15日(月)曇り さむーい

なんでこんなに寒いんだ。

夕方、近所のスーパーに買い物に出かけたときにあまりの寒さにもう腹が立ってきた。

三寒四温とはよく言ったもので、春先というのは毎日ころころと天気が変わるが、それにしても今年の気温の乱高下は尋常じゃない。

これじゃあ、風邪をひいてしまう、と今日も夕飯の支度をするやいなや湯船に飛び込んだ。

私は若いときは特別好きでもなんでもなかったお風呂が年を重ねるごとに好きになり、最近ではもう風呂さえ入っていれば元気、という感じになっている。

とはいえ、私はいわゆるカラスの行水というやつなのだが(それも冬場はめちゃくちゃ熱い湯に入る)、それでもお風呂に入ることはどんな時でも私を一番元気にしてくれる。

たぶん、湯船に浸かっているときは頭の中から余分な思考がすべて消えて、無になるからだろうと思う。

昔、釣りをやっていたときのような力がぬけているというか、無心な感じだ。

それで、今日みたいな寒い日も熱い湯にささっと入って鍋なんぞをつつきながらクイズ番組を見るのがすこぶる楽しい。

今日の「Qさま!!」は名作と言われる本のクイズだったので、余計興味深く見た。

いつもこういう番組を見る時は亭主と張り合うのを常としているのだが、今日は私の圧勝だった。

歴史や経済とかには疎い私も文学についてだったら少しはわかる。

私は40を過ぎてから名作と言われる本を読んだので、案外10代の頃に読んだ人たちよりも内容をよく覚えているのかもしれない。

それにしても又吉は太宰に関してはほんとに深く読んでいるもんだな、と今日感心した。

今日クイズに出た本の中で読んでなかったのが「老人と海」だったのだが、これはストーリーを聞いて興味がわいたんでいまさらながらだが、読んでみようと思った。

幸いにも青空文庫に載っていた。ありがたや。

ほんとにいい時代になったもんだ。


2016年2月14日(日)曇り

やっと雨は止んだものの、今日もあまり天気はよくならず、風も強かったんで、近場でうろうろして終わった。

ほんとは映画「オデッセイ」を見ようと思っていたのが、いつものように出足が悪く、途中でどんどんお腹がすいてきてしまったんで、今日はあえなく断念。

今日はランチだけ食べて帰ろうということになり、昨日情報を仕入れたばかりのカフェに行ってみた。

最初調べていった住所が違っていてわけのわからない山の中に入ってしまったんで、もう一度検索したらR486からほど近いところにある店だった。

今風のお洒落な内装の店内は女性客でいっぱいで頼んだランチは1000円とリーズナブルでとても美味しかった。

最近できたばかりと思っていたら去年の夏にオープンされたとか。

もっとアンテナを張り巡らせておかないといけないと思ったことである。


「たべりcafe」
広島県府中市鵜飼町584-2
TEL:0847-54-2778

2016年2月13日(土)雨

雨雨雨の土曜日。

それでも朝のうちはまだ小雨だったのが、西へ車を走らせているうちにどんどん雨脚が強くなって帰るころには土砂降りに。

facebookを見ればこの雨の中、三原の明神市に行っている知り合いの記事が投稿されている。

私も去年までは毎年のように行っていたのだが、こんな雨ではさすがに三原まで行こうという気にならない。

明神市の他にもイベントはたくさんあったのだが、とにかく雨は苦手なので今回は全部パスした。

とにかく雨ではテンションが上がらない。

午後からはおとなしくうちでDVDを見ることにした。

しかし・・せっかくの土曜日だというのに残念なことである。

今日お邪魔したお店はここ「喫茶 ふわり」さん。

福山港近くの住宅街にある穴場な喫茶店だ。

フォークソンググループで活動をしているマスターだけあって、BGMも懐かしい曲ばかり。

ランチは種類も豊富でリーズナブルとあって、今日も女性客でいっぱいだった。

雨の日はこういう店でまったりするのもいいもんだ。


「喫茶 ふわり」
福山市箕島町5700−20
定休日:月曜日・第2、4日曜日
営業時間:9時半〜17時
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kissa_fuwari/index.html

