2015年10月31日(土)晴れ

世間はハロウィンで異常な盛り上がりを見せているが、私はそれに乗り切れず、今日は近場のイベントを避けて海を渡って高松に行って来た。

児島から少々暴走気味のサンライナーに揺られてイケメンの車掌さんに見とれながらたった30分で高松に到着。

駅に降りてすぐお腹がすいてそばにあるうどん屋に入ってかけうどんを食べた(これは平凡な味だった)。

そこから商店街までぶらぶら歩いて見慣れた店を見ながら今日の目的地「瓦町FLAG」を目指した。

瓦町駅が見えるとあちこちに「ほんまたのむでっ。」ののぼりがはためいていた。


「瓦町FLAG」
高松市常磐町1丁目3番地1号


なにをどう頼まれているかわからないが、そのまま駅ビルに入って8階まで順番に見ていく途中で一番すごいなと思ったのは「ジュンク書店」という本屋さんだった。

ここはもうかなり広くて図書館みたいに棚に膨大な数の本を並べてある。

その本屋さんの上の階に図書館があったがそっちは小さくて地味だった。

他の店もいろいろ見るだけで楽しかったが、やっぱり本屋さんがこのビルの中の目玉じゃないかと思えた。

高松はこのビルみたいな商業ビルもいろいろオープンしているが、そばの商店街も活気があるのでうまいこと共存している感じがする。

備後や岡山県の商店街よりずっと店も多いし、人通りも多い。

それに路地をちょっと入れば昔ながらの商店や喫茶店がいまだにちゃんとあって地味だがちゃんと商売をしている。

そして、なによりセルフのうどん屋があちこちにあってとにかく安い。

今日はカフェがちょっと失敗だったが(老舗の看板に惑わされた)、こういうこともあるさ、と笑って100円珈琲持って電車に乗り込んだ。

やっぱり高松はいつ行っても楽しい。


2015年10月30日(金)晴れ

今日は金曜日のカフェが終わってから駅家のバーReve(ラーメン屋「陽気」2F)に行き、独身のマスターと恋愛談義(!)。

そんなこんなで次々にやってくるお客さんたちと喋っていたらあっという間に深夜になってしまったんで急いでうちに帰った(なんせ寒くなると嫌なので)。

しかしながら、今日も上機嫌になった私は帰る道すがら、私もまだまだ若いわい、とひとり喜んだ夜であった。

でも今日はミュージシャンが一人も来てなかったのでライブが聴けなかったのが残念だった。

さて、今週末もイベント目白押しだが、日曜日の芳井ふるさと祭りにムーディ勝山が来るので、ちょっと気になる私であった。


「芳井ふるさと祭り」
場所:芳井生涯学習センター
(岡山県井原市芳井町吉井4058−1)

2015年10月29日(木)晴れ

明日の金曜日のカフェのお知らせー。

今回のイベントは宮本香織さん(福山)の「癒しのハンドマッサージ」です。

料金はハンドマッサージ&スキンチェック(後日スキンケアアドバイス付き)で500円です。

また毎回大人気のシフォンさんのパンの販売もありますので、自家焙煎珈琲とともにお楽しみください。

よろしくお願いします。


2015年10月28日(水)晴れ

今日は久々にフジグランに映画を見に行ったのはいいが、朝出足が遅かったんで1回目の上映に間に合わなくて、2回目まで2時間くらい店内で時間を潰すことになった(やれやれ)。

午後1時前になってやっと館内に入ると、レディースデーとあって中は女性客ばかり。

こういう場合、おばさまがたのお喋りが気になるところだが(映画が始まってもうちでTVを見ている感じで感想を言い合うおばさまがけっこう多い)、今日は映画がスタートしたらみんな黙っていたのでよかったよかった。