2016年2月12日(金)曇り

今日は仕事が終わってうちに帰る途中、友だちに教えてもらったbarに行こうかなとちょっと思ったのだが、おなかが空いたんでまっすぐ帰った。

今度また行くとしよう。

さて、今日の金曜日のカフェもおかげさまでたくさんの方に来ていただき楽しい語らいの空間になった。

木工房かくれんぼさんのパンケーキも大好評で皆さん次々に注文して珈琲と一緒に食べてくださった。

私もいただいたが、焼きたてのパンケーキはふわふわと弾力があってほんとに美味しかった。

メグ氏の作るものはどれも美味しいのでまたぜひ次回も来ていただきたい。


2016年2月11日(木・祝)晴れ 暖かい

今日のような暖かい日にマフラーなんぞをしていたものだから車に乗ったとたんに暑くて暑くてすぐ首からはぎとることになった。

昨日に続いて今日も春のような陽気で私もつい浮かれたのか、祭日というのに朝、銀行に行って車が一台もないし、シャッターが閉まってるからなんか機械のトラブルでもあったのか、と本気で思ってお金を下ろして外に出て初めて休みのことに気づく始末である。

しかしながらあったかくなるのはほんとに嬉しい。

それでその足で木曜日のカフェへ向い、また常連さんたちと喋って、うちに帰っていたら、知り合いの女性からメッセージが来たので、じゃあ会おうということになり、帰り道にある「十三軒茶屋」(神辺町)でパンケーキを食べながら2時間ほどまた喋った。

まことに私の喋る数は気温に比例するのである。

真冬のなんと口数の少なかったことか。

これからは日々またお喋りになっていくことだろうと思う。

今日は朝、井原駅で移動カフェをやっているにじのはしカフェさんのところに新聞を持って行った。

ここは素材にこだわった焼き菓子と自家焙煎珈琲を販売しているお店だ。

金曜日のカフェにも来ていただいたドレミちゃんと旦那様が毎週木曜日に駅前広場で出店している。

今日いただいたしおビスケットはサクサクッとした歯ざわりがとても美味しくてまたぜひ買いたい一品だった。

なお今月はイベントのためお休みされるんで来月からの予定はこちらで確認しておでかけください。

http://hajimarini.tumblr.com/


2016年2月10日(水)晴れ 暖かい

待ち焦がれた春の陽差し。

今日、真備のポプリでお茶を飲んだ帰り道で立ち寄った観照寺での静かなひととき。

境内に足を踏み入れたとたんむせ返るような梅の香りが鼻をついた。

ぐるりと見渡せば、そこにある淡いピンクや白の梅の木はどれも花を咲かせていた。

中でも臥龍梅(がりゅうばい)という有名な梅の木はその名のとおり、龍がのた打ち回っているように枝と枝が複雑な曲線を描いて絡みあっていた。

しかし、なんという静かな時間だろう。

誰もいない境内では時折、鳥の声がするだけで山を渡る風の音以外何も聞こえない。

濃い梅の香りに包まれて私はひろい境内に一人きりである。

去年からの天候不順、冬の寒さを思えば、こうしてまた花が咲いて季節が春へと確実に移り変わっていくことが不思議に思える。

自然というのはいつもこうしてどこかで帳尻を合わせながら時を刻んでいくものだと思いを強くする。

当たり前だが、季節は後戻りしない。

いつも前へ前へと進んでいくだけだ。

私も自然の一部だからおんなじように前に進めばいいと教わった気がした。

今はまだ固いつぼみもやがて開く春がやって来る。


「観照寺」
岡山県小田郡矢掛町横谷3663
(R486を東へ 玉島方面へ向かう橋を右折)

2016年2月8日(月)曇り

今日もまだ寒い一日だった。

昼からイベント作製に精を出していたので借りていたDVDはほとんど見られなかった。

何年か前の映画だが、「クライマーズ・ハイ」という映画をちょっと見たのだが(横山秀夫さんの原作だった)、よさそうだったので夜また続きを見ようと思う。



おかげさまで私が店長をやっております「金曜日のカフェ@brun」は今月28日にオープン2周年を迎えることになりました。

そこで、今回、2周年を記念して岡山の大人気店「AVANTY(アヴァンティー)」のオーナー・後藤勉さんをお招きして出張BARを開催します。

普段なかなか外でお酒を飲む機会がない方、美味しいカクテルが飲めるチャンスです。

後藤さんが素敵なパフォーマンスとともに大人の夜を演出してくださいます。

もしかしたら素敵な出会いもあるかも!