「ギャラクシー街道」


しかし、この映画、うちに帰ってネットで見たらかなり酷評されてるみたいであれあれという感じだった。

でも、私は最初から(西川貴教さん演じる宇宙人が現れるやいなや)けっこうツボにハマッて一人ケラケラ笑っていた。

西暦2265年の話なのに、60年代のアメリカのTVドラマを見ているような懐かしさ。

そして始め笑わせて最後ちょっとしんみりさせるストーリーは三谷さんらしいなと思った。

それに、「ラヂオの時間」や「笑の大学」古くは「12人の優しい日本人」と、彼の映画はしばしば密室劇の要素がある。

舞台はスペース幹線道路・ルート246666、通称「ギャラクシー街道」にあるハンバーガーショップ。

そこで巻き起こる男女のドタバタ劇はSF映画というよりマンガみたいだ。

なんせ、登場するのはみんな訳わからない宇宙人ばかり。

もうこういう映画は理屈じゃない。バカバカしいから面白い。

中でもハナという宇宙人を演じた大竹しのぶさんのバカッぷりは際立っていた。

これまではあまり興味のなかった女優だけど、彼女は演技が上手いと今回初めて思った。

あと、私の好きなミラクルひかるも出てて嬉しかった(彼女も何やっても上手い)。

好き嫌いが分かれる映画かもしれないが、私は最後まで笑えた。

男は過去に生き女は未来に生きるーか(注・これは映画の中のセリフではありませぬ)。

2015年10月27日(火)晴れのち曇り

今月に入ってずっと続いていた晴天も今日の昼間でそろそろ終わりのようだ。

夕方、昨日に続いて今日も楷の木の撮影に行こうと外に出たら雨が降り出していた。

しかし、10月の終わりとはいえ、まだ今年は暖かい。

全然寒くない、とひとり何度もつぶやきながら田中苑までの道のりを歩いた。

しかし、歩くのには全然寒くなかったが、楷の木の撮影には苦労した。

まあそれでも昨日今日と何度も撮りに行ったのでなんとか1枚いいのがあった。

写真を見た支局長さんが「撮影に苦労されたと思います」と書いて送ってくださったので、ちょっと嬉しかった。

自分の仕事についてちゃんと評価してもらって優しい言葉をかけられるというのはありがたいと最近よく思う。

たとえそれがリップサービスでも褒められてやる気にならない人間はめったにいない。

豚もおだてりゃ木に登る、じゃないがレイチェルなんかおだてられればどんな仕事でもやるんじゃないか。

やはり人間にとって言葉の力は大きいものだ。


楷の木ライトアップ(田中苑)
11月6日(金)まで。18時〜21時。

2015年10月26日(月)晴れ

「金曜日のカフェ@brun」からのお知らせー

金曜日のカフェでは毎週様々なイベントを開催しています。

今回のイベントは宮本香織さん(福山)の「癒しのハンドマッサージ??」です。

乾燥気になる季節、お顔のお手入れ同様、手のお手入れいかがですか?

今回、宮本さんがリンパの流れに合わせマッサージをしてくださいます。

料金はハンドマッサージ&スキンチェック(後日スキンケアアドバイス付き)で500円です。

なお今回のイベントは予約はいりません。ご希望の方から順次マッサージを受けていただけます。よろしくお願いします。



日時:10月30日(金)11:00〜16:00(カフェは19:00まで)

場所:福山市御幸町上岩成743−2(店の裏にPあり)

TEL:090−7376−2690(レイチェル)

なお、11月のイベントの予定はー

6日:ギャラリー游(ゆう)さん(岡山市)の手作り和雑貨とプチフリマ

13日:福武末寿江さん(玉島)の誕生数秘学

20日:グローバルフーズコーポレーションさん(浅口市)のカレーパンとクロワッサンたい焼き販売

27日:アトリエMotoKAさん(福山市)のフェルトアクセサリー&毛村眞知子さん(福山市)の帯のリメイクバッグです。

あくまでも予定ですので、今後都合により変更追加の場合がありますのでよろしくお願いします。

2015年10月25日(日)晴れ 少し風冷たい

今朝はうちを出たとたん風の冷たさに身震いした。

昨日まであまりに気温が高かったので少しでも気温が下がると体は敏感に反応する。

それで、朝美星の手作り雑貨のマーケットに行くのにカットソー1枚では寒そうだったので上着を羽織って行った。

今日はふるさと祭りもあったので早めに行ったのにもう駐車場は車でいっぱいだった。

青空市場のドームに入るとたくさんの雑貨が並べられていてすでに大勢のお客さんが来られていた。


「手作り雑貨のマーケット」
美星町 星の郷青空市場ドーム


知り合いの作家さんたちに挨拶して写真を撮って大急ぎで山を下りて今度は岡山の旧内山下小学校へ向かった。

その元小学校ではハイコーチャレンジとして様々なイベントが開催されているのだが、今日は「OKAYAMA FLEA」というフリマあり、食べ物屋あり、展示会あり、の楽しいイベントが行われていた。

ここでも知りあいの游さんやTちゃんに会って、わいわいと盛り上がり、古着や雑貨がいっぱいある各教室を見て回った。

お昼はインド人らしき男性が作ったカレーとラッシーをいただいた。

岡山城の石垣のそばにある由緒ある小学校がこうして若いパワーで蘇るというのは素晴らしいことと思った。

また機会があったらぜひ来たいものだ。


「OKAYAMA FLEA」
場所:旧内山下小学校(岡山市北区丸の内一丁目2-12)

2015年10月24日(土)晴れ

今日は倉敷に出かけて芸文館の倉敷手づくり市(明日まで)に行った後は、美観地区のkobacoffeeで開催中のギャラリー游(ゆう)さんの展示会にお邪魔した。

古布を使ったバッグや小物が相変らずセンスよかった。

それと今日は初めてkobacoffeeの店長さんともお話をさせていただいてまたfacebook友だちが増えそうで嬉しいことだ。

游さんはまた来月brunに来てくださるので楽しみだ。


『游の古布あそび』
場所:kobacoffee(倉敷美観地区)
次回は11月7日(土)10時〜16時

2015年10月23日(金)晴れ

今日も金曜日のカフェはたくさんの方にお越し頂き、楽しい交流の場になった。

今日お越しくださった皆さま、ほんとにありがとうございました。

中には「レイチェルさんに会いに来ました」と言ってくださる方もおられて、嬉しいやら恐縮するやらのひと幕もあった。

最近、私の名前が(実態を離れて)一人歩きして、多くの方に快く受け入れていただいてほんとにありがたいやら恥ずかしいやらだ。

このまま皆さまの美しい誤解が続くのを心のどこかで願っている今日この頃である。

では今週も楽しい週末をお過ごしください。


2015年10月22日(木)晴れ

今週は珍しくちょっと忙しかったので、なかなか福山にも行けなかったのだが、今日やっと一日空いたので朝からオイル交換に出かけて、その足で雑貨やとかカフェの新しいところを回ったのだが、あいにくどれも休みだった。

それで、ギャラリーくわみつで木彫展をやっていたことを思い出して行ってみたら可愛い猫ちゃんがたくさんいて見ているだけで楽しかった。


「佐々木紀政 木彫展」
10月28日(水)まで。
会場: 大黒ギャラリー くわみつ(福山市大黒町1−1)

2015年10月21日(水)晴れ 暑い

今日もこの季節にしては汗ばむほどの陽気で、夏物をとっとと片付けてしまっている私は着るものに困ってしまってわんわんわわんだった。

それにしても今週はなんだかんだとやることが多くて今日も朝まぐろ通信を配った後、昼やっと一息ついてから今度は神辺のパン屋さんに行き、帰ってからまたせっせと原稿書いて夕方取材先へお届け〜。

まあそれでもなんとか今日やるべきことは終わった。

ということで、今日昼間伺った神辺のPaku・Pakuというパン屋さんがbrunのために特別メニューを作ってくださることになったので、今から楽しみだ。

皆さまぜひ自家焙煎コーヒーともに美味しいパンもお楽しみください。

今週の金曜日のカフェは23日です。よろしくお願いします。


ベーカリー「Paku・Paku」
福山市神辺町大字八尋951‐4

2015年10月20日(火)快晴

今週は日曜からずっと仕事やらなんやらが立て込んでいて、実は今日は笠岡に行く余裕がなかったのだが、明日に回せることは明日に回して(普段はこれをまずやらないが今回は致し方ない)、なんとか一日を切り抜けた。