また今回はスペシャル企画として、ゲームで勝った方は後藤さんから素敵なプレゼントがあります。

★お楽しみ満載のカクテルナイトにぜひお越しください★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「2周年だよ!全員集合〜!一夜限りのカクテルナイト★」



日時:2016年3月4日(金)16時〜21時

場所:珈琲豆・雑貨「brun」

   

(福山市御幸町上岩成743−2)

チケット代:2500円(チャージ込)

      

(お好きなカクテル3杯・軽食付)

★限定20名

★お酒を飲まれない方はノンアルコールカクテルもあります。

(ノンアルコールのうちの一杯は有田みかんを使ったスペシャルメニューです。)

★イベントについてのお申し込み・お問い合わせはメールかお電話でお願いします。

 メール:rachel_sting2014@yahoo.co.jp

 TEL:090−7376−2690(レイチェル)

★当日来られてもOKですが、できましたら予約をお願いします。

 

★なお、お酒を飲まれる方は公共機関を利用する、飲まれない方の車に乗り合わせて来られるなどしてお越しください。

最寄り駅は福塩線万能倉(まなぐら)駅です。

皆さまのお越しをお待ちしております。よろしくお願いします。

2016年2月7日(日)曇り時々晴れ

今日は朝のうちはまだ陽差しもあってそれほど寒くなかったのだが、昼過ぎから風が冷たくなって福山に向かう頃にはポツリポツリと雨が降り出した。

まだまだ天気は不安定で暖かい春は遠い。

私も今月に入って動きは少しずつよくなったがやはり夕方近くになるととっととうちに戻る。

それで長い夜を楽しむために帰りにゲオで旧作5本も借りた。(今ゲオは旧作1本50円!)

うちに帰って亭主がさっそく1本見始めたが、5分もしないうちに夢の中である。

日曜はよく遊びゆっくり休む、これに限る(私は夕方からも忙しいけど)。

今日はイベントをいくつか回ったあと赤坂のことり日和というカフェにも行ってみた。

ここはガラス越しに小鳥を見ながら飲食できるお店でプラス料金を払えば小鳥と触れ合うこともできる。

何人かがfacebookにアップしているのを見て興味を持っていたのだが、なかなか行けなくて今日初めて鳥たちとのごたいめーんとなった。

ここは珍しいウガンダの無農薬コーヒーがあって、今日は時間が遅くて食べられなかったが、サンドイッチや鳥をかたどったご飯のカレーもあるようだ。


鳥好きにはたまらない店だろうと思う。


「ことり日和」
福山市瀬戸町山北401-4
(福徳永会さいきじんクリニック. すぐ隣り)
月曜休み

今週の金曜日のカフェ@brunからのお知らせー

今回は毎回大人気の木工房「かくれんぼ」さんの美味しいもの屋台がやってきます。

今回は金曜日のカフェ初のパンケーキの登場です。

フルーツもたっぷりの大人気メニューです。

一人前400円ですのでよろしくお願いします。

また今回はもうひとつ、miyokoさんの手描き染め作品の展示販売もあります。

お楽しみ満載の金曜日のカフェにぜひお越しください。

★なお、パンケーキは売り切れ次第終了となりますので、お早めにお越しくださいませ。



なお今のところ予定しているイベントをご紹介します。

2月19日(金)陶人形作家 ・山下明子さんの「お雛様」or「五月人形」のワークショップ

★合わせて陶房TAOさんの作品展示販売


2月26日(金)

女性作家4人組・若草物語さんの「オリジナルテディベア展示会


また、3月4日(金)はbrun2周年記念スペシャルとして岡山の大人気店「コミュニティー Cafe&Bar AVANTY(アヴァンティー)」のオーナーバーテンダー・後藤勉さんが出張バーテンダーとしてbrunに来てくださいます。

こちらは近々皆さまにご案内申し上げます。

よろしくお願いします。

住所:福山市御幸町上岩成743−2(Pは店の裏です)

TEL:090−7376−2690(レイチェル)

営業時間:11時〜19時

2016年2月6日(土)晴れ 寒い

昨日までは少しずつ春が近づいているかなと思っていたのに、今日はまた冬に逆戻りの寒い一日だった。

夕方、車から降りたときに風の冷たさに身震いした。

という訳で、昼間もそれほど気温が上がらない中、室内で遊べるところばかり選んで倉敷をうろうろした。

寒がりの私はこの時期外でなかなか遊ぶのは厳しいものがある。

まあそれでも冬は古着屋やカフェを回っていればやっぱり楽しい。

今日もセカンドストリートやキングファミリーのバーゲン品を見て回った。

途中、パン屋さんを検索していたらログハウスのセンスのよさそうな店を見つけたので、探しに探してやっと辿りついたら美容院になっていた。ほんとに残念だった。

とはいえ、今日はランチでいい店を見つけたので、ラッキーだった。

去年オープンしたというそのイタリアンレストランは入るなり予約されてますか?と聞かれ不安になったのだが、なんとか席に案内されたのでよかった。

オーダーしたパスタは私好みのあっさり味で美味しかった。

ランチが1000円でドリンク付きと嬉しい値段なんでレモンタルトも食べてしまった。

けっこう穴場の店と思うが、今日も次々にお客さんがやって来ていた。

皆さまほんとによくご存知でございます。


「OSTERIA E BAR OTTO(オステリア・エ・バール・オット)」
倉敷市西阿知町362-5(うさぎや 倉敷西店隣り)