そして、夜はハロウィンパーティ。

しかし、遊ぶための準備もまた忙しく、夕方までに色んなことを済ませるのに時間がなくて久々にぎえええ〜と言いたくなった。

まあでもいったん遊びに出たら最後、後は野となれ山となれ、というやつで、仮装した皆さまと一緒にわいわいと盛り上がって、一日の疲れなど吹き飛ぶ。

やはり、私の人生遊びがなくてはやれない。

今日はまた次のイベントに繋がりそうないい出会いがあって、これからますます金曜日のカフェが面白くなりそうだ。

人生の楽しいことの8割は夜起るー今日もレイチェルの勝手な戯言をひとり確信した私だった。

今日昼間友人に教えてもらったリサイクルショップ。

なんと古着や食器などがほとんど100円という安さだ。

なんだかミニDO商店のような感じだ。

嬉しくなってレースつきのGジャンを買って夜のパーティに着ていった。

まだまだ笠岡も奥が深い。


NPO法人「チーム・クローバーQ」
岡山県笠岡市中央町19-1
土日休み

2015年10月18日(日)快晴

今週10月23日の金曜日のカフェ@brunのお知らせです。

今回はTURURI TOWNさんのチョークアートのワークショップです。

チョークアートは外国生まれのアート。

専用の塗料を塗った板にオイルパステルで色をのせ、指先で馴染ませながら色鮮やかで立体的、きれいなグラデーションを作り出していきます。

必要なのは少ない画材とと自分の指!!誰でも手軽に楽しめるポップなアートです。

★指先が汚れます。爪の間にも入りやすいのでご注意ください。

仕上げにコーティングスプレーをいたします。

少しお時間をいただきますのでご了承ください。

★今回、予約制ではありませんので、来られた方から順次ワークショップを行っていただきます。よろしくお願いします。

ワークショップの代金は1200円でコーヒーか紅茶がつきます。

この機会にぜひポップなアートを体験してください。

brunの営業時間:11時〜19時

住所:福山市御幸町上岩成743−2(Pは店の裏です)

TEL:090−7376−2690(レイチェル)


2015年10月17日(土)快晴

昨日は金曜日のカフェが終わって友人とこの前見つけた駅家のReve(レーヴ)(福山市駅家町万能倉1245-1 2F)という穴場バーに行き遊び呆けていたので日記を書く暇がなくなってしまった。

そこはこの前初めて行ったのだが、カウンターだけの小さな店と思っていたら、昨日行ったら奥にもうひとつ部屋があることが判明した。

まだまだ駅家のバーも奥が深い、とはこのことだ。

昨日はそこでギター持ったお兄さん二人がラテン系の曲を奏でていてすごく感じよかった。

帰り道、友人と口をそろえて男子しか来ない店はナイス!と言って笑いあった。

やっぱりいくつになっても(酒なんか飲まなくても)夜の世界は楽しさに溢れている。

それで明けて今日はまた倉敷にラジオ出演のために出かけて、本番が終わってから美観地区を歩き回って屏風の写真を撮った。

途中、小腹が空くとゆらの助だんごを食べたりくらしき桃子でジュースを飲んだり、すいんきょに頭を叩かれたり、となかなか忙しい。

しかし、秋の倉敷はそこかしこで祭りがあって着物姿の女性たちが川沿いを歩いてほんとに風情たっぷりだ。

屏風祭も毎年行っているが、いつ行っても新しい発見があって飽きることがない。

薄暗いお屋敷の中に浮かび上がる屏風を見ながら倉敷のようないい町のある岡山県に生まれてよかった、と今日もしみじみ思った。


「倉敷屏風祭」
明日まで。美観地区界隈

2015年10月15日(木)晴れ

いよいよもって秋が深まってきた。

昼間はまだ暖かいが、朝夕はほんとに涼しくなって、特に夜中に本を読むのが大変になってきたので、今日は古着屋に行きどてらを買ってきた。

最近は古着屋でどてらでもなんでも売っていてとても便利だ。

今日、店に来ていた小さな女の子がまっしぐらにそのどてらのところに飛んで行き、「お父さん、これ可愛い可愛い。この色好き!」とそれに抱きつかんばかりに興奮していたのを見て、これだ、これにしようと、彼女がそこを離れるとすぐレジに持って行った。

なんといっても子どもの直感というのは確かな気がしたのだ。

まあけっこう派手な色のどてらだが、これを冬が来たら外でも着たいと思っている。

またまたおかしな格好をして!と田舎町の皆さまに白い目で見られるかも・・(笑)。

でも、そんなの関係ねえ!(古っ)なのであった。

来月、井原駅のひだまりカフェぽっぽやで大森昭子さんの手作りバッグ展あります。

ぜひお出かけください。切り絵の展示もあります。

日時:11月7日(土)8日(日)10時〜17時


2015年10月13日(火)晴れ

連休中は少々天気は不安定だったが、明けて今日は朝から爽やかな秋晴れとなった。

火曜日といえば、まぐろ通信発行の日。私は今日も朝から笠岡へ向かい、市内を配達して回った。

途中、駅前のうどん屋さんに寄ってきつねうどんを食べながら店長さんとお喋り。

この1年半、いろんな方と新しく縁を繋いできたことに今更ながら思い至る。

しかし、私も人もそれぞれの人生があり、おなじ時代に偶然居合わせたといってもずっと同じ場所に留まることはできない。

それもまた人生と思うが、久々にさよならだけが人生だ、という言葉が浮かんだことである。

誰も皆、生きていくのはたいへんだ。

今週の金曜日のカフェの追加情報です。

今回は都甲商店さんの雑貨販売を予定していますが、大人気のシフォンさんのパンも販売することにしました。

美味しいコーヒーとともに焼きたてパンをご賞味ください。よろしくお願いします。


2015年10月11日(日)曇りのち晴れ

今週の「金曜日のカフェ@brun」のお知らせー

金曜日のカフェはイベントカフェです。

毎週様々なジャンルの方々に出店していただいてお客様同士楽しく交流しています。

今週のイベントは都甲商店さん(福山)の手作り雑貨販売です。

私があるイベントで出会ってひと目ぼれして即スカウトしました。

羊毛フェルトのアクセサリーや手描きイラストのTシャツ、手さげバック 地下足袋 手編みニット帽など。

どれも素敵な作品ばかりです。

世界でひとつだけのオリジナル雑貨をぜひ見に来てください。



なお10月後半のイベントはー

★10月23日(金):チョークアートのTURURI TOWNさんのワークショップ

★10月30日(金):KAORIさんのスキンチェック+ハンドマッサージです。

よろしくお願いします。

また変更追加がありましたらその都度お知らせします。

brunの営業時間:11時〜19時。

住所:福山市御幸町上岩成743−2(Pは店の裏にあります)

2015年10月10日(土)曇り

今日は3連休の初日だと張り切っていたら、天気予報がはずれて朝からどんよりとした曇り空が一日続いた。

おかげで遊ぶテンションは下がってしまったが、新市のローカルコモンズで知り合いの大勢参加している手づくりイベントがあったんで、ちょこっと顔を出して、府中の恋しきそばにできたお好み焼の店「あわけん」でお昼ご飯を食べたあと、今度は西へ向かい、玉島の「かもくど」(火・木・土にオープン)という古着屋さんへ行った。

帰りに矢掛屋にカラオケ喫茶ができるとかいう話を聞いていたので行ってみたが、まだやってないようだった。

そんなこんなで今日も東奔西走、色んなイベントや店に行って色んな人に会って、金曜日のカフェの出店者を見つけられたのでよかった。

ほんとここ一年はイベントもスカウト中心になってきたような・・

おかげでますますイベントでの滞在時間は短くなる一方だ。

今夜NHKスペシャルでやっていた「ドナルド・キーン」はいい番組だった。

こういう教養番組を作らせるとさすがNHKは素晴らしい。

今更ながらドナルドキーンという人がいなかったら戦後、ここまでの数の日本文学が世界に知られることはなかったんじゃないかと思った。

彼はノーベル文学賞の選考のために誰がふさわしいかと意見を求められたときに1番に谷崎潤一郎、2番目に川端康成、そして3番目に三島由紀夫を上げていた。

結局、ノーベル賞をもらう前に谷崎が亡くなり、川端康成が受賞した。

谷崎潤一郎が月刊誌に連載していた「細雪」が「内容が戦時にそぐわない」として掲載を止められてもなお、疎開先で空襲も恐れず続きを執筆し続けた、というくだりに感動した。