2016年2月5日(金)晴れ時々曇り

今日はうまいこと天気もよくて(金曜日は晴れの確率が高い)、いちげんのお客さまもたくさん来られてチロルさんとも色々お話ができて充実したいい一日だった。

brunのように小さなカフェは常連さん以外のお客さまに来ていただくのはなかなかたいへんだが、毎週様々なイベントをやるうちに少しずついちげんのお客様が来てくださるようになった。

田舎の喫茶店やカフェにありがちな常連客しか行かない店というのからもう少し開かれた店にしていろんな方に来ていただける店というのをこれからも目指したいと思う。

どの人にとっても居心地のいい店というのが私の店作りのモットーだ。

そんな店は無理という人もいるかもしれないが、そのための努力はできると思う。

福山北部の商店街の片隅にある小さなカフェだからこそできることがある。

今日のチロルさんの手作り和雑貨やアジアン雑貨はどれも可愛かった。



私もピアスと髪飾りゲットして嬉しかった。

またぜひ金曜日のカフェに出店して欲しいと思った。


「チロル」
広島県府中市府中町740
水曜休み

2016年2月4日(木)晴れ

今日は朝はギャラリー和楽さんのところにお邪魔してお雛様に囲まれて一足先に春を満喫。

先月オープンしてから地元だけでなく新聞を見て福山からもお客さんが来られたんだそうでよかったよかった。


「ギャラリー和楽」
井原市井原町3273
毎週木曜〜土曜までオープン


明日はまた金曜日のカフェをオープンしますが、今回は久々に加茂町シフォンさんのパンも登場しますので、ぜひお買い求めください。



今回は府中のチロルさんが初出店とあってすでに多くの方に興味を持っていただいてます。

可愛い雑貨がたくさんやって来ますので皆さまぜひ見に来てください。


「金曜日のカフェ@brun」
福山市御幸町上岩成743−2
営業時間:11時〜19時

2016年2月3日(水)晴れ 少し寒さ緩む

今日は少し寒さも緩んだのでオーバーを脱いで女子友と明王台のきららカフェにランチを食べに出かけた。

一年中動き回っているように思われがちな私だが、冬は実際動きが悪くて平日は仕事以外はほとんどドライブなどしないので、きららカフェに行くのも今年は今日が初めてだった。

行った時にちょうどパンが焼きあがってたので珈琲と一緒にいただいたらすごく美味しかった。



いつものように店の写真をバシャバシャ撮らせていただいてるうちにK子さんが不思議の国のアリスならぬ鏡の国ケーコで写ってしまい、facebookに載せたらすごく喜んでくださってプロフィール写真にしてくださった。



なんにせよ、自分が撮った写真がウケるのは嬉しいのだった。

2016年2月1日(月)曇り

今日も昼間少し寒さが和らいだと思ったが、夕方近くになるとさすがに風が冷たかった。

今年になってからあちこちで風邪やインフルエンザが猛威をふるっているようで、私の知り合いも何人か高熱が出たり食欲がなくなったりと調子が悪い。

私は普段元気なだけに病気になったら対処の仕方がわからないのでたぶん大変なことになるんじゃないかと思っているのだが、ありがたいことにこの冬も風邪もひかずに毎日動けている。

元来気弱なもんで、病院に行ったら病気になりそうで、できるだけ病院には行かずにまあなんとか元気でこの年まで楽しくやってこられた。

でも若い頃ならまだしも還暦が近くなっていつまでも自然治癒力というものを過信してはいけないと時々自分で自分を戒めるのだが、まあとにかく風邪さえひかねばいいんじゃないかと思っている。

風邪は万病のもとというのはやはり当たってるんじゃなかろうか。

今月、金曜日のカフェ@brunでは陶人形作家のやましたあきこさんによるワークショップを行います。

今回は「お雛様」か「五月人形」のどちらかを製作していただきます。

どちらも温かみのある愛らしい人形です。

この機会にぜひご参加ください。


日時:2016年2月19日(金)14時〜16時

住所:福山市御幸町上岩成743−2

料金:お一人様2000円です。

申し込み・お問い合わせは090−7376−2690(レイチェル)まで。

メールでもOKです。rachel_sting2014@yahoo.co.jp

よろしくお願いします。


なお、参加された皆さんの作品は約20日間乾燥させて、素焼き(700度)で焼き、色を付けて本焼き(1230度)で丸2日間焼かれますので、お渡しできるのは約一ヶ月後になります。

お渡し場所は当店brunになりますので、よろしくお願いします。

遠方の方は当日ご相談くださればありがたいです。


inserted by FC2 system