戦時中だからこそ、その時代の大きな渦に巻き込まれることなく、おのれの道を貫いた姿に作家の本髄を見る思いがした。

しかし・・私はその小説を読んでいない。

と思って青空文庫を調べたらまだ作業中でその小説は載ってなかった、残念。


「細雪」(ささめゆき)」〜谷崎潤一郎〜

2015年10月9日(金)晴れ

今日は仕事中に群馬の娘からメールが入って、「お母さんの書いた70代のおばあさんの話に泣けたわ」と言うので、ちょっと嬉しくなった。

遠く離れていてもちゃんと私の書くものを見ていてくれるんだなと思ったら少しじんときたのだった。

だいたい身内というのは褒めあうということが難しいものだが、この年になって娘から褒められるのはやっぱり気分がいい。

娘からは私の文章をめったに褒められたことがないので、なおさらだった。

彼女も結婚して夫婦の機微がわかるようになったのかもしれない。

やっぱり結婚しないとわからないことがあるもんだな、と今回も思った。

さあて、明日から亭主は珍しく三連休、今回はどこに行きますかね。

皆さまも素敵なお休みをお過ごしくださいませ。


2015年10月8日(木)快晴

今日は昼から福山の加茂町のデイサービスで映画音楽のコンサートがあるというのでちょっと覗いてみた。

そこは国内初の音楽専門のデイサービスらしく、職員の方々の素晴らしい演奏を聞かせていただいた。

私の大好きな「サウンドオブミュージック」の「ドレミの歌」や「オズの魔法使い」の「Over the rainbow」など、映画音楽ばかり聞けてすごく楽しかった。

お年寄りたちも皆さん心から音楽を楽しんでおられたようで、あらためて音楽の持つ力に触れた気がした。

知り合いのミュージシャンの斎藤泉さんもピアノの弾き語りだけでなくアコーディオンまで演奏されていてほんとに才能溢れる方と思った。

遅れて行ったんで前で見ることができずライブの写真は撮れなかったが、しっかり演奏が聞けたんでよかった。

泉さんの赤い帽子も可愛かった。

明日、明後日と今日とおなじように午後1時半から一時間余り演奏されるのでぜひお時間のある方は聞いていただきたい。


「映画名曲コンサート」
場所:デイサービスセンター・ムジカアートスクエア
(福山市加茂町上加茂558−1)

そういうことで昼間懐かしい映画音楽を聞いたせいか、昔の歌がたまらなく聞きたくなって、うちに帰る途中TSUTAYAに寄ってなんとピーナッツを借りてしまった。

TSUTAYAにあったピーナッツのCDは1枚だけ。でもあったんでよかった。

私がその中でも一番聞きたかったのは「可愛い花」という歌だ。

どういうわけかそのラテン系の哀愁をおびたメロディが帰る間ずっと頭の中を回っていたのだった。

今回その曲について初めて調べたらなんとそれはピーナッツのデビュー曲だった。

なんとジャズ界の黒人のクラリネット奏者がフランスで作った曲らしい。

もともとはシャンソン歌手が歌っていたというのもオドロキだ。

フランス語で聞くとまたぜんぜん雰囲気が違って聞こえる。

しかし、今更ながらほんとにピーナッツは歌が上手かったなあと思う。

昔は大人の観賞に堪えうる曲がちゃんとあったよなあ。

このサイトでいろんな「可愛い花」が楽しめる。

http://ameblo.jp/popfreak/entry-11699887586.html

2015年10月7日(水)快晴

今日は昼からちょっと古着屋に行ってみたのだが、最近フリマであまりに安い古着ばっかり買っているので(2枚で100円とか)、古着屋の服が高く感じられて結局何も買わずに店を出た。

やっぱりフリマに行き始めると古着屋でももう買えなくなるなあ。

今日出会った70代の女性は50年連れ添った旦那様と死別して寂しくてしかたないと話していた。

特に夜ひとりで眠るのが辛いらしく「恥ずかしい話じゃけど布団をぐるぐる巻きにして主人と思って抱いて寝るんよ」と小さく笑っていた。

いつもお墓に行くと墓石をさすってどうぞ守ってください、とお願いするんよ、そんなことしても何にもならんとはわかっているんじゃけど・・と今度は少し自嘲ぎみに話した。

その話を聞きながら、私は老いてやせ細った彼女の手が冷たい墓石を何度もさする姿を思って涙が出た。

うちのばあちゃんも墓参りに行くとよく墓石に水をかけながら、どうぞ元気で働けますように、守ってください、と父に話しかけている。

彼女は普段別に信心深いわけではないが、今でも父の魂はそばにいると信じているように見える。

時には生きている人間より亡くなった人間のほうが生きる力をくれることがある。

実際、不肖の息子ならぬ不肖の娘のわたしよりずっと亡くなった父のほうがばあちゃんを支えているようだ。

それにしても、今日のばあさまの話を聞いて、ほかの季節はそこまで感傷的にならないと思うが、この季節はすぐ泣かされる。

やっぱり秋だなあ、と思う。


2015年10月5日(月)曇りのち晴れ

今日は昼から美星に行って今月開催されるイベントを取材して帰ってからおやつ食べ食べ原稿書きに励んだ。

井原市内の作家さんたちの手作りイベントで今回が3回目。

私も都合がついたらお邪魔しようと思う。



さて、今週の金曜日のカフェのお知らせです。

今回(10月9日)は前回大好評だったかくれんぼさん(加茂町)のお好み焼の販売です。

アツアツで美味しいお好み焼をぜひご賞味ください。

もちろんお持ち帰りもOKです。よろしくお願いします。

なお、お好み焼は売り切れ次第終了となりますので、お早めにお越しください。



住所・福山市御幸町上岩成743-2

営業時間・11時〜19時

2015年10月4日(日)秋晴れ

今日も天気がよすぎてイベントで歩きまわってたら帰るころにはへろへろになった。

今日も別に予定はなかったのだが、朝facebookを見ていたらくらしきFMのOさんが児島のイベントに出演しておられたんで、行ってみようということになりすぐさま東へ。

私はもう何回も児島に行っているが、そこ(クルクルセンター)は全然知らない場所だった。

思ったより駐車場から歩かされたが、海のすぐそばの会場にはフリーマーケットみたいにたくさんの古着やおもちゃ、日用品が並べられていた。

それも激安だったんで(ほとんど100円以下)、喜んで古着を何枚か買った(あんまり買うと駐車場まで歩くの大変だからやめにした)。


「リサイクルフェアinくらしき2015」
場所:クルクルセンター(倉敷市リサイクル推進センター)
倉敷市児島小川町3697-4


歩き回っていたらお腹が空いたんで、屋台のカレーライスを食べて、その後はおやつを買ったのだが、初めて食べた揚げアイスがすごく美味しかった。



今日も最高の行楽日和だったので車の窓を全開にしてドライブして楽しかった。

それにしても、うちに帰ったらやること満載でたいへんだった。

遊び呆けてるとこういうことになる。

2015年10月3日(土)晴れ

今日も昨日に続いて素晴らしくいい天気だった。

福山のローズコム前の公園では今日から「ふくやま手しごと自慢市」(日曜まで)が始まったので、朝のうちはそっちに顔を出して、知り合いの作家さんたちに挨拶して回った。

何年か前に自慢市に来たときよりだいぶ出店者の数も増えて賑やかになったようだった。

そこで何か食べようと思ったのだが、並ばないと食べられないブースばかりだったので、どっかに行こうということになり、西に向けて車を走らせていたら知らない間に尾道まで行ってしまったので、久々に鶏そばを食べて帰った。


「鶏そば本店」
尾道市西則末町7-18

夕方は早めに地元に帰ってTSUTAYAでやっていた愛津咲(あづさ)ちゃんのインストアライブを見て帰った。

懐かしい「いとしのエリー」や「I LOVE YOU」をしっとりと歌ってくれてすごくよかった。



それとTSUTAYAに行ったついでにこの前借りていたのに見る時間がなくて返してしまったDVDをまた借りたので、夜、やっと見ることができた。

しかし、見始めてすぐにこれを映画館に見に行かなかったことを後悔した。

猛烈なしごきに堪えて高みを目指していく若きドラマーの苦悩と挫折、闘いをライブ感たっぷりに描いている(なんせ主役のマイルズ・テラーが自ら演奏している)。

マイルズ・テラーはこの映画のために週3回、4時間ずつ猛練習したそうだが、元々かなり才能があるのだろう、その半ば狂気ともいえる演奏は圧巻だ。

彼は映画の中で手を血まみれにして練習しているが、あれは実際出血したものなんだそうだ。

まさに命がけのセッション、ほんとに見ごたえがあった。

ああそれにしても映画館に行って見ればよかった。

今夜ほどうちもホームシアターやりたいと思ったことはない。


「セッション」

2015年10月2日(金)晴れ

今日は仕事を終えてからエーガルに「アントマン」を見に行ったのだが、最初冗談と思ったが吹き替えしかなくてしかたなくそれを見た。

聞くところによると、最近、エーガルでは洋画は吹き替えばかりらしい。

字幕の苦手な若い人たちに合わせているんだろうが、この先洋画が吹き替えばかりになったら私なんかは映画館に行く回数は減るだろうと思われる。

やっぱり字幕で見ないと言葉の抑揚や言い回しがわからないから微妙な感情が伝わってこない。

今日のようなアクションが主体の映画だと吹き替えでも楽しめるが、シリアスな映画はそのよさが伝わりにくいと思う。

これも時代の流れとはいえ、困ったもんだ。


「アントマン」

inserted by FC2 